2011年06月

2011年06月18日

濃い茶

こんなくだりがある。。。

秀吉の茶会に呼ばれた大名たちがお茶を回し飲みする。 その際に疱瘡を患っていた大谷吉継の鼻孔から液体が茶碗に滴り落ちた。。 そのお茶を大名たちは誰一人吉継のあとに飲もうとはしなかったが 石田三成只一人その茶を飲み干した。。 その後吉継は三成の無二の親友となり 関ヶ原の戦いでは三成と一緒に戦い 吉継は三成の為に死んでいく。。。

 お茶を回し飲みするなんて きちゃね〜。ってソレガシは いつも読書をしながら、歴史小説の中にこの くだりが出てくると思っていた。。 だが昨日 お師匠様のもとに ソレガシがお茶のお稽古に行くと 「濃い茶」を所望させていただけた。

濃い茶は本当は 茶事といって懐石の後に出てくる ドロっとした濃い渋いお茶である。 そこで回し飲みがあり、 ソレガシは感嘆の声を上げた!!!「おぉぉ!!!」 三成と吉継のくだりじゃん!!!・・・・・である(笑) そして御点前のお稽古になり濃い茶かな・・と思ったら 駆け出しのソレガシはやっぱり「薄茶」でした。。。 今日はこの三成と吉継のくだりが 少しリアリティある感覚で接することが出来たので とっても素敵な一日でした。。



aokazu0319 at 00:08コメント(2) この記事をクリップ!

2011年06月17日

来月発刊の取材で発汗(笑)

先日OB施主様のお宅にお伺いさせていただきました。

来月発刊予定のリクルート社「東海家づくりの本」・・・・・・だったか? 名前はウル覚えですが・・・ 取材をお願いいたしました。 FPグループ枠ですので 「青山建設」と言う名前はちびっともでない確率が高いですが そこはライターの中須賀さんの検討を祈るしかありません。

DSC01050

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで驚愕の事実に出会いました。

 

「サツキのエコハウス」では4.44kwの太陽光を載せているのですが 電気代が半端なく安い。。オール電化で24時間換気とエアコンをつけっぱなしで 全室温度差FP仕様で 2月の一年で一番光熱費がかかる時でも差額数千円〜一万円。

っということは1年間トータルしても 光熱費五万は行きません。

 

クルムもあるし ロフトもあるし 4人家族でお昼間もお家に御在宅なので FPの家のランニングコストは「0ハイ○」という俳優さんを使ってるメーカー何ぞ オソルるに足らず・・・!!なのであります。 

DSC01049

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり節電なんて言ってないで 電気使わずに快適で 且つ計画的に換気が出来てフィルターを通して放射性物質も遮ることが出来る 高気密のFPの家を選択する以外 ソレガシはもう!!考えられない!!!のだーーー。



aokazu0319 at 22:53コメント(2) この記事をクリップ!

2011年06月15日

監理報告書

監理報告書と言う書類がある。 

長期優良住宅の完了届などにも必要なのだが 基本的に監理者は現場を見に行った際には、施主への報告義務を果たすために 監理報告書を作成しなければならない。  昨日名古屋市役所から「港区WORKSのイエ」の長期優良認定がおりたという連絡があったので 書類を取りに行った帰りに 飛島村の「飛島のエコハウス」の現場をチェックしに向かった。

DSC01048

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在「飛島のエコハウス」は基礎工事の最中で鉄筋工が入るか?入らないか?という段階だ。 基礎工事と言うのは主に鉄筋の配筋がメインに成るのだが チェックし忘れるとエライことになる部分というのが鉄筋工事の前に或る。

最も基本的なことなのだが 基本となる通り芯の位置や外周部の基礎の位置や深さ などだ。

基本中の基本なのだが 職人だけでは間違いが見過ごされるケースはいくつかあって 若いころソレガシも職人が帰ってから気づき 1人で暗くなるまでスコップで土から修正したりした記憶もある。 だからこの基本となる部分はソレガシ自身の中で一番チェックポイントにする。

鉄筋などは表面に出ているので誰でも見れば 知識さえあれば指摘ができ是正もコンクリート打設の前に必ずするので 問題が起きる危険性が少ない。 あっても是正しやすいからだ。 でも土の高さや範囲・位置などは 間違ったまま過ぎて 鉄筋を組見始めて 違うぞ!!っとなると 鉄筋作業を中断することに成り強いては職人のモチベーションを下げてしまう。

 

そうなると結果綺麗な配筋が完成しにくい。 

我々が設計事務所と違う最大の武器は、職人さんと直接交渉でき 直接指揮をし 鼓舞できるということだ。 これができるということは出来上がりの言葉では言えない強みが、必ず存在するとソレガシは思っている。

 

