2008年10月

2008年10月31日

和室

「L・gateさくらやま」の和室のことは先日のブログで書きました。

今回のおうちで和室に対しての考え方を学べたような気がします。

asi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お客様の希望 「葦」の和室天井。 先日の官材での横格子欄間の製作途中。

jibukuro

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

toko

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ケヤキ貼りの地袋天板と床框・床板です。

 蝋びきしあげ!!

 色がくすんできたら ドライヤーで熱して磨くとぴかぴかになります。

 あとは真っ白な壁でシンプルを演出して完成です。 楽しみだ。

 



2008年10月29日

内 naru 力

内にある力は 念力とも潜在力とも心とも言うか?

自分自身が作り出す感情や思いが全ての世界を作り出す。

 

 

ココロ。   彼はとっても難しい。   

他人から見て苦しいような現実でも、

当人のココロで明かりが灯っているなら

それは苦しみではない。

着の身着のまま 浄土である。 

スピリチュアル 及び 宗教全般 そういうことか?

 

 

 

他人に優しく接し 他人を思うことは 自分のココロが満たされていないとできない。

家作りも同じく。物を作り出すことは全て。 そのときの感情がモノに移る。

愚痴や悪感が存在するココロを消滅させれることが出来

清浄なる力(ココロ)をモノに変えることが プロなのかも知れない。

 

 

 

生活の中で 素敵なものを 見つけていく。

緑色 稲穂 香り 気温 花 笑顔 

そうやってココロを綺麗に・・。

 

 

昨日 ソレガシの好きな造園家 リビングデザイン本田氏との話。

「自分がしたいこと と 社会が求めること が 一致する事を模索する」

という彼の言葉に影はなく クリエイターとしての心意気と清浄心 を見た。

 

ソレガシも常にココロは清浄にして内なる力をモノにかえよ!

 

 

 

 



2008年10月28日

外観と間取り

外観を頭で思い描きながら 間取りを機能的にまとめることがプロとしての生命線だと思っている。

空間把握が一般の方よりも勿論長けていることが最低条件。

昨夜もお客さんと設計打合せがありましたが 機能とデザインのバランスと言うものは 皆さん非常に悩まれております・・・。 私個人の意見を正直に述べさせていただきますと 「デザイン重視にしても きっと住み始めたら 其処は気になりませんよ・・・」という言葉になってしまいますが お客様にとって見れば一生一度の大イベントでありますから、それは必死なわけです。

 

「ここは!!!」っと思うポイントは絶対に逃してはいけません。

 

デザインを重視するポイントは 「他人様から見えやすいところ」此れは住む人のセンスを世間に露呈するわけですので 重要なポイントであります。 見えにくいところは機能重視で全く問題ありません。 インテリアもそうです。玄関・リビングは力を注ぐところです。 機能美と言う考え方もありますが 限界があるために ポイントを絞ることをお勧めします。

 

 



aokazu0319 at 11:27コメント(0)家造り この記事をクリップ!

2008年10月27日

新調

スーツを購入した。 普段は現場にも頻繁に行かなければならないので 緑虫スーツこと作業着を着ているのだが 営業・お客様とお会いするときに 余りにもみすぼらしいテレテレのスーツでは お家も作っていただけないと思うので 購入した。

若き日にお洒落に気を使い お金も使った自分を忘れてはいけない。

髪の毛も美容院で坊主にする。贅沢な話だ・・・。

 

坊主に金を使うとは!!・・・といわれそうだが 坊主であって坊主でない。

頭部の上部が少し長く バリカン仕上げでなく はさみで仕上げているため 

割とおしゃれ坊主である(笑)

 

美容院に行く必要があるのか?と問われれば 無い・・・と答えるしかないが

散髪屋に行かず美容院に行くことで 自分の中のお洒落を保ちたい気分自体を

保っている気がする。

 

センスは建築だけでなく服装も髪型も 全てに気を回したいものである。



aokazu0319 at 00:19コメント(0) この記事をクリップ!

2008年10月26日

妻へ

まずはお礼です。 いつもいつもありがとう。

台湾の本省人の知人に「あなたは弥生の徳で輝けている」と言われましたが、まさにその通りだと自分で思います。 あなたはいつも笑顔で愚痴も言わずソレガシと倫太朗の傍に居てくれます。 結婚する前は、ソレガシが建築屋の跡継ぎとか 長男とか 条件面で色々悩んで シンガポールで占ってもらった・・っと言ってましたね。 占いでは 幸せになれると 言われたそうですが 大丈夫でしょうか?

 

ソレガシの思う趣味や趣向 思想など全てを受け入れ 話を聞いて 納得してくれる。

 

小さな器のソレガシが大きな容量の液体を入れようとしている姿を見て「心」を鎮静化してくれる。

 

何のために生まれて 何のために生きて 何故死ぬのか  ソレガシはあなたと倫とこれからも 掴んで行きたいと思っています。 出会えたことを感謝しています。  

言葉は気持ちを伝えるためにあるであろう・・と思います。 仕事の関係者や友人 お客さんまで見ているブログで こんなことを書くのはナンセンス且つアホだろうと思いますが 頭がニュートラルの状態で「書きたい!!」と・・只 思ったので書き留めておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

略歴

青山圭成

1977年3月19日生まれ。A型。日本大学工学部建築学科卒業。一級建築士・一級建築施工管理技士。趣味は歴史散策・歴史小説。

コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)