2017年09月20日

今日は雲

仕事終了ひまにて。

曇り空だから、あそこの場所は、観察しやすい。
しまった。道具は、航路のために車から下ろしてしまった。
今日もきっと 平日にもかかわらず、車が来ているでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
例年の今頃 何? やってんだか過去を見返している。
そういう意味では、楽しい。


aoji at 14:49|Permalink

2017年09月19日

エリマキシギ

DSC_9349










今日も暇にて、ほんの小一時間で終わった。
母島で痛い目にあったエリマキ(ほんの内輪話)を見る。
やはり、毎年、何処かで見ることができる。
干潟ではオオソリがいた。汐が満ちてくれば、他にも探せたが、仕事です。

一色の標本箱は日替わりです。


DSC_9368










DSC_9381








-----------------------------------------------------------

JPG-900











補正ありあり

まぁ。カメラ屋さんには、かなわない。

----------------------------------------------------






aoji at 20:48|Permalink

2017年09月18日

思い出に残る

JPG-1200












画像が少々大きいが・・・

先回のベストシーンだ。
この先、何年も見返すショットになった。
今月、来月と早割りはしてある。コノ鳥を見るための予約だったが、もう完了している。と言うか、名古屋航路で見られるとは、ぜんぜん期待していない。
---------------------------------------------------
台風がらみで、置き土産はないかと、またまた一色をサラーと1.5H流す。
珍ガモはいなかった。代わりに久々にコウノトリを見た。
DSC_9209











思えば、’78年の尾張小牧だったか春日井だったか忘れたくらい昔だ。’94年に与那国でも見たから三回目だった。

あとはクロハラとサルハマとオグロシギが入っていた。
DSC_9105










DSC_9140










DSC_9037

aoji at 19:31|Permalink

2017年09月15日

2017.9.8-9.13 硫黄島クルーズ

今回の航路は当たりだった。
鳥影は薄いが、目的の種類はだいたいでた。
連日の早起きが続いて、この一週間寝不足だ。やっと今日ゆっくりできそうだ。

JPG-330


トラウマだったヒメクロアジサシは順光で近く、直前のクロアジサシとの違いははっきりしていた。尾羽の色もわかった。

JPG-330

JPG-330


昨年、ピントを外したオオシロハラミズナギドリも何とか、上、下面撮れていた。

JPG-330

JPG-330


出ないだろうと思いつつ、期待したカワリシロハラミズナギドリ。
すれ違いだから、気付いた時は正面で、ほんの数秒でサヨナラだった。5秒?

しかし、北硫黄のシラオは近かったのに、ピント外す大失敗。悔いを残す結果になった。

また、来年行くハメになりそう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【追記】9/16  1:09深夜なう
観察記録は残さねば。(思い出す)

ウミネコ、カワウ、アジサシ東京湾、ヒメクロ、クロ、シロ、セグロ、オオミズナギドリ、オナガ、セグロ(かなり薄くて目の上白、体形はオガヒメではない)シロハラ、カワリ、アナドリ、クビワオオシロハラ、ハジロ(小笠原に入ってから)、シラオ、アカオ、カツオドリ、アカアシ、トウゾクはいたらしい、アカエリヒレ、

・母島航路でシロ、ヒメクロアジサシが出たのは意外。
結局、ヒメクロアジサシは5個体でクロアジサシの対比5:9位。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おが丸感想

上下に二段になったのは〇、ただし上は真ん中で終わり。オレ的には、乗り慣れたフェリーの高さと同じ上段の方が見やすかった。

某A社の団体さんは、
削除

それに比べて、大昔のオレ見たいな学生・若い連中はしっかりと見ていた。




aoji at 05:49|Permalink航路 

2017年09月07日

探し物

昨夜  5ヶ月ぶりの航路の準備をした。
久々なので、道具やら服装が見当たらない。

困った。

何か忘れ物をしそうで怖い。
海パンとか水中メガネはあったけど。(泳ぐよ)

航路定番シャツが明暗をわける。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月の早割をどうしようか。
ノゴマやってる方が正解かな。

aoji at 11:36|Permalink

2017年09月06日

よく成長してきた

IMG_20170903_154020[1]

日曜 渥美帰りに4区を見た。

これなら、ノゴマはできそうだ。オオジュリンには貧弱だ。
地面は工事で平らになったので、水溜まりは消滅した。
クイナの時期になるのに残念である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天気予報では小笠原付近は雨模様。八丈島の雨は毎度の事。
せめて、硫黄島だけでも晴れてくれ。

seabirds manのmeetingだから雨模様でも、いろいろな話しで盛り上がるだろう。

aoji at 13:39|Permalink

2017年09月05日

日替わり  

今日、曇り予想だったので機材持参で出社する。
しかし、曇ってきたのは帰るちょっと前の14:00まわってからだった。

シマアジに続いて、個人的には4年ぶりのオジロトウネンを確認する。
最近、ぜんぜん縁が無かった鳥だ。
JPG-900











淡水系のシギチが今年は当り年なのか、今日はヒバリ4、ウズラ2、コアオ2、オジロ1、アカアシ1、でハジロコチドリもいた。キリアイ3-4羽。ヨーロッパは探せなかった。

今年の一色は当りだ。

DSC_8890











DSC_8824











DSC_8707











一瞬 ん?と感じたが、単独且つ、池で見ると戸惑った。しかも、中間羽だから。ついでに嘴も長めに見える。


aoji at 20:24|Permalink

2017年09月04日

もうひとつ失敗

最近、早く終わってしまうので手持ちぶさた状態。
げんざい、薄曇りで鳥見に適。

道具持ってこればよかった。反省しきり。
あした、どうしようか思案中。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
DSC_8435

単独で見ると、小さいと感じるけど、並ぶと大差ない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ボチボチ、硫黄島の準備。電子レンジが備わったとの事。幸い。




aoji at 14:26|Permalink

痛恨のミス

DSC_8448

昨日、所用が午前中に終わったので、定番コースを特急で廻ってきた。
潮は、まだ大丈夫だろうと何時ものミニストップでハイライトタイムが失敗だった。
紙田川に着くと、干潟は僅かだった。間に合う瞬間に、飛ぶ。
例の鉄柵に一部が休憩する。中にコオバの中間羽がいたので収める。他の個体の足のチェックをする。

このハマシギ 足に何か着いて??泥??

十分、時間はあったのに撮影しなかった。
その後、いつもの遠い場所へ。

プロミナーで見ると黄色フラッグと色がわからないフラッグが脛に!

せっかく、ナンバーまで読めそうな距離だったのに。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
福江は満潮でダメだった。

池でアカアシシギとキリアイ。
DSC_8554


DSC_8525


オオアジは馬草1、福江12、アジサシ1
JPG-900






aoji at 10:32|Permalink

2017年09月03日

アジサシ

DSC_8268










昨日も明けに、サラーと廻ってきた。

ここらでは少ないアジサシがいた。
伊勢湾とか知多の先に行けば見れるのだが、三河では東の方にはなかなか出てくれない。
---------------------------------------------
今頃外海は、ヒレアシが旬なんだが、今日は行けない。


DSC_8294










DSC_8345










DSC_8413


aoji at 06:36|Permalink
Archives
Profile