2017年05月05日

鬼収まり

富山県立美術館

現在進行中のプロジェクト。
(終わりに近いけど…)
建築家 内藤廣さんの物件です。
今展示はないけど美術館の作られたコンセンプト自体を楽しめるとの事でGWk建築見に来た。



 






場所は富山市の富岩運河環水公園の北側にある。 最高に美しいロケーション。  いや…富山市自体 がどの町よりも都市計画が美しい。。流石コンパクトシティの異名を取るだけのことがあり 遠望の立山連峰と一体化した町。 





屋上は庭園になっていて 建物自体の日射取得軽減も配慮されている。美術館にはあまり無い開放的空間。 





様々な方がデザインした屋上庭園の遊具や、ネーミング、ベンチがセンスを感じる。
















欲しい建築の書籍がいっぱい…






細部の作りて感覚で見る 「収まり」も素敵。。かつ…難しそう。。



鬼収まり(笑)









コルビュジェの美術館図面集…欲しい。
サンタクロース くれないかな…水琴窟と一緒に。





あり得ない美術館  
というコンセプトらしく…
静かで厳かな空間ではなく、何かが湧き出てきそうな 図書館のような美術館。





aokazu0319 at 05:12建築  この記事をクリップ!
略歴
コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)