2012年01月

2012年01月27日

スマートハウスと国家百年の計

昨日も書いたスマートハウスの件ですが・・・

(最近ソレガシの頭はこれが占める)

各社ハウスメーカーを比較してみると 家の断熱性能や気密性能について

謳っているところはなく スケルトン・インフィルや家族的な繋がりなどの ソフト面

である設計についてやエコを家電で賄うような HEMSシステム等の設備についての

ハードな話が大半を占める。

 

 

住宅性能抜きにして 語ること自体 へそで茶を沸かす

 

しかしながら ハウスメーカーのS×L(エスバイエル)をヤマダ電機が買収したり

トヨタがミサワとトヨタホームでスマートハウスに 電気自動車の充電機能などを

謳う以上 70年近く家づくりしてきた わが社としては 街の一介の工務店として

見過ごすわけにはいかない。

そこで ソレガシは主にスマートハウスの主要ハードである 

蓄熱リチウムイオン電池  太陽光発電  HEMS 高効率給湯システムなど

のハードな部分を早速お客様に明確にご提示出来うる 努力をすべきだと判断するに

いたり・・・・どうせ導入するならデザインなどのかっこいい奴!!という趣旨で

探し当て メールでメーカーに直接アクセスして物事を進めている。

 

 

電力を造りだすのには エネルギーが必要です。 

エネルギーを造るのにエネルギーが必要。

 

地球上には引力・重力と言うものがございます。

高いところから物が落ちればスピードは加速する位置エネルギー。

温度差でも気圧差が起こり風が起こる 風力エネルギー 

 

月の引力による 塩の満ちひきによる波エネルギー

太陽からの恩恵である 太陽エネルギー 

人間が食物を食べてカロリーを消費するエネルギー

また地球上の太古の生物の成分から抽出されているといわれている 石油

それらが石化した 石炭 また太古の生物の成分や自然が生み出す天然ガス

植物などの発酵とうでのバイオエネルギー

核分裂の際にでる原子力エネルギー

 

 

これだけのエネルギーを母なる地球から頂いているのに これらを当たり前だと

想い経済活動に使うこの世の仕組みを変えることが 誠のスマートハウスに

近づける一歩だと思うのであります。

 

 

誠のスマートハウスというのは

断熱力を向上させ 気密力を高め計画換気をして エネルギーのロスをなくす。

 

そして屋根・壁には太陽光で発電する仕組みを取り入れ

床や階段を歩くと発電し それらの電力を電力会社に売ることなく使用できるよう

にして、 そのエネルギーで給湯をして 食材は家庭用処理機でエネルギーに変換する。

 

 

地域ごとに開発して同じスマートハウスの団地ならば 余剰な電力は地域の公民館や

学校などに コージェネレーションする。 

電力会社は電気を生産するのではなく その仕組みをマネジメントする会社となる。

 

 

エアコン切り忘れたらスマートフォンから消せるなんて機能は不要で 設定温度になったら

サーモにより切れて 設定温度以下で再稼働させる 緩勾配運転で基本的なコストを

押え 基本的に主電源はOFFにしない。

 

石油やウランなどを フランスやアメリカなどから買わなくて済ます。

防衛軍事力を保持し それらを保持出来うる国民の思想的教育・倫理宗教観念教育

を行い独自の日の本の国を造る。

 

エネルギー購入に使っている 税金は社会保障につかい 

森林や水資源の自国の確保に使い 国民総出で生産したエネルギー

水などを輸出する。

 

対外貿易摩擦は輸入する必要性を 日のもとの国自体から無くし 

代わりに貨幣制度自体から 独自に脱却し ODAの代わりに

日本の輸出黒字を諸外国に低金利で貸し出す。(日本以外は貨幣制度)

 

そんな世の中なら憂いが無くて済むのになぁ…っと妄想して暴走してみる

っが・・・・ 意味無いので仕事に戻ります(笑)

 

 



2012年01月26日

スマートな生き方

スマートな生き方・・・

ソレガシは自分で目指すところがあります。

それは、スマートに生きたいということ・・・。

 

 

スマートな生き方の定義とは・・・ワタクシの解釈では

・人の芝生を青く見ない

・不平不満をグッと我慢 我慢は美徳である

・まじめに働く

・金はなくとも 心は錦

・武士はくわねど高楊枝

・神仏や自然に畏怖し敬い尊ぶ

・動作は動と静の組み合わせだ

・動作は最後まで末端神経をつかい 重いものは軽く 軽いものは重々しく

・食べたいもの美味しいものを食べすぎず 貧食を心がける

・ここぞ!と言うときは 金を惜しみなく注ぐ

・相手の気持ちに自分の感情を寄せる

・執着しない

・煩悩を絶つ心がけを忘れない

・勤勉に励み 自尊しない

 

 

このぐらいか・・・。

 

 

しかしながら 住宅におけるスマートハウスのスマートは ちっと違う。

このスマートには「かっこいい」という形容表現しか連想されない。

それとも余分なFATがない・・スリムだ・・と言う意味か?

