2018年05月

2018年05月25日

通風輪道案。

アンディゴールズワージという自然の中で自然にある現象や素材を使って作品をつくる現代アーティストの寝食可能なアトリエ。

幾つかの敷地の中からインスピレーションで、ピックアップして、その当該敷地の風土を読み取り、設計するという…


アンビルド(仮想設計)スクーリング事前課題めっちゃ難しいやんけ。



スタディ案を3案。
そのスケッチ、模型。



コンセプトレポート。



2日間、朝から晩まで机にかじりついて、漸くギリギリ今完成。



KIMG0850
KIMG0844
KIMG0846
KIMG0848
KIMG0851
KIMG0849
KIMG0847



疲れた…寝ます。
明日早いし、明日からまた2日間。
飯も食わず、誰とも話さず(笑)
みっちり建築三昧なので。




aokazu0319 at 23:46建築 この記事をクリップ!

2018年05月20日

犀の角

自分が信じる道と社会とのズレ。

これにより 幾度となく
押し寄せる焦燥感と寂寥感。



そんなとき
自分で自分を勇気づけ、暗示をかける。




(四方のどこにでも赴き 害心あることなく 何でも得たもので満足し 諸々の苦難に耐えて 恐れることなく 犀の角のように ただ独り歩め )



スッタニパータという、スリランカやタイに伝わる南伝仏教の大蔵経という経典の中に。その有名な〜犀の角のようにただ独り歩め。という一節があります。


一文だけでなく、沢山 犀の角〜で締める教えはあります。



(仲間のなかにおれば、休むにも、立つにも 行くにも、旅するにも 常に人に呼びかけられる。他人に従属しない独立自由を目指して、犀の角のように、ただ独り歩め。)


(仲間の中におれば、遊戯と歓楽とがある。また子らに対する愛情は甚だ大である。愛しきものと別れることを厭いながらも、犀の角のようにただ独り歩め。)



(あらゆる生き物に対して暴力を加えることなく、あらゆる生き物のいずれかをも悩ますことなく、また子を欲することなかれ、況んや朋友をや、犀の角のようにただ独り歩め。)




自分を奮い立たせるため
スッタニパータを口ずさむ。





aokazu0319 at 11:52心理 この記事をクリップ!

2018年05月11日

とつとつ

KIMG0824

師匠宅の玄関に掲げられてる扁額。

「咄々」。
咄々人に迫る。
という芸術や書を驚愕して褒め称える。という部分から抜き出してあるとおもいます。

岩田洗心館の岩田さえちゃんのお祖父さんかひい祖父さんか忘れましたが、書かれたものらしいです。

4月も5月も殆んどお稽古に行けていません。画像は寂しくお月謝だけ支払いに今日師匠宅に伺った時のもの。

本日も妻が残業のため、子供を迎えに行き宿題をさせ、習い事におくりだし、買い出しをして、夕食の準備。。。。洗濯物取り込んで畳む。。。


さらに週末の打合せの準備。。。。




(  -。-) =3はぁー。
っう感じ。



妻は時短で3時半上がりの筈ですが、組織に属しているので、嫌みや意味深なコメントも他のメンバーから言われるようで、殆んど3時半には上がれません。今日は夜遅くまでやるそうです。。


組織は難しい。

僕には無理です。



色々言うし、思うから
人間は。だから人間なんです。
不完全だから。



不完全な人間が、完璧を求め
寛容性を無くした社会だから
残業が無くならず、
子供がへり人口が減るのです。


働き方改革なんぞじゃ
何も変わらん。

宗教観念が無さすぎるの。



組織がムリな僕は、ジャガイモを
湯がいている方が向いてます(笑)



KIMG0826

親父のポテトサラダ。



安定のカレー。

KIMG0825



帰宅して食す妻








朝食とか、妻が準備してると、最近子供たちと自分の分だけで、大抵私のはありません(笑)


決して虐げられてる訳ではなく(多分)、彼女は素です(笑) 子供と自分のことで精一杯なんです。。

私も突っ込みはします一応笑いながら。。


勿論僕の分が有るときも当然あります。

最近余り無いですが。



私が作るときは
必ず妻の分もあります(笑)


愛情の深さに差があるだけ(笑)



しかしながら

「咄々(とつとつ)」は舌打ちして、

「ちっ」っていう意味もあります。






aokazu0319 at 06:49ひとりごと・・ この記事をクリップ!

2018年05月10日

とりあえず。

KIMG0822

KIMG0823



終わった。

良かった。とりあえず。


さぁ、模型や打合せ準備。。準備。。



aokazu0319 at 09:16現場のこと この記事をクリップ!

2018年05月08日

一応母屋までいった。明日は屋根仕舞い。

本日 昭和区広見町の家
建て方でした。が、

全て梁 ロープで手上げ、手運び。



疲れた。


雨が途中で降る予報だったので
早めに母屋までで作業は終えて
シート養生。



KIMG0818



狭小敷地で名古屋市の密集地。
幹線道路に面した現場。
色々勉強になりました。


KIMG0819


今日は僕も足袋をはいて作業。


KIMG0820



無意識に作業に没頭してると
知らないうちに腕や体のあちこちが
傷だらけ。


IMG_20180508_175951



疲れた。。。


四十超えての作業は
腰にも背中にも良くないね。


今夜は図面とか出来ないなぁ。
明日は残りの屋根仕舞い。
明日も1日現場作業っす。


aokazu0319 at 18:03現場のこと この記事をクリップ!
略歴

青山圭成

1977年3月19日生まれ。A型。日本大学工学部建築学科卒業。一級建築士・一級建築施工管理技士。趣味は歴史散策・歴史小説。

コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)