2010年08月

2010年08月31日

サツキのエコハウス進捗

 

 やっぱり・・・早川鉄筋さんは上手い。綺麗。早い 往年の吉野家のようだ。

 

 

DSC05181

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに ここの鉄筋はSD295Aという鋼材を使用して 基礎強度の計算をしています。

 

DSC05179

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄筋はこのようにマークが入っています。 yc というマークがこの鉄筋には象られています。 これは岐阜に本社を置く 山口鋼業の刻印。 鉄筋も地場産です(笑)。  ちなみに大手共栄製鋼なども同じように各社の刻印が入っておりますので どこのメーカーか知ってる人が見ると解りますよ。

 

 



aokazu0319 at 00:31コメント(0)家造り この記事をクリップ!

2010年08月30日

ワイヤーソウ工法

盆休みから計画していた 江南保健所耐震改修工事の庇・手すり撤去工事が開始です。

DSC05138DSC05137まずはこのようにコアーという孔をコンクリートの手すり部分やスラブ(床)部分に開けていきます。

まず第一段階です。先日計画した重量となる切断面の塊をつり上げるための穴です。

 

DSC05167その穴にこのような・・・・ 釣りこむための金具を設置します。

ココまでが準備工事です。

さて・・・ココから切断です。

 

DSC05169この摩訶不思議な滑車の機械で ダイアモンドのワイヤーを回しながらコンクリートを削り切って行きます。 従来のような「ガガガ!!」と壊す方法では振動も当然伴うので 保健所さんのような運営しながら工事をする施設にはこの方法は多少の音は出ますが 振動は殆どありません。

また耐震補強をするのに躯体に振動を与えるということは本末転倒であるという解釈もでき 従来土木工事によくつかわれていたこの工法ですが近年は建築工事にもこのようにお目見えしております。

 

DSC05173これがダイアモンドのワイヤー 当然摩擦で熱を持ってくるので水を流しながら切断していきます。 なので水流がすごいです。 養生をしっかりと行わないと 施設のサッシがエライことになりかねません。

 

 

DSC05166←切断後はこんな感じ・・・ 

 

 

良いねぇ〜 この工法は振動も音も大したこと無くて 苦情も少なく良いねぇ〜。

 

DSC05229さぁ・・・いよいよクレーンでつりこみながらの切断に入ります。ココからは緊張です。 今回新しく選ばれたクレーン屋さんのオペレーターの方は非常に上手で頼もしい!!

正直最初のクレーン屋さんでなくて良かったです。いやいや工事をやられても事故のもとだし 同じ目的でベクトルを合わせて進めないと工事のプロジェクトなんて成功しません。

 

DSC05234この塊は計算では3t程度です。実際もクレーンでつりこむときに重さが測れるようになっているのですが3t弱でした。。。良い線です。ソレガシの計算も。

安全に荷降ろしをして 慎重に卸していきます。

 

 

DSC05235このように順番にこの庇を向こう端まで撤去します。まだまだ先は長いですが 安全第一 利益は二の次(笑)で明日も頑張って行きます。 

とりあえず初日作戦はまずまず成功です。。

 

 

 



aokazu0319 at 23:15コメント(0) この記事をクリップ!

2010年08月29日

記憶。

週末昨日今日とお客様にプランのご提示でしたが 非常に喜んでもらえたので 追い込まれて仕上げた甲斐がありました。 先週は毎日泊り込みで深夜までの残業で息子にも逢えてないですが 今日は日曜日午後からはフリーで 久しぶりに家族で買い物に出かけ 息子と一緒にお風呂に入り 遊び 食事をしました。 やっぱりソレガシは幸せです。 ありがとうございます。

釈迦は阿弥陀経で「極楽浄土」を説くのですが、一方では釈迦は極楽の存在や地獄の存在も否定をしています。 2500年も前に宇宙という概念が一般市民にあるわけなく、学術的専門用語もない時代で人々の理解に踏み込もうとした 手段・方便で 説くわけです。   いわゆる・・・極楽・地獄という世界があるのではなく その心の状態がそう捉えさせる・・・ということであります。

 「極楽ではこの世の水が宝石に見える」と説かれます。  つまり心のあり方で 純粋な物欲のない 足るを知る聖者は 「水」が宝石の用に貴重なものと捉える・・・と言い換えることが出来ます。 これが浄土の概念でありまする。

 

 そういう意味で 私は幸せです。  

 森君というスタッフが傍にいてくれるおかげで 週末のお客様の提案も無事こなすことが出来ましたし ソレガシの波長にあった施主様の嬉しい言葉もいただけたし 息子や妻とのひと時も味合わせてもらえる・・。これは幸せなことです。  ありがとう。 永遠なるモノは無いけれど それがしの記憶と素粒子に深く刻み付けておきまする。



2010年08月27日

サツキのエコハス2

さてさて 可児市のサツキのエコハウスに例のアートな鉄筋を組む早川鉄筋さんが来てくれました。

DSC05146

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期鉄筋屋さんは鉄筋が暑さで 皮膚が焼けそうに成ります。 大変な仕事です。

この現場は更に長期優良住宅先導モデル!!  配筋が少々ややこいです。

 

今週土曜日は基礎のベースコンクリート打設です。

 

 



aokazu0319 at 08:46コメント(0)建築家 この記事をクリップ!

2010年08月26日

やっかいなやつ

なんなんだ!!!なんなんだ!!!

 

この現場は一体!! 

 

70tのRC撤去がラフタークレーンの途中逃げで座礁しそうだった この耐震丸をソレガシが懸命にまた海に漕ぎ出したのに またまた問題だ。

 

解体する煙突が設計ではアスベストの含有成型板で飛散しない設計なのに いざ煙突に足場が出来てのぞいたらめっちゃ!!!!飛散しそうなアスベストやん!!  あぁ〜あ・・・・・・解体できん・・・。

 アスベスト各方面に許可申請して除去してからじゃないと解体できん。 そんな金もないぞ。。

 

 

DSC05142

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速調査会社に依頼してアスベストの含有濃度を調べてもらってます。 飛散してなさそーだから 大丈夫なんだけどな。。 それにしても苦労の割にすすまねー(笑)この現場。



aokazu0319 at 07:37コメント(0) この記事をクリップ!
略歴
コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)