 

 

来年度からスマートハウスやゼロエネルギーの住宅に補助金が出ることになった。

 

・・・がゆえに ソレガシも上記項目を満たした住人が住むのがスマートハウスだ!!

・・・などと 頑固おやじみたいな発想を取りやめて 自社の仕様を詰めたい。

 

っと言う訳で 早速仕様作りに取りかかった(笑)

 

思想だけでは生きていけませぬな・・・ 

 

 

  

 

 



2012年01月25日

1と3のハザマ

昨晩9時頃 10年前のお客様からお電話を戴いた。

エアコンにエラー表示が出ているということだ。

早速今朝8:00にお伺いした。

 

ちなみにこのお宅は親父の設計で「FPのイエ」  

入っているシステムは三菱の第1種換気 

熱交換システムのエアリゾート

 

私が設計するようになってからは 第3種を選択し始めている。

例え第1種だとしても シンプルなものを使うようにしている。

 

 

実際お客様と接客させて頂くと ハウスメーカーでの打ち合わせ経験が

あるお客様は、特に第1種の熱交換に魅了されているケースがある。

確かに言葉で聞くと 暖かい空気と冷たい空気をシンクロさせて

熱を伝えると 運転コストの補助に成ることは頷ける。

 

しかし 熱交換は暖かい空気と冷たい空気がシンクロするので温度差が発生する。ここで室内の水蒸気を伴う空気温度が外気からの温度に冷やされるために結露が生じ カビが生じる原因になる。強いては室内の空気環境に経年変化から影響を及ぼしかねないので 私は第3種に変更した。

第1種熱交換を選択しているOB施主様には こう云ったメンテナンスや点検でフォローしていこうと思っている。  さらに最近換気システムのメーカーを変更しようとしている。これは部材を単一部材で購入できるメーカーのため 外部のフードが気に入らないとか・・・内部のガラリが気に入らない・・・などというデザインにも、追従出来るようにするためだ。

 

第3種と第1種の狭間で揺れているお客様も見えると思うので

換気小冊子を健康と併せて 造っていきたいと思っている。

 

 

さて・・・・やることいっぱいで 鼻血でそうだな。。

 

 

 



aokazu0319 at 14:00コメント(0)家造り この記事をクリップ!

2012年01月23日

SII 大日比野CUBE

 おはようございます。

昨日はリフォームのお客様の相談を受けること以外は思いっきりフリーでしたので

子供たちを連れて 公園に遊びに行ってきました。

ダイエットのお陰もあり 痩せては来ましたが 

かくれんぼをしても なかなか身をカクセレルところはなく・・・

 

ソレガシは忍者は無理だな。。っと

痛感したのであります。

 

さて 今をときめく経済産業省のもと 「財団法人環境共創イニシアチブ」通称 S I I とよばれる団体があります。 ここが住宅の高効率エネルギーシステム導入に補助金を出すという事業を国のかわりに やっております。

この一宮市浅井町の完成施工物件は このS I I の補助金採択を受けておりまして  前日までこの補助金申請兼完成報告に追われておりました。。しかしながら ようやく完成報告もでき安堵しておる状況であります。

 

DSC01719

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外観はCUBEというにふさわしいほどのCUBEなのです。

 

エコキュート エアコンの効率が高い機器を選択し 更にFPパネルも次世代省エネ基準からエネルギー削減が見込めるということで、FPパネル断熱材およびサッシなども 1/3の補助が出ました。

 

DSC01705

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内部も造りつけ家具や IKEAの洗面など

 

DSC01708

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まんず・・みどころも多いと思いますので 

2月4日・5日の2日間見学会にご予約お申し込みお願いいたします。。

 

 

・・・・お願いいたしますとはいっても

まだ申し込みフォームが出来てませんので 近々ホームページで準備いたします。

 

 

 

 



aokazu0319 at 08:54コメント(0)家造り この記事をクリップ!

2012年01月19日

長男イズム

世の中で長男は結婚対象としても敬遠されるそうです。

今日はうちの母親は簡保の日帰り旅行に行きました。 オヤジは病気で運転も 勿論記憶も脆弱なので 私が朝 昼 夜 と一緒に過ごします。

今日 夜 お客様と打ち合わせがありましたが、スタッフの金ちゃんにお願いしました。



息子達に 凄く会いたいです…
しかし、いまの仕事量や両親のことを考えると、選択肢はありません。


長男イズム



本当は後世に残すべき大切な
考え方なのに…




aokazu0319 at 10:22コメント(0)思想 この記事をクリップ!
略歴
コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)