2018年09月

2018年09月30日

雑誌取材

KIMG1232
KIMG1231
KIMG1233
KIMG1234
KIMG1235
KIMG1211

住宅雑誌LIVEs別冊「すみごこち」12月発刊の取材が春日井市大留の家でありました。   最近文章関係や紙媒体の構成を頼んでいる麻衣子ちゃんも駆けつけてくれて、終止この物件でのストーリーブックのデザイン打合せも出来て、中々濃い時間を過ごせました。 施主様ご夫婦にもご協力頂いて、貴重なお休みの時間を頂いたこと深く感謝します。


aokazu0319 at 16:21家造りインテリア この記事をクリップ!

2018年09月29日

つきささる2

駐車している土地の隣人。
いつも僕を訝しげに見ている気がしてた。
多分僕の車とお宅の玄関が正面に向き合っているため、覗いていないか?とか…そんな感じで見ているのかな?って思ってた。


先日、次男と長女をお迎えにいき帰宅した際のこと。。。


降車する時に、隣人のおばあちゃんが、丁度出掛けるらしく我々と重なった。。相変わらず訝しげな表情のような気がした。


すると4歳の長女が「こんにちは」って元気に挨拶した。。



その瞬間に理解した。



(あっ…俺挨拶したこと無かった)と。。

急激に恥ずかしくなり、
今までの自分を悔いた。



おばあちゃんは、今まで見たこともない食い付き方で、娘に「おりこーだねぇ!」と誉めた。。  やはり挨拶出来てなかったことで、変人奇人カテゴリーに参入されていたものと思われる。


そのあと娘に「凄いね。偉いね。パパ挨拶出来てないけど、ななちゃん出来るねー」って誉めたら…


「保育園の先生に妖しい人がいたら、大きい声で、こんにちは!って挨拶しようって教えて貰ったもん。」

だって。



なんだか複雑なものがつきささる。


よく現場付近で小学生や子供にそう言えば挨拶されるなぁ…って思い出しながら。。



aokazu0319 at 23:03ひとりごと・・ この記事をクリップ!

2018年09月28日

つきささる



 長男が英会話教室の面々と、中部大学ステージで英語で歌を歌うらしい。
 昨晩、練習が必要といい、妻とyoutube で聴き込んでいた。


 「なんて曲?」と聞くと


What a beautiful  world だと言う。


それを聞きました私目が…

「純粋に美しい世界だ!って心から言える瞬間に出会いたいのに…歌なんかでなー」

と呟き終わるやいなや


「黙りなさい41才」


と言う妻。



(あぁ…いつの間にか垢が溜まって、摩れた中年に成り下がったんだなぁ…)と深く自分を見つめ直した。






aokazu0319 at 12:25ひとりごと・・ この記事をクリップ!

2018年09月27日

エンタルピー増大の理論。

24日は中秋の名月だった。
ベランダから眺める月が、まとわりつく雲を気にもせず、悠々と耀く。
長雨のホンの少しの隙間から。
鬱陶しい気持ちに少しの休息を与えたまふ。


長雨の鬱陶しさと同じぐらいに、陰鬱な気分にさせる貴乃花親方の話題。「切なさ」しか残らないこの気持ちは、ホンの少しだけ親方の気持ちに寄り添えている証になれば救いだが。。


どうしても譲れない「何か」により、きっと本人でさえ認識出来ていない、宿命というものが為せる外力により、周りとの溝が出来ていき孤独と焦燥感が増す苦しみ。

それは、いくらコメンテーターが評論しても、貴乃花親方しか解らない感情であり、責任感のない虚しいコメントで、耳障りなだけだ。。

そっと誰かが肩を抱いたなら、貴乃花親方が喜ぶことを一人でも実践してくれる誰かがいたならば、この陰鬱さはまた違ったはずだ。



どこの社会でもありんす。
相撲協会だけではない。
人間が集団でつくる無意識の心理は、時に計り知れない力で何かを圧迫する。そして集団にいる個体は無意識下における感情のままに自己を見つめる思考を止める。大方、罪の意識もなく、やってる方は深く考えていない。集団の恐さはそこにある。




建築業界の「必要悪」という、訳の解らない建前論の談合しかり、犬山の町衆による犬山に固執する犬山愛の執着性もしかり。。



もっと自由であればいいが
いかんともし難い。


親方は、もはや結果に興味はなく、運命を受け入れる心構えと、自分の大切な心持ちを守ることこそ、死を待つ感情の中で大切だと理解し、己を受け止める感情に至れり。
その退く心境に、他人が入り込む余地はない。




結果が全てではない。

幾つかの屍の上を越えて
物事は変革される。


いつか蓮の花は開くに違いない。


しかし、エンタルピー増大の理論に当てはまる考え方が親方の方だとすれば、それに賛同する僕も地球にとっては悪玉菌なのかもしれない。


aokazu0319 at 11:48ひとりごと・・ この記事をクリップ!

2018年09月22日

地震に強いFPの家

KIMG1193
KIMG1191

黒川紀章の吊り屋根
豊田スタジアムの構造システムに
圧倒されながら…
本日、FP の家 「豊田産業フェスタ」。



凄い人。


「断熱材のクイズで、お米が当たるチャンスでーす。」っていうフレーズを大きな声で何回も言った。途中自分が何を言っているのか、解らなくなりながら(笑)



イベントは盛況で
2日間で見込んでいたアンケートと配布資料は1日目で既に終了。。。

この中に一人でも
FP 工法に興味がある方が
おられますように。。





aokazu0319 at 21:17ひとりごと・・ この記事をクリップ!
略歴

青山圭成

1977年3月19日生まれ。A型。日本大学工学部建築学科卒業。一級建築士・一級建築施工管理技士。趣味は歴史散策・歴史小説。

コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)