2016年07月

2016年07月30日

コスモロジー

中々  Blogを更新する余裕がありません。

建FPパネルの割付図や構造PC図チェック…

官公庁の入札…その他諸々。。  

妻の職場で飲み会や懇親会などが重なり
子供達と一緒に夜過ごしたり。。  などなど・・・

通信の課題もやれてない状態。

そんな中ですが・・・隙間に 少しづつ  
前回のスクーリングで知った
ルイス・I・カーンの設計構築思想をに関する本を読んでいる。





「リアライゼーション」と呼ばれる 
彼のデザインに至るまでの思想背景を
探求したくなった所以です。



彼曰く

「我々は物質であると同時に精神、精神であると同時に物質である。我々は我々の世界に縛られる。我々は我々の世界にあって、知の隙間から「永遠」を垣間見、感じ識るが、これを決して知りえない」

物質と精神は、互いに相手を必要としながらも、大きく深い淵で隔てられている。それは、相隣合って接しながら、その間の距離は時として無限に遠い。その二つを結びつけるのは、時として偶然と呼ばれ。時として「お告げ」と呼ばれる知の隙間からさしのべられる永遠の手助けである・・・とするこの結びつきをカーンはリアライゼーションと呼ぶ。



人間は、計りえない実存としてこの世界に誕生し、計りえる実存となりきって死ぬ。いまだ計りえない実存を内側に抱え続ける限り、いまだ計りえる現存によって規定され尽きない限り、人は死なない。
デザインもまた、計りえない実存(Dasein)として精神の中に立ち現われ(Form)、現存の世界で規定されつくして終わる(Shape or  Design)。
「建築」Architectureは、精神の中に立ち現われ、現存の世界の法(Law)と規則(Rule)と人倫(Institution)に従って、建築作品Works of  Architecture として建立される。



物質と精神の間に横たわる深淵こそ、すべての宗教と芸術の存在理由である。この信仰と芸術なくば、この深淵に決して橋はかからない。科学もまた1つの信仰である。  物質と精神と永遠が回劫する一点に、芸術の聖域(sanctuary of Art)がある。 そこは影の宝庫(treasury  of  shadow)である。




ルイスカーンの宇宙論(コスモロジー)



カーンは50才過ぎてから名が通った建築家だ・・・
こんなことばっか考えてるから・・・進みが遅かったのかと、
自分と同じようなこと考えている彼を 愛して愛してやまない。


もっと彼について知りたい




aokazu0319 at 08:42コメント(0)建築家 この記事をクリップ!

2016年07月25日

ヤナtuile3




ヤナtuile 基礎 配筋検査でした。
配筋は(財)日本住宅・木材技術センターの「木造住宅のための構造の安定に関する基準に基づく横架材及び基礎のスパン表」という許容応力度計算しない軽量な木造住宅なんかに使えるBibleみたいな教科書にて 基礎立ち上がりや耐力壁線で囲まれた範囲の距離や上部の荷重が鉛直から伝わる柱間距離などにより 鉄筋の径やピッチ(間隔)補強筋についてを決定しています。



明日は雨なので 生コン延期っぽい…
晴れても気温が35度だと 打設したくないので 午前中から30度までに、 打ち終わりたいっつーのが本音。





生コン打ち終わったら 固まりきる前にレイタンスの除去。締め固めは2度締め。



2016年07月21日

偏心

ここ3〜4年は忙しくて、物件も重なり軸組計算を外注していた。
今回「ヤナtuile」では久しぶりに、自ら計算した。

久しぶりに建築士免許を使った感がある(笑)……とはいっても  足したり引いたり 掛けたり割ったりと 小学生でも出来るようなことしかしていない。






もう既に建築学会が 一般ピーポーの為に足したり引いたりの程度で簡易に計算出来るように工夫された確認の計算方法があるのだ。


建築基準法 施行令や告示で示される  
壁量計算、四分割法、剛芯、重芯からの偏心率  引き抜き耐力計算。。


久しぶりに自らした(笑)
偶にはチェックだけじゃなく、自分でやらないとね。頭錆び付く。。


今宵は通信の課題
磯崎新さんの似顔絵スケッチナウ、




うーむ…
あんま 似てない…



aokazu0319 at 23:09コメント(0)建築 この記事をクリップ!

2016年07月20日

香り立つ今日

濃茶点前。




少しづつ  お茶にお湯を注ぎ 練っていく濃茶は立ち昇る湯気と共に お茶の香りがたっていく。


お茶を点てているとき

自分が確かに 此処に存在し
生きていることを認識する。
未来や過去に意識を引っ張られず
今、この瞬間だけに 意識を集中する



それが御点前に存在する意義だ。






壁を構成する土も藁も。





漆喰も。





木も。自分達人間も。

全ては 「今」を構成する
地球の一部でしかない。


今の連続性は死を迎えるまで
続く。。。

今の心を律すれば 佛に近く
なりにけり…其れ、念佛の為せる処なり



2016年07月18日

受け入れられたら、アンビルトでも

気にいってもらえて良かった…
正直ホッとした。

気にいってもらえれば
正直アンビルトでも いいやー(笑)ぐらいの気持ち。。




プラン全体の主旨も ご理解頂けた感じだし 良かった良かった。。







さぁ、次のプレゼンは今日依頼があった 東区だ。。  あっ!  その前にマジでアンビルトな三重の物件があった(笑)





aokazu0319 at 14:53コメント(0)家造り この記事をクリップ!
略歴
コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)