2009年01月

2009年01月31日

相談縁

「蓄熱暖房機 犬山市」というキーワードで検索されたお客様から 蓄熱暖房機を考えたいんだけれども・・・という お問い合わせメールが届き 更に翌日お電話まで頂いたので お話を伺いに ご自宅に伺って来ました。 「蓄熱暖房機 犬山市」というキーワードで弊社がひっかかるんだ〜っと全く関心しっぱなしです。

 

お客様は現状の電気代を下げたいという希望でしたが 電気代の領収書や 現在のお家の断熱・気密の状態・造りや補強等のイニシャルコスト などから 蓄熱暖房機を導入しても 光熱費削減とお得感は、お客様のケースだと難しいことをお伝えしてきました。 そして灯油が安くなってきたので ファンヒーター併用でエアコンの稼働時間を抑えるアドバイスで全体の光熱費を削減する案を推奨してきました。お客様は結局 導入を見送られました。 

非常にソレガシに訪問依頼したことを 恐縮されてましたが、 色々なお家の性能についてや電気の節約について 灯油・ガスなどの光熱費についてお話をさせていただき 又 出会えた「縁」というものがあったので なんだか 帰り道の心は凄く嬉しかったです。こうして例え相談だけでも 非常にお客さんの役に立ったと思うと良いモンです。

 

また・・何かのご縁がありましたら よろしくお願いいたします。



aokazu0319 at 03:11コメント(3)家造り この記事をクリップ!

2009年01月30日

緑イロ

L・gateさくらやま」のアウトゾーンのプランをさせていただいております。

やっぱり 「緑」というものは お家にとっては欠かせないものですね。それが再確認できます。 昨今外構という言葉を使います。 「外構」という単語は コンクリートやカーポートなど無機質なもので構成されたイメージが連想されます。 つまり そういうケースが多いんでしょう・・・。

でも「緑」を使うことは 家自体のレベルをあげることにも繋がります。

「緑」は当然外側から見た 「建物との調和」 と 内部から「緑」を楽しむ色彩的な意味。更に突っ込むと日照に対してや 山陰地方で見られる 防風林など自然条件に対しての意味などがあります。

 

「気密・断熱」に考慮した お家を設計していると 如何しても外部との関係性が疎かになりがちですが ソレガシは設計するときは 頭の中のイメージの際に 「緑」も一緒に考えます。 断熱気密が優れていても 庭や緑の空間に身体を運べるような設計に常にしたいと思っています。

 

先日このブログでも書いています。植栽人のリビングデザイン本田氏と打合せをしていたときのことです。内容は「畑」についてです。 このL・gateさくらやまも畑があります。  この「畑」が実は今後活きて来るとソレガシも本田氏も考えています。

本田氏との話の中で 「「畑」をプランで考慮された方への特典」というテーマで それぞれ考えを出し合いました。 ・・・・・・・がソレガシは如何にも・・・考えが横道へ逸れて行ってしまいます。例えば、ソレガシの挙げた案を一例出してみますと・・・・・

 「雨が降らないときは祈祷サービス」

 

・・・・・・・・・・・こういう発想になること事態 ヤバイ・・かも・・。

実際にはもっと色んなアイデアが出ましたが ここでは控えます。

祈祷サービスだけのっけます(笑) 使ってください(笑) ちなみにリビングデザインではスタッフの広瀬氏を山伏の格好をして 祈祷できるように ソレガシは部外者ながら 誘導して行きたいです。

 

 

 



aokazu0319 at 13:45コメント(0)家造り この記事をクリップ!

