2011年01月

2011年01月29日

大黒さん

DSC00818

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東海木材卸売市場にやってきたソレガシ。

 

「薬師の家」で使う ザ・大黒柱を選びに来た。

 

大黒柱を入れるのはソレガシ初めてのことです。

選ぶ基準などは市場の人に聞いて じっくり選びたいと意気込んで来ました。

 

 

DSC00814

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半被を着たおっちゃんが いろいろ出してくれます。けど・・

「リフトの上に載せてあるものは一段値段が高いぞ!!」って行き成りピッシャ!!と言われます。

 

そういわれると、それにしたくなるじゃねーか・・・と思いながら とりあえず置いてあるものを

見ながら疑問点を聞いていきます。

 

まず材木の小口には(二ム 二上 (かねむかねじょうと読む))とかいてあったりする・・。

四面だから二面無地で二面上小節なんだな・・とソレガシも理解できる。

 

けど四面なのに (三上)とか書いてあって 一面何処へ行ったんだ?と思う疑問が出たので

聴いてみると どうも決定事項のものが書かれているようです。 つまり上小節なんだけど

削ると 節が大きくなって特等クラスに成るかも?と言う場合書いてないらしい・・・。

 

DSC00816

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また他のも良く見ていくと 角がこうやって潰れてたり 孔があったりする。。。

「これは?」っとおっちゃんに突っ込むと 「あ!!これは辞めよう!! 虫だ虫!!」

っていうじゃなーい。  

(なんだよ!!! 突っ込まないで買ったら 凹むじゃん!!)

 

 

DSC00817

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが小節。。  削ると大きくなる場合もあります。。

また「フウトウ」だと上小節とか無地とかランクに成らないという情報も

ゲット!!!  これは風倒(フウトウ)で風を受けて癖があったりする

らしい・・・。

 

そんなこんなで、纏めると・・・ 小口に四面ランク付けがあって 見た目がランク付け

よりも良く見えて 尚且つ 壁などに上小節などは隠れることが出来る柱を選べば

良いんだね!!・・・と理解し 選んだものは やっぱり リフトの上の一段階高い

もの・・・・でもその半被のおっちゃんは 

「いいよ!!それで!! 」っとOKしてくれた。

 

 

いろんなことを聞いて見たことが良かったのかもしれない・・・

 

 

DSC00815

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが購入した 「薬師の家」の大黒様。

よかった!!良いのを選べた!!  

お客さん 見て 喜んでもらえるといいな。。

 

 

 

 



aokazu0319 at 00:50コメント(0)家造り この記事をクリップ!

2011年01月28日

哀感

「新しい建物に古い建具や照明器具を使う」

これはソレガシにとっても新しい考え方で とても勉強になった。

岩田洗心館がその方法で出来ている。

 

DSC00807

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑新築です。 古い感じですが 新築です。

 

DSC00813

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(終わった気がしない・・)と思い悩むの図。

 

 

 



2011年01月27日

プラスとマイナスの基準

 プラスの思考を手に入れることが今年の目標に変わった・・まるで思春期の学生の様な目標だが 中々これが難しい。同じ言葉でも人によって受け止め方が違う。 これは誰でも解ることだが 実は簡単な表面的なことだけではない。なぜなら、マイナスにとらえてしまう多くの人間は 前後の文章との繋がりや その言葉を選んだタイミング や其の人の心理などまでも探ってしまうからで、じつは意外と根が深い問題なのである。

 もっとも発した側の人間は 実はそんなに深く考えていないというのが一般的な見方であろう。 

 マイナスのとらえ方をする人間は、良い言い方をすると熟慮している。悪い言い方であれば こうあるべきという既成概念にとらわれやすい人間だと思ふ。言葉の文脈も「こうあるべき・こうだ」という概念から 自分の尺度と照らし合わせ自分なら (この場面ではこんなことは言わない)などと考えてしまう結果 マイナスの心情を導きだしてしまう。 

 その中には プラスの人間なら気にも留めない文章や言葉の選択も多くあると思われる。(何でここで引っかかるのか??)プラスの人間からは思われてしまうことも多々あるだろう。。

 言葉はたった 一言で使う状況・背景・タイミング・声のトーン・前後の文脈により 相手に様々なイメージを与える。 そのイメージは 受け取る側が今までの経験からのイメージが基となる。 そのため言葉は使うことは、誠の難しく 話すときは考えて発しないと、それは鋭利な武器となる。  今日まで文豪といわれる言葉を使った生業の方々に 自ら命を絶つ人間が多きことは ひょっとすると何がしらこれらのことが、関係があるのかもしれない。

