2018年01月

2018年01月21日

鵜沼城の麓にて

「ウヌマノイエ」

プレゼン作成。


0A9A310F-3546-4959-AC34-4630225E32CF



BFC5872D-74BB-459F-9A62-84ACFEB0B5C2



AE008A3F-5A70-4993-92B0-4A6728AB14EB




これは絶対に良い空間になる。
楽しみだ。




aokazu0319 at 21:05家造り この記事をクリップ!

2018年01月18日

悪ふざけ

山鹿義矩は素行

夏目金之助は漱石

勝義邦は海舟

森林太郎は鴎外

小林一茶は逸翁



雅号が流行ったのは
一昔前。



だからこそ
新しい。



今日から「緑水」に決めたり(笑)

photo_editor_1516268182864
  


画とか書道とか
忙しくて出来ないので
当分の間 建築模型に押印します(笑)


人生に落款を押す楽しみが増えた(笑)

aokazu0319 at 18:37芸術建築 この記事をクリップ!

2018年01月17日

栄螺

「穂屋香炉」「五徳」「三葉」「一閑人」「栄螺」「三人形」「蟹」 見立てで蓋置にした代表格。

年末の渥美半島への旅行


胃腸炎でなにもせず部屋で寝ているはめでしたが、どうしても欲しかったので、フロントに栄螺の殻を欲しいと頼んだ。


しかも裏返して自立するやつ。。




食べられないのに
栄螺料理注文して
妻に「あーあ」って言われたのは
言うまでもない。



漆と金を中に塗って
自作します。


40


aokazu0319 at 09:38お茶のこと芸術 この記事をクリップ!

2018年01月16日

主夫上々

スープカレー

上出来。



妻の仕事が最近遅い。
毎日夕食作ってる。


葉物野菜が高くて買えないので
根菜でなんとか(笑)


photo_editor_1516110831164



aokazu0319 at 22:57料理 この記事をクリップ!

2018年01月09日

茶会知識の幅広さ

「春入千林処々鶯」
表千家家元で初釜の軸として飾られてから、初釜専用みたいになっちゃった禅語です。

 本来は
『春入千林処々、秋沈万水家々月』

(はるせんりんにいればしょしょにはな、あきはばんすいにしずむかかのつき)



 
44


春も秋も森羅万象 
佛の摂理は働いている

という趣旨。
その本来の禅語を千家三代目宗旦が鶯とか入れちゃって、変えちゃったらしい。


椿の蕾や結い柳も新春。


31


棚は八景棚。
表千家13代 即中斎の考案らしいですが、使い方を誰にも伝えずに亡くなったとか。。


炉縁は「欲しい!」と思った
七宝繋ぎの蒔絵。。

七宝繋ぎは


Sippou_tunagi


こんな文様。。

覚えることいっぱい
茶は奥が深い。



aokazu0319 at 19:00お茶のこと この記事をクリップ!
略歴
コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)