2009年01月29日

掃除は人間のするものです

妻は irobot が欲しいらしいです。

http://www.irobot-jp.com/store/roomba/01.php?id=53070

でも高い。。

 

持ってる方 コメントください。 さらに ソレガシを買う気にさせてください。

 

 



2009年01月28日

門跡

現在進行中の「Style of Home」の直近くに 古い古刹があります。 先日お客様の今までの御家が解体される前に 写真を撮ろうと思い その高台になっている 古刹からのショットを納めたく とことこ・・・・っと古刹にソレガシは入っていきました・・。

sakurado1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非常に長閑な雰囲気です。 町全体がゆったりと時間が流れている感じ。 

sakurado5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看板の説明を見てビックリ!! 超〜テンションが上がっていきます(笑)

嵯峨天皇の勅願で建立され 更に 昔は比叡山・高野山と共に 日本三山と言われた程だと 書いてあります。 この辺りからソレガシの心拍数はかなり 上がっていきます・・・。(うわぁああぁぁあ・・・どうしてコンナ隠れたところに コンナ隠れステージがあるのか??) そればっかりが頭の中をグルグル・・・・・っと回ります。

嵯峨天皇といえば 桓武天皇の息子ちゃんで 平安時代 平安仏教が最も花開いた時代 かの最澄・空海と粗 同時代なのです。 しかも過去には36もの宿坊(つまり末寺みたいなもの) が周りを取り囲み一代ムーブメントを起こしていたことは 容易に想像できます。

 

これだから歴史は辞められません。 こういう「知る」という面白さは 仕事よりテンションがあが・・・否(笑)

sakurado3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仁王門は県指定の文化財らしく 屋根部分が修復してありました。 古からこうやって 修復しながら構造体が保たれているのは 湿気や結露を出していないから・・・。 などと 急に仕事モード的な考えも頭によぎりながら 桜堂薬師ツアーを楽しみます。 やっぱり お寺さんの屋根には 破風など檜でも無地の良い木が使ってあります。 ソレガシは目が悪いので 年輪まで見えず 官材・民材の区別がつきませんでしたが このクラスだと きっと地域柄も東濃檜の官材に決まってます!!!

屋根のノシや漆喰の塗り方など やっぱり文化財修復者は綺麗に施工してあります。こういうのは見るだけで 安心して気持ちが良いです。

sakurado4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本堂には相当昔からの絵馬や武将が奉納したと思われる 戦での首を挙げる瞬間の絵が書かれた絵馬など 結構えげつないものが掛けられていたり 蛇と思われるミイラが本堂の上に 金杭で打ち込まれていたり・・・心臓が「ドキっ」っとするような ものが多く ちょっと・・・ビビリます。

賽銭を入れようとすると 財布に細かいお金が 18円しかなく (ごめんなさい・・・)っと思いながら (千円は痛い!!)とも同時に考えながら 18円でありがとう・・・と言ってきました。

(何がありがとうか解りませんが(笑) とりあえず・・・ありがとうって・・・)

 

sakurado6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソレガシ以外には誰一人いません(笑) 過去の仏法の門跡も今では寂しささえ 覚えます。そんなことを思いながら18円しかあげられない ソレガシにはそんなことを思う資格も無いな・・・なーんて思います。

sakurado2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この亀池には白蓮が咲き すっごく昔から美しいそうです。今は冬だから夏が楽しみであります。

今回の勝手にレポート かなり個人的な記録になってしまいました。すんません

 

 

 



2009年01月27日

友人からの相談

先日とある友人から 家作りについて 相談がありました。

正直 凄く嬉しいです。  友人というものは仕事やお金が絡んでくると 中々難しいという意識があるのか? 家作りに関して相談してもらった記憶は殆どありません。 しかし 今回のように相談されると命削っても何とか力に成りたい!!っと思います。 こう思わせてくれる その友人の魅力も勿論あります。

工法や技術などで無く 私個人を信用して相談してくれる・・・・

改めて 思うと涙がちょちょ切れます。

 

それ以来 頭の中は ずーっと友人の諸問題のことで埋めつくされていますが 勿論他のお客様も同じように大切なので 頭を切り替えなくちゃいけません。 けど・・・この相談がどんな形であれ ソレガシが携わることができたなら・・・・。 生まれて初めて友人の家を手懸けます。

命削っても 寿命 縮まっても 何とかしたい。

 

今はこのあふれる気持ちを抑えることで  精一杯です。



aokazu0319 at 14:57コメント(0)家造り この記事をクリップ!
略歴
コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)