2009年12月

2009年12月31日

大晦日

倫太朗が胃腸風邪にかかり 妻 両家の実家の祖母等が犠牲になり 我が一族の大晦日はピーピーという結果になっております(笑) ソレガシは足裏マッサージの効果もあり今年は例年に比べて風邪を引く回数もグンっと減りました。

大晦日は最終の末月のことです。

「晦日」(みそか)というのは真っ暗闇を意味するようです。

参考資料

 

そしてこの真っ暗闇を108回の煩悩を 「突く」ことで 「除夜」 真っ暗闇が除かれて 「明けまして・・」となるそうです。 108回は周知の通り 仏教の煩悩の数・・・。 この素晴らしい意味を来年も噛み締めて生きていきたいと思っております。

今年一年ありがとうございました。 来年もよろしくお願いいたします。

 

 



aokazu0319 at 18:21コメント(0) この記事をクリップ!

2009年12月30日

2009年のカラダ総まとめ

今日から仕事は年末・年始のお休みです。

2009年のカラダの疲れをとるべく ソレガシは行きつけの瑞浪市にある「健康工房 瑞浪」に治療に行きました。 足裏のマッサージという激痛を伴う処置は相当数の人はきっと嫌がります。 でも嫌がるのに営業し続けているという事実がポイントです。

それは何らかの激痛に変わるからだの改善が処置してもらっている人々におきているからこそ 皆は激痛でも通い続けるのです。 

足の裏にはツボがあります。いや・・全身にツボはありますが 足裏のツボは他の部位のツボとは役割がひと回りもふた周りも違います。 足の裏のツボを刺激することにより 人間は重力に逆らった血液のポンプアップをおこなっているのです。 つまりツボといわれる反射区に細胞から不要になった静脈に流れるべき汚れが蓄積していると激痛になるのです。 悪くないところはちーっとも痛くは無いのです。

 

そんなわけでソレガシは坐骨神経痛の症状が出ていたので 処方していただくよう依頼しました。  最近は自宅での自分治療を怠っていたため 足は冷たく硬くなっています。  特に足のかかとの腰等の反射区は非常に硬く表面の細胞も死んでいます。  かかとがカサカサになっている人も多いと思いますが それは歩いているために硬くなっているのでは決してありません。 そこの表面の細胞にまで血液が廻っていないのです。

「健康工房 瑞浪」の成瀬先生はソレガシの硬いかかとを見つけると テンションが一段階あがり ぐりぐりぐりぐり・・・集中的に責めます。 ソレガシは悶絶します。痛さは極限に達しのけぞります(笑) そうすると・・・・先生が・・・

 

 

 

「あっ!!   もみすぎて足に穴が開いちゃった!!」って言うので見ると 

血が出てます。。。(笑)

 

 

こうやって書くと とんでもないお店みたいですが 坐骨神経の痛みはしっかり取れてます(笑)

まぁ・・・その代わり足の裏から血が噴出しましたけどね(笑)

 

 

画像は辞めておきます。。

兎に角2009年のカラダの疲れを取っていただいてありがとうございました。

又来年も治療をお願いいたします。

 

 



aokazu0319 at 18:11コメント(2) この記事をクリップ!

2009年12月28日

お客様のお声

fp023-1b先日一年前に竣工したお施主様からお声を頂くことができた。読んでいて 何気ないお客様の日常が目に浮かびます。

庭にできた野菜を家族で食べて 快適なお家に過ごす。 これ以上の幸せはどこにもありはしない。

ソレガシはそう思います。 温度変化やアレルギーなどが原因で病院で薬を体に投与しなくてはならなくなったり 様々なことが家から起こりえます。

でも何もなくて ただ平常を噛み締めて生きていけるという 幸せを作ることができる・・。

 

 それがこの仕事のやりがいであり 休みも所得も少なくても やり続けられる所以です。

 又来年もこういうコメントがいただけるように 頭と腰と血糖値は低く(笑) 頑張って生きたいです。

 今年も 残りわずかです。 もう休みの方も多いと思います。

 ソレガシは31日までフルタイムですが・・(笑) 良いお年をお迎えください。 



aokazu0319 at 01:20コメント(0)家造り この記事をクリップ!

2009年12月27日

パース

この年末にかけてプレゼンを一気に2件出したので少々HPが減り気味です・・・。プレゼント言えばコンペに出される方々のプレゼンを見ると 箱までこさえてお洒落に演出したり・・・素晴らしいものがあります。 そういう演出技術が現場叩き上げのソレガシには無いのでもう一度勉強したい部分です。

昨年キャドを変えました。 ようやく見ることができるパースを書くことが出来てきました。もう少し外構の精度やガラス・テクスチャの質感など精度を上げて こちらもコンテストに参加できるまでになりたいです。

プレPCの性能が低いのでレンダリングに相当な時間がかかり 日常業務に支障が出るので 精度を上げて作りこむことは難しいかもしれませんがこのようにパースや室内スケッチ 模型などを 構造見学会には展示していきたいと考えています。

そうすることで構造という性能などのハードな部分しか体感できない催しもちった〜ソフトになるんじゃねーか??・・・そう思うわけです。。

 

 



aokazu0319 at 23:08コメント(0)家造り この記事をクリップ!

2009年12月25日

X'mas

X'mas ですな。

昨日私達家族は ささやかなる宴を開いた。

月のお小遣いがすずめの涙のソレガシにとっては 大いなる痛手だが 毎月あまらかした予算と社長におねだりしてもらった商品券を握り締めて妻のためにX'masプレゼントを買うことにした。 家の妻は以前付き合っていた頃にジュエリーをプレゼントしたことがあるのだが 余り欲しがらないし 付けないし 喜ばない。

プレゼントし甲斐のない人種である。

 

しかしながら仕事を楽しんでがんばってしていた彼女を産休に連続でさせた償いと 毎日のがんばりへの感謝のために 何かソレガシは自分の気持ちを表現したいと思いたった次第である。 服とか帽子とかはモロに趣味や趣向が影響するので一緒に買いに行かないと 喜んでもらえないのは明白である。 「ありがとう!!」とか言葉だけでは ソレガシは何時も言っているので それがしの言葉の価値はかなりデフレーションである。

つまり・・・再度のジュエリー挑戦しかありえない!!!!  っと思って購入した。

X7mas付き合い始めた時にも 購入したショップで出会って8年で再度同じブランドでの購入だ。  ソレガシの微々たる予算では 顕微鏡がいる位の程しか炭素石は付いていない(笑)

しかしながら 購入したコンセプトをはっきりと渡すときに うっとーしーと思われることを承知で説明し背景を明かして手渡した。

そうすると 付き合っていた頃よりは 喜んでくれて 少しココロが伝わった気がして嬉しかったのであります。 

 

プレゼントやプレゼンテーションというのは ソモソモ「喜ばせる」という為。  仕事でもプライベートでも気持ちや思想背景・行動した際のエピソードなどを交えて話すと 相手の心がぐっと近づくな・・・っと思いました。

 

・・・・・・愚息へは 真剣丸を購入しました(笑)

X'mas朝から 「悪い奴をやっつける〜」っといきんでます。

どうやらソレガシが彼の中では外道衆というシンケンジャーの悪者らしいです・・・(笑)。

ソレガシにはサンタはいっつも来ませんが 与える喜びを頂き 日常に感謝して今年も年末を迎えたい・・・ そう思います。

 

 



aokazu0319 at 16:45コメント(2) この記事をクリップ!
略歴
コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)