2015年02月

2015年02月28日

FAX

本当に様々なFaxが毎日毎日くる。
メールも来る。
断りもなしに・・・w


誰もこの時代をおかしいと思わないのだろうか・・(笑)
(むしろ お前がおかしい!といわれそうですが・・)


くるFAXは 概ねコンサルか融資だ。


私は借金は嫌いです。


返すのが嫌なので・・・


借りたものは返さなければならない。。。
という 概念に支配され心が不安になるので
借金してまで設備投資して会社を運営したり
しません。


そこまで する必要性も今のところ見いだせません。


・・・・あんまりかくと 経営者失格のイメージを
拡大させるだけなので ここまでに留めますが。。



融資も「貴社は○○○○万円までの承認が下りています」・・とか
勝手に 突っ走ったFAXが流れてくる。。。
街金じゃないけれど、ユダヤ陰謀論じゃないけれど・・・
金貸しは世の中で一番強いのです。。
金貸しより 上位に意識を置こうとする場合
お金を借りない・・・必要としない事ですよね。。


あと・・・コンサル?


これはめっちゃ嫌。。


人の「会社の経営が不安」という 不安を金に換えるものだ・・・
という偏見が私にはこべりついています。。

一応・・・偏見かも・・という認識はあります。


最近でも「○○○」に加盟しませんか?一緒にやりませんか?
犬山地区では御社だけです・・とか・・・
うんざりするFAXしかありません。



たまには 「青ちゃん 愛してる」と
誰かに言ってもらいたいので 
そうゆうFAXとか来ないか・・・と 毎朝
排出口を覗き込んでいるのです。。。


でも・・今のところ どちらさまからも
いただけてはおりません。。



2015年02月26日

思考アウトプット

新しく資料請求時に入れるツールを再作成してる。
考え方が変わった詳細な部分。
これからの展望・・・を付け加えています。

まぁ・・・展望っつったって 信長の野望じゃないので
大した展望じゃないですが・・(笑) 

けれど「自分」っていう
建築を通した人間が

どんな形でお客様と接していくか。。
どんな風にスタッフと過ごしていくか。。

今回このツール作成にあたり
思考をアウトプットすることによって
自分自身 「ああぁーーー!そうか!俺!」
って(笑)・・・
思うこといっぱいありました。。



DSC03622




















私は信長ではなく 
信忠・・・・いや 
三代目なので秀信なのでございます。
(結局信秀は関ヶ原前哨戦で西軍について 
 負け岐阜城を明け渡し 出家しますがね。。w)



「継ぐ」という一見 
社会一般的にみたら、
この価値観は短絡的に

「甘えてる」
「恵まれている」
「ボンボン」wなんて
見られがちです。。


でも・・・・

実際 継ぐという心は並大抵の悩み苦しみでは
出来ないんです。。 
それは社会的に「甘えだよ」と一蹴されてしまう
ぐらいの儚い小さな感情の毛羽立ちかもしれない・・・


けれど当事者本人たちの心のウチは
 「自分」というものと
戦いつづけるカルマを背負うのであります。



カルマから端を発したその葛藤や不安や恐怖・・・
そして今に至るまでの「愛」
心の感情・・・すべてが今の形を形成している分子。


これを纏めました。


アウトプットしていく中で 再度文章を読むと
色んな事が思いだされます。。
親戚や周りから 「三代目は危ない」 と言われ育ち
心の傷を自分で舐めてきた様w・・・

親戚の中でも 

おっちょこちょいで 
ドンくさくて 
涙もろくて
成績が悪くて 
運動神経も悪い・・・
でも・・口惜しくても、どうして改善したら
良いのかも解らず流される様・・・(笑)


高校時代のスタッフ金ちゃんや
外構・植栽のグリッタ小池との出会い・・・


現場監督サラリーマン時代の 

型枠大工とケンカしてハンマー飛んできたこと

職人が突貫現場で 入りすぎて 
仮設トイレの処理がおっつかず 汚物があふれ出して
カッパ来て1人で地下ピットを掃除したこと・・・w

コンクリートをマンション時代打設し 
型枠をばらしたら猫の死骸がでてきて
冷や汗かきながら処理して供養したこと・・

マンションの反対運動住民に囲まれたこと

大学卒業して1年 スコップや道具・掃除しかさせてもらえず 
体重が10kg落ちたこと
とか・・・(笑)



本当・・・人生は面白い。。





コレカラは 
一緒に同じ思いで働く
スタッフが 気持ちよく過ごせる状況
を尽力していきたい。。
コレカラは設計や施工をスタッフがやっても
「何故?家を造るのか」という問いを自問しながら
お客様の感情や生活の変化に寄り添う役目に徹したい。



三代目の美学
秀信なりの美学があるのだと思います。。

↓織田秀信について
http://senjp.com/sanboushi/



aokazu0319 at 10:55コメント(0)青山建設 この記事をクリップ!

