2008年12月

2008年12月31日

来年の目標設定

今年も終わりっすね。

終わりはなんとなく寂しいけど 始まりの直前でもあるから

頑張ろうって気持ちになります。

 

今年もお世話になりました。 来年はドルチェ教室に向けて張り切ります(笑)

 

又 設計依頼も結構いただけて こんなご時勢に ありがたく嬉しいことです。

泪がちょちょぎれています。

来年はもっと 気持ちを 他の人に傾けることを努力します!!!



2008年12月30日

鉄板厨房 だるま

ソレガシの住んでいる町は7万人程度の小さな町です。

その町で絶対に一番美味しいお店は この店!!

鉄板厨房だるま!!

http://www.daruma-daruma.com/ ←ここをみてくんなまし。

忘年会を毎年ここでやってます。 忘年会といっても友人4人ですけどね(笑)

daruma1daruma2

 

 

 

 

daruma3daruma3

 

 

 

 

daruma4daruma5

 

 

 

 

値段はちょいと高いですけどね。 喰らう価値ありっすよ。

daruma6daruma7

 

 

 

 

daruma8daruma9

 

 

 

 

さぁ・・・食べた分だけダイエットしないとな・・。

 

 

 

 



2008年12月26日

コレマデとコレカラ

弊社に資料請求していただくと 今までは、

家作りの際に役立つ 「FPの家」の理論や家作り一般について

まとめた小冊子をお渡ししてました。 

来年からはもう少し小冊子を増やします。

今までホームページや、様々なことを相談したりする仲の良いForksWorksの二人には「作れ作れ」といわれておりましたが ようやく年末少し仕事も落ち着いたので文章作成に取り組んでいます。ようやく重い腰とケツをあげました(笑)

私という人間が いかに建築に携わることになり どういう気持ちで修行期間を過ごし どうゆう気持ちで現在取り組んでいるのかを まとめた小冊子です。 ソレガシのことが解ってもらえれば嬉しいです。中々数ある建設屋の中から私を選んでください!!っと言っても 難しいでしょうから こういうツールはありがたいです。

それと同時に「耐震 制震」についても小冊子を作りたいと思ってます。こちらは残念ながら 私の文章作成も来年になってしまいますが じっくりゆっくり考えて納得いただけるものを造ろうと思ってます。

 

 

 



aokazu0319 at 13:38コメント(0)建築家 この記事をクリップ!

2008年12月25日

頭の中のイメージ

昨夜お客様と見積りの内容をサンプルなどを使いながら 外装・内装などイメージをお伝えしました。 こうやってサンプルや写真などを使いながら お客様に説明することで 自分自身もイメージを再認識できモチベーションがググっと上がってきます。

当然 一つ一つの部材の組み合わせで出来るものなので 各々が例えセンス良い材料でもまとまったときにしっくりこなければ何にもなりません。 そういう意味で頭の中で 材料の質感や色などを確認しながら組み立てをしなおすことが出来るこの機会は私に取っても意義ある時間です。

今回のお客さまはご両親の世代・ご本人様ご夫婦世代・お子様世代と三世帯が暮らすお家です。 各世代が安心し かつ落ち着いて住める空間にする事を心がけました。

「3世代のイエ」というプロジェクト名にしたいと思います。世代が交代していっても いつまでも住む人が 「FPの家はいいなぁ〜」っていつまでも言って貰える様な家に出来ればな・・・っと思ってます。



aokazu0319 at 08:18コメント(0)家造り この記事をクリップ!

2008年12月23日

大掃除に関する気持ち

1年に1回しかしない大掃除。

1回しかしないものだから 途中から (なぜ?年末にやらなければならないのだ!)という疑問に変わり、仕舞いには (大掃除しないと年を越せないと言う固定概念が悪い)という責任転嫁の発想になっていく自分がいます。 どーーも。

この時期は大掃除をしなければっと思い頗る憂鬱ですな・・・。

窓を拭く 窓を拭くだけなら良いがサッシの枠は蜘蛛の巣とか砂埃とか無法地帯  挙句UBやキッチンの排水溝関係もやらなければ!!っと思ってしまう。 このあたりに関しては「ぬめり」との戦いで 気持ち悪さを押し殺して掃除をしなければならない。

照明器具の溜まった埃やTVなどAV関係の裏側も結構鬱陶しい。 AV関係の裏側などは配線が 「わっさ!!」ってなっていて・・・画面などの表面と配線等の裏側では 全く別の世界になっている。まるでこの世の闇社会の縮図のような状態だな・・・っと思いながら掃除機で誇りをやっつけてから 水葺きで葺き掃除をして・・・少し時間がたつと 水葺きした水跡がTV画面を邪魔するので凹む。

勿論冷蔵庫の内部も エイリアンでも出てきそうな空間に成っている恐れもある。 パンを作ろうと決めたのに自分の意思の薄弱さを露呈するかのように余った全粒粉。既に消費期限ははるか昔だ。

きっと美味しいだろうと思って買ったが そんなに使わなかった 「ゆず湖沼」のチューブ。 数々の今年の思い出が冷蔵庫には存在する。 こういったものを一大決心で執着をカナグリ捨てるかのように処分するのも大掃除のプロセスの一端だ。

しかし・・・何故だか大掃除を終えた夜は 既に大晦日が来たかのような雰囲気をコタツ周りで家族みんなで出してしまう。 だから・・・大掃除はやるべきなのか?やらなくてもいいのか? いまだに解らない。 どうせ通らない法案を出すなら参議院ではこういった内容の法案を議員立法で提案されたい。

 「大掃除に関する国民の意識促進法」とかである。 必ず 年末23日以降は休みとし 家庭・地域など様々なところを掃除奉仕。大人も子供も全てである。 電化製品は掃除関係などは頗る値段を下げ 消費を促す。 それとも大掃除の会社を国が作り雇用の促進をはかる。平素は地域の掃除を請負 年末は民間の大掃除も勿論請け負う。 

 

 

・・・・・・・・っと あほな事ばっかり考えずに 少し掃除してきます。



略歴
コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)