滞空時間が長いことが気掛かりになる

相場が、ある水準近辺で、横這い推移を長く続けることを、個人的には、「滞空時間が長い」と呼んでいます。

たとえば、高値圏で「滞空時間が長く」なる場合を例にしてお話しますと、まず、ショートカバー(買い戻し)によって一定の水準まで値が上がったとします。


しかし、その時点では、単にショートカバーによって上げてきたのに過ぎませんので、マーケットポジションは、ロングにもショートにも偏っていないため、高止まりしてしまいます。


しかし、緩むことなく高値圏にいる時間が長くなってくると、徐々に、相場が下がらないということは、さらに相場は上昇するのではないかという見方が強まり、買い先行で相場に入ろうとするマーケット参加者が増えます。


買い先行で入って、高値圏を上抜いてさらに上昇するのであれば、買いで良いのですが、買っても高値圏での横這い状態が変わらず継続するようであれば、「滞空時間が長いことが気掛かりになる」ということになります。


「滞空時間が長い」状態で、実際何が起きているかと申しますと、ロングポジションが静かに増えていっていることを意味しています。


言い換えれば、持ち値の悪いロングが増えることによって、下落リスクが高まっていることを示しています。


つまり、上がりきれずにあまりに長い期間、高値圏を維持していると、下げやすくなるということです。


こうした一見下が堅そうでいながら、上がりきれないけれども下げ渋るようなぐずぐずした状況の時は、むしろ上値を下げ始めたら売り先行で攻めるのも、一考だと思います。