2015年02月25日

意味・意義

今日火曜日のプレゼンの日だった。。

何とか夜なヨナ 夜なべをして 本日ご提出と相成り申した。


そこでお客様とお話をした内容が自分でも
心に留めておきたいことなので書いて記録に
残しておこうと思う。。



お客様は今回その土地を買うか?買わないか?を迷われていた。。
でも金額的に詳細な見積もりや資金計画 また間取りやデザインを
確認せずには土地を購入出来ない・・という感じだったんで
今回は特別・・・水泡と化すかもしれないけれど プレゼンを惜しまず
こなすことにした。。。


その中でのお話。。。


実際家を建てるってのは どうゆうことなんだろう・・・・って。。
賃貸ならばメンテナンスの煩わしさも薄れるし ローン払うのも
家賃払うのも大して違いはない。。
自己所有の権利書により 税の負担は増すだけ。。
実際家を造るって どういう意味なんだろう・・・って。。。



僕の考えは 家を造ることで 腹をくくることです。
とお答えした。

幸せを造る腹を括るということです。。


実際家を造っても 夫婦や親子がケンカが多くなったり
不安や恐怖が増えたりするのなら 家をつくる必要は
ないです・・・。っと・・・


僕は家を売りたいわけでも
自分の思考した設計を作りたい訳でもありません。。。




問題の本質は 幸せだと感じる土壌を作るプロセスにあります。
幸せだと感じる権利は自分自身しかありません。
他人が良いと思ったことでも 自分が思わなければ幸せにはなりません。
その幸せを感じる心を身近にいる人間ですり合わせをするプロセス。


それが家を造る意味です。


綺麗な空間も
おしゃれな空間も
流行の空間も
時代が過ぎれば 物質的には錆つきますが

其処に住む人間の心が伴った時 不変の領域に
入っていくのだと感じています。。



「是非建てましょう・・・って言わないんですね」って
お客様は仰るけれど 建てても幸せを感じる土壌(所謂終の棲家)
にならないのなら・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本音は其れでも建てて欲しいけどね(笑)


DSC03621






















DSC03617
























DSC03618




















本当は建ててこんな感じにしたいんだけどね。。








aokazu0319 at 00:00コメント(0) この記事をクリップ!

2015年02月24日

黒板塗料とマグネット塗料

最近黒板塗料とマグネット塗料の引き合いが多い。
どちらもネットで購入して塗るのだが・・・
またこれが結構値段が高い。


DSC03616



















緑の色部分が黒板。
その下にはマグネット塗料が塗られている。。


実際この壁2枚分で60000円ぐらい材料費が掛かる。

一応ふれこみはマグネット塗料がA4 4枚ぐらい留めつけれます。。的な
事書いてあるけど・・・実際は1枚ぐらいのくっつきしかない見たい。。
それでも小さいお子さんが落書き出来たり
カフェみたいに旦那さんが今週末の休日に作る夕食の
メニューなんかが書いてあったら 素敵だ(笑)





aokazu0319 at 22:08コメント(0)家造り この記事をクリップ!

健康住宅への愚痴

昨晩は夕方から瑞浪市の健康工房で足裏施術と足圧リンパ施術の予約を入れていた。
ギリギリまで仕事を事務所でしてあわてて高速に飛び乗った・・・

(もうすぐ瑞浪だな・・・)


と1人車内でつぶやいたにも関わらず・・・


通り過ぎて 恵那まで行く。。。






疲れてる・・ね。自分。。



しかしながら体と心のメンテナンスについては一冊の本
が書けるぐらい色んな事に出会うことが今までできてきたなぁ。

足裏・足圧
心の心理カウンセリング・・・
腸もみ
断食(食事療法)
・・・・・・・・・


端的に言えば
「こころ」の状態で 細胞は変化し 病気の原因を
作り出す。 こころが満たされなかったり ストレスを処理しきれなくなると
食べることに執着がでる。 食べ物の内容が消化臓器に負担を与えるような
食べ物になってくると 造られた原因は改善されず 染色体のテロミラ配列を損傷しながら
細胞を破壊→再生を繰り返して体内に取り込まれたモノを処理しようとする。

また心の影響を受け腸の細菌にも変化が起き
体内からの処理能力(いわゆる免疫)が低下していく。。

心は常に自分で愛をそそぎ
満たされた感覚を忘れず
口にするものは 自然のまま 野菜と果実を
主において 心静かに・・・生きる。



と腸内も活性化して 
生命力が上がり 
断食を入れて 臓器を休ませ
テロミラ配列を修復する。。



これが健康の秘訣。。

これが難しくて出来ないもんだから・・
脂っこい物や甘いもの お菓子やお酒
嗜好品を辞められないもんだから・・・

せめて家の温度差を無くして 
脳・心臓への負担を軽くしてあげる・・・というのが

健康住宅の真実話。。



世間は皆・・・
「快適なお家が健康になる」とか
「家の性能と健康は比例する」とか・・・・
消費者に家を売りたい!!・・・という心理をベールで包むために
「健康」の二文字を使う。
お得意のマーケティングに踊らされるメーカーと工務店・・・

詐欺と≒(ニアイコール)です(笑)
儲かるのは怪しい何処かの大学の教授だけ。。。


これらは 僕の目には不思議な怪奇現象としか映りません(笑)




aokazu0319 at 09:49コメント(0)家造り この記事をクリップ!
略歴
コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)