2008年03月

2008年03月28日

現場にて

仕事をきっちとこなすと言うことを以前よりもより意識するようになった気がします。

昨日弊社「51%のイエ」の家具取り付けでのこと、 家具屋さんの金物納期確認ミスにより引渡し後にしか付かない金物が発生してしまいました。お施主様には大変ご迷惑をかけてしまいます。 その際家具屋さんに非常に緊迫感がないことを感じました。

仕事をする上で 消費者と供給者は 勿論対等なのですが お金を頂戴して仕事ををしているということは 絶対に忘れてはいけないと私も思います。 それは我々元請業者とお施主様だけではなく 元請と下請にも同じくいえることです。 しかし現実には職人世界は少し反省意識が足りないようにも思うのです。

誇りと腕に自身があって 「やってやる!!」というのは理解できますが それはあくまでも 良い技術とそれに対する報酬がお互い円滑に行ってのこと。 

今回の金物に関しては 見積り段階からソレガシがカタログにて選択し 製作図をひき 再三工場や電話でやり取りしていたにもかかわらずおきてしまいました。 家具を作ることは簡単そうに見えて難しいのです。 それは単純に製作してある家具を購入するのとは違い 作り付けのオリジナル家具というものは 其のお家やお施主さんにあった家具だから。 製作図を引き使用する金物の収まりや現場での搬入可能な大きさに分離する上での加工段取り。 現場での実際の収まりなど 製作図を引くことは簡単ではないのです。

今回は家具屋さんでしたが 下請業者さんの意識の改革は間違いなく必要である。 この辺の課題もじっくり今後取り組んでいかなければ・・・っと感じています。



aokazu0319 at 11:09コメント(0) この記事をクリップ!

2008年03月27日

感謝祭

昨日休みをもらえたので 家族三人名駅に繰り出し感謝祭の買出しに行ってきました。

うちの倫太朗は 電車デビューです。

彼はめっちゃ 電車が好きなようで おじいちゃん・おばあちゃんに おんぶしてもらい会社の近くの線路によく電車を見に行ってます。 そんな彼が電車デビューなのですから彼にとっては相当な経験(笑)

 

本当に久しぶり。子供が出来てから 中心部に出かけることが極端に減っていたので 郊外専門の精神に変換されていた自分に少し凹みましたが やはり お店に出かけて おしゃれな空間や物に触れることは センスを鍛えるという面では重要です。

倫 電車でびゅー1倫 電車でびゅー2

 

 

 

 

 

ミッドランドスクエアにも一年たってようやく入りました(笑)

 

平日なので空いています。

平日の休みは最高です。

癖になりそう。

 

ミッドランドスクエアに言った目的は イデアフレイムス!!

 

感謝祭のビンゴの景品の下見です。

 

貰ってうれしいものを選択したいですからね。

安くても・・・・[泣]

 

結局 ビンゴの番号をガラガラ・・・っと廻すやつだけ買ってきました(笑)

次回の休日にめぼしいものを纏めて 買いに行くつもり。

 

 感謝祭・・・・先日の月曜日に社内で会議をしました。 ようやく全体の進行と準備・段取りについて「ボヤっっと」頭でイメージできて来ました。 非常に楽しみです。 どんな感じになるのかなぁ〜。

 



aokazu0319 at 11:03コメント(0)家造り この記事をクリップ!

2008年03月25日

会社のことや自分の方向性を相談できる相手と言うのは 

本当に限られます。 

私は妻とFWの二人の友人です。

今日其の方の一人と方向性の話をする機会がありました。

 

話しながら自分は どの様な自分になっていきたいのか??

少し解って来たようなきがしたのです。

 

年間に何十棟もやるとか・・・工事高を何億にするとか・・

そうゆう目標ではないな・・・・っと、つまり会社を大きくするとか

そういうことではないな・・っと 確信したわけです。

 

こうやって書くと経営者として、ビジネス的に失格なのかも知れないけれど 自分で設計して 勿論全ての住宅がかわいいんですが 心の中であくなき向上心とお客様の反応から得られる自分自身の満足度を向上させる。 つまり自己満足との戦いと言ってしまえば かなり嫌な表現ですが 「もっと・・・きっと良いのが出来るし、もっと経験したり知識を得たり 色んな物を感じ見たり すれば違った表現が出来る・・・」というものとか・・・ こうやって図面を表記したり構造的に計算したりすれば架構の表現も豊かになるかも・・とか、そういう・・う〜ん。。。

なんて言うのでしょうか・・・。

器がちっちぇ〜ということなのかもしれへん。

 

けど・・・「青山圭成」という個を生かしてやりたい・・っと切に思うわけです。。。

 



aokazu0319 at 20:15コメント(2)建築家 この記事をクリップ!

2008年03月24日

雨にも負けず  風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ丈夫な体を持ち
慾はなく 決して瞋らず   いつも静かに笑っている
一日に玄米四合と   味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを  自分を勘定に入れずに
よく見聞きし分かり   そして忘れず
野原の松の林の蔭の   小さな萱ぶきの小屋にいて
東に病気の子供あれば   行って看病してやり
西に疲れた母あれば     行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば  行って怖がらなくてもいゝと言い
北に喧嘩や訴訟があれば   つまらないから止めろと言い
一人のときは涙を流し     寒さの夏はオロオロ歩き
みんなにデクノ坊と呼ばれ    褒められもせず
苦にもされず   そういう者に    私はなりたい

国語の授業の時には全くなにも感じなかった。  

先日 本を読んでいると宮沢賢治とは全く関係ない本だが この詩が掲載されていた。

本来人間の生きる姿は こうゆう姿になるためなんだなぁ〜なんて 思ったりもする。

 

う〜〜ん。。仕事のしすぎか???



2008年03月21日

31

先日  19日 ソレガシは31歳になりました。

お昼ごろまで一緒に仕事をしている両親は気がついてない様子で あてつけ半分感謝半分で「産んでくれてありがとう」と昼飯喰らう前に両親に伝えました。

彼らは 「(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? 誕生日???!! あ!!−−−−そうか!!!」

って気がついたようでした(笑)

 

息子 倫太朗は、

「パパ誕生日なんだよ〜」って言うと・・・

「はははっっ・・・」って意味なく笑いながら 持っていた硬い玩具で頭を叩いてくれました。

 

妻は誕生日も近いこともあり 流石にいち早く コメントくれました。 

やはり これからの生涯一緒に生きていくだけあって 覚えてくれてます(笑)

 

そんな中 以前話をした 照明デザイナーとシフォンケーキを扱っている 大学時代の友人から シフォンケーキイチゴ味が届きました。 相変わらずシットリです。美味しい!!

あれから皆さん 注文してみましたでしょうか? 

注文するべきです。

 

もう一度宣伝しときますitigohttp://www18.ocn.ne.jp/%7Eshiffon/



略歴
コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)