2011年03月

2011年03月31日

4才になる

息子は4才になる。 震災で家族が亡くなってしまった方々の話をTVなどで聴くと胸が締め付けられる。なのでほんの些細なことでも感謝して有難うと言う気持ちを忘れないで生きたい。 

息子は4歳になる。 4月からは保育園レギュラーだ。  大便の時未だに自分でお尻が拭けず 「パパ拭いて〜!!」と大きな声で呼ばれるが大丈夫だろうか?? 家で野菜を一切食べようとしないが大丈夫か?? と親馬鹿だな。。。と思ふ。

DSC00926

甘いものばかり食べてると 将来辛いぞ!!野菜も食べろよ!!倫太朗!!。

 

 

 

 

 

日常を感謝で 幸せいっぱいにしたい!!

つくづく・・・そう思います。

 

 



aokazu0319 at 09:53コメント(2)Jrのこと この記事をクリップ!

2011年03月30日

都市計画法の孔をうめる

ソレガシは設計事務所勤務がなく またハウスメーカーでの営業勤務経験もないため 営業も設計も独学です。 今思えば現場が基本だな・・・と思って現場監督に就職しましたが 現場はいつでも覚えられるし、また・・・一番簡単何だな・・と思うようになってきた。 その理由は現場でこなす納まりや段取りは何時も前例があるからです。 職人さんの方法・・・別会社の方法・・・などなど  

それに比べ 営業はお客様の心理に沿って動かなければならず 二つとして同じことはありません。 そして人生で一番高額な住宅ローンを伴う買い物を決定して頂くためには こちらの心意気や決意 思想もしっかりと確立されたものにしなければなりません。

設計は諸条件から生み出す創造力が必要だし・・・。 ソレガシしょーじき失敗した。就職先(笑)

最近市街化調整区域での建築パターンが多く 都市計画法に疎いソレガシとしては 「スンマセン汗・・スンマセン 無知なので・・」と言いながら 各行政書士さんやら司法書士さんやら確認審査機関に聴きまくってます。。。 これも設計事務所勤務経験があれば カバーできたかもしれない・・・。

 

息子たちには これらを踏まえて これからの人生を歩けるようにアドバイスしていこうと思っています。



aokazu0319 at 23:23コメント(0)家造り この記事をクリップ!

2011年03月29日

紋付

先週土曜日 昨年から工事をしていた岩田洗心館の竣工記念オープンセレモニーがありご招待いただいたので 参加させていただいた。  毎週水曜日に岩田洗心館さん横の茶室「鈍牛庵」で表千家のお稽古をさせていただいているソレガシは 御師匠様ご一門と共に セレモニーにご参加くださった方々に一服差し上げる御茶会にも参加した。

 セレモニーではお客様で、御茶会ではお客様ではなく御迎えする誘導係(御点前が未だできませんので・・)という二足の草鞋だったのであります。  

セレモニーでは 前館長のサエチャンのお父様の意思を継ぐ・・という話が前衆議院議員の石田芳弘さんからあり サエチャンは このオープンを迎えれたことに すこし涙を流しておられた。。。其れを見て徳さんバリに涙もろいソレガシも 「うるっ涙」と来た。。

この洗心館さんの工事が始まったころ サエチャンはこう言ってました・・・・ 犬山市役所や駅に近い土地だからマンションや貸し駐車場など様々な意見があったけれども 岩田家の所蔵するものを犬山の歴史として市民や観光客の方に見て頂くという 前館長の意思を継ぎたい・・・と。。。

「継ぐ」ということだけ言えばソレガシも歴史は浅いが「継ぐ」というキーワードに敏感なので 余計にうる!!(涙)っと来てしまう。。。

 

またセレモニーはお茶会用の和装で行ったため完全にソレガシだけ浮いてました(笑)

設計のまち楽房 加藤さんに撮影して頂いた 画像。。

CIMG0890モノクロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうやって見ると ソレガシもおっさんになったなぁ〜。。

 

ちなみに犬山祭りでも3日の日曜日に武道館でお茶会の下働きしてますので 是非犬山祭りにお越しくださった折には 一服してつかーさい。。

 

 

 



aokazu0319 at 00:55コメント(2) この記事をクリップ!

2011年03月28日

FPの家 惚れ直す

正直心底ブログを楽しく更新することが出来ない気持ちではあります。。 おはようございます。 先日FPの家グループの岐阜支部会長の野村建設さんよりメールが来ました。 岩手県盛岡市のサトコンホームさんが岩手の沿岸部で建てられたFPの家の状態の写真がブログに映し出されているよ!!という内容です。

サトコンホームさんにはソレガシも依然視察に御厄介になったこともあり親近感もあったので 社長のブログを見てみました。→http://satocon.exblog.jp/

201103_24_27_b0086927_14132813

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぽつん・・・と津波で流された地域の中にFPの家が残っている状態だったのです。 ウレタンパネルが水を含まない為なのか??? はたまた 剛性が数値以上に強いのか? 解りませんが 非常に我々にとっては心強いニュースだったので ココに載せます。

 

私も今歯ブラシやコンタクト用品など 被災地に送る 物資を準備しています。 出来る事を少しでもやっていければ・・・とただただ思うばかり・・・。

 

そういえば大学時代の福島の友人は 放射線から避難した人 腹をくくった人様々です。 どちらにせよ・・・・・ クリーンだと思ってばかりいた原発とプルサーマルの考え方を ソレガシも改め直し またエネルギーについて考えていきたいと思います。 もう・・原発はいらないね。。

 

自然の摂理に反してたんだな・・きっと。。。

 

 

 



aokazu0319 at 08:30コメント(3)家造り この記事をクリップ!

2011年03月22日

ブログ再開

ようやく友人の安否も確認でき ブログを更新する気持ちが出てきた。 しかしながら地震でお家が壊されるのではなく 火事や津波という被害には 建築的に無力だな・・とつくづく感じます。 エネルギーも原子力のプルサーマルは優しいものだとばかり思っていましたが テンで間違った認識で有事の際にはカナリの問題を抱えている発電方法なのだと実感した。

火力発電は石油で発電する効率が低く 天然ガスの方がむしろ一次エネルギー的には地球にやさしいようだし・・・。風力発電や太陽光・水力発電などを増やすしかない。。

 

福島の友人は「逃げな!!」って伝えたら 「腹くくった!!」って言ってました。。。。切ない話です。建材やサッシ・合板も買占めや政府の意向で 全く品物が入らず 商売になりません。 今後日本はどうなるのか???未だ読めませぬ。

 

 

 



略歴
コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)