昨日、 思い出したかのように ソレガシはチェックの必要性を直感で感じ現場に向かった。。。。 深さや写真工程の確認 人通口の基礎掘り込み補強の位置などをチェックした。。。(汗)案の定一つ 掘り込み位置が違っているではないか・・・・。 

良かった。。。 (自分の直感を惚れ直す(笑))

 

写真も防湿フィルム貼り全景と重ね代の確認が忘れ去られていた・・w

「補助金を貰っているので 頼むわ!!」と言いながら 自分で撮影。。

 

会社の仕組みのプロセスを明確にするという観点から チェックポイントのフォーマットをいずれは作らなきゃなぁ・・・・っと自分へのメモに残しておきます。。さぁ・・・忘れないうちにソレガシも監理報告書 これからつくろ。。



aokazu0319 at 09:47コメント(0)家造り この記事をクリップ!

2011年06月13日

おい。御上よ。。

先日から夜になると咳が止まらず 横に成ると尚更気管支が縮まるのか?苦しい。。。 また発汗して呼吸が荒くなる。。 「あぁ死ぬな・・」って素直にへたれなので思ふ(笑)流石に今日医者に行った。。。 客が其れがし1人だったが すいてる方が良いので 周りの評判なんぞはどうだって良い。。お医者様には 「風邪だな・・」の稀少で尊い一言を戴いて・・・・またたっぷりの薬を戴いて「薬剤治療と医療負担」について思いを寄せながら帰宅した。

昨日の「薬師の家」見学会 多くの方のご来場有難うございました。 「ひっそり」がわが社のテーマですが結構お見えになったので 奇跡だと感じていますw

 

SII「環境共生イニシアチブ」という補助金が希望のお客様がお見えになる。 そのため先日説明会を聞きにいったのだが いささか御上にモノ申したい。 「天下一様」(天下一の画数が8画なため8代将軍吉宗を指す)のころの目安箱はないのか・・・? 省エネナビを設置しなければならないという条件がある。その条件に省エネルギー機構という団体のサイトに掲載されている省エネナビで選ぶこと・・・という条件だ。

また他の説明を読むと 条件ではないのだが エコキュートがどの位一年間でエネルギーを消費したのか?が解るように報告しろ・・・とある。報告するためにはh一年間の使用量が監理出来ないといけない。。。。 では監理できる省エネナビは・・・と探すと・・沢山載っていてもPanasonicの一つしか監理出来ないのだ。。。 他にも専用電源にCTをかませて消費電力を測ることが出来れば良いので 方法はなくはないが 省エネナビを二台とか設置することに成り 結局 金額がかさみ本末転倒だ。。。 これって独禁法には 抵触しないのか???

 

 

まったく世の中は歪んだ世界だ。 

 

 

 



2011年06月08日

器を磨く

ついに来たか。。

いつかは来ると解っていながら 結婚したのだ。

 

・・・働く女性と結婚するということは 家事や子育てを協力しなければならない。

しかしながら 今 ソレガシは人生でMAXに時間が無い。

やってもやっても 仕事は減らない。むしろ毎日・毎時間増える。

 

やれていない仕事の量により 押しつぶされそうな感覚に成る。

けれど・・・ 妥協はしたくないのだ。。適当に事に当たりたくないのだ。

「100%納得した施工事例は出来ないよ・・」と誰かに言われても

98%までは出し切りたいのだ。 

 

 

死んでも・・・まぁーしゃーないのだ(笑)。 

正直人生は苦の連続なのだ。

 

「生苦」といい釈尊曰く 「生きるために食べんがための苦しみなのだ」

 

其れを選んで 生まれてきたのだ。

ソレガシの設計した家で、縁あるお客様が幸せになることこそが 唯一の生きがいなのだ。

 

 

昨晩帰ると 2人のやんちゃな息子の子育てに疲れたのか 非常に機嫌が悪い彼女がいた。

私もいっぱいいっぱいだし・・・体調が悪く咳き込み 声も出ないので それ以上機嫌をとるなどはしなかった。。ただ機嫌はとらないが 食器などは洗うという行動をとってしまう。。。 取りたくはないが 取ってしまうのだ。。 仕事をし仕事を辞めたくはないと感じている女性と結婚した場合必ず起こると確信していた。

自分たちは大丈夫なんて思いが少しはあったかもしれない。。

飲みにも 遊びにも行かず。。タダタダ家づくりを日々するソレガシが彼女と修復するためには何をしたらいいのか?解らない。  そして解ろうとする時間もない。 タダタダ人生の不条理を噛みしめながら 前に或る仕事を良い仕事で終わらせる。 これのみである。

 

 

所詮それしか出来ない器なのである。

ざらついて 武骨で 華やかさのない 器は 使って磨いて磨き倒して 

漸く 味と深みがでる。  それまで精進しかない。

 

 

 



略歴
コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)