 だから 受け取る側をプラスとマイナスで 本当はカテゴライズされてはいけないと思ふ。

 

 マイナスと言われることが実はプラスだったりもする。。。それは接客の時 明確となる。

 ソレガシが考える接客と言うのは心理学とも繋がるかも知れないが この言葉選択が最も重要だと考える。 基本的に接客と言うのは お客様と波長を合わせる事にある。 お客様が悩んでいれば 悩み 高揚していれば高揚し 落ち着いていれば 落ち着く。 そしてそのお客様の気持ちを測るために 問題の本質は何か??? よく聞く。 聴く。 聴いて自分と重ね合わせイメージを繰り返す。そしてお客様の真理を測りながら 言葉を一つ一つ丁寧に選択する。 そのため 一日に2件打ち合わせがあると 身も心もどっと疲れてしまう。

 我々の様な工務店は メーカーようなネームバリューがあるわけではない。  個人対個人でお客様と真摯に向き合うことにより 少しずつお客様との距離を近づくようにする。 そしてその近づくことが喜びに変わる。 なので たとえ一度の出会い 一期一会だとしても 全霊で接客やソレガシの持ちうる思考・思想・技術経験など 情報として惜しみなく出し切る。 そして言葉を丁寧に扱う。 

言葉を丁寧に選択することが 相手にとって敬意を払うことであり、また最高の精神的御持て成しと ソレガシは考える。 これがソレガシ流なのである。

 

だから営業や接客をすることは精神の修行であり おもてなしの修行なのである。そしてそれは茶道に通じ、またソレガシも接客が「明日食べさせていただけるか?否か?」の生死の領域の為 まさしく茶道に通じる。 茶道・柔道・剣道・華道・建築道・・・・・道は全て繋がっており 到達する頂は精神の安寧であると思われるのである。

 そして・・その道を極めながら 繊細で且つ折れない心を身につけることが、今後の柳の世を生きる上での必要不可欠な要素なのかも知れない・・・とソレガシは実感する。  御持て成しの心・繊細な心を持ったまま 受身の思考だけを強く 打たれ強きプラス思考になった時 今年の目標は達成させるのであります。



2011年01月26日

有事の際の練習(笑)

我が家の稼ぎ頭が4月から働きます。

そのため 「ショクブン」を頼んで 私も料理が出来るようにするという事で・・・

試しに先日の休日に作ってみた。。。 

 

DSC00786

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショクブンは材料が人数分入っていて 尚且つ 産地掲載があり 味も上々。

人参も人参らしい味がちゃんとします。

メニューは「高野豆腐とかぼちゃの煮物」 「小松菜と人参の胡麻和え」「ほっけのひらき」です。それに自前のマイタケの味噌汁を付けて完成です。  レシピもしっかりしているので ソレガシでも簡単に準備できます。 また妻には稼ぎ頭の為 しっかりと稼いでもらわなくてはならぬので ソレガシもしっかりと料理の腕をショクブンさんの力をかりてあげたいと思っておる次第です。

DSC00785

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カツオと煮干しで出汁をとる。

でも煮干しは水から入れると良いそうですが 沸騰してから入れたので

いまいち出汁の出が悪かった・・・・そういうことも経験ですな。。

 

 

DSC00790

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発芽玄米ご飯を炊いて ソレガシの夕食の完成です。

 

来年度からは 保育園の送り迎えと夕食作成に励みたいと思います(笑)

 

 



aokazu0319 at 16:02コメント(0)料理 この記事をクリップ!

2011年01月25日

名称変更

ずーと前にブログで書いたことがありますが・・・

扶桑町柏森での「柏森の杉箱」と言う物件名を檜とか使う仕様変更に伴って 名称も「柏森キ・バ・コ」に変えます。  その「柏森キ・バ・コ」の地鎮祭が今週ありました。

 

DSC00783

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末にご近所さんへの御挨拶を施主様と廻ります。

良いお家になるように。最高のパフォーマンスを青山建設が発揮できるように ソレガシは薀蓄屋なので皆を鼓舞することを頑張ります(笑)



aokazu0319 at 10:10コメント(0)家造り この記事をクリップ!
略歴
コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)