2017年12月07日

自分の事を無くすためには

一昨日の夜中から出発して、昨日早朝5時ごろから夜7時まで みっちりお寺で奉仕活動をしてきた。

携帯の電波も繋がらない
全く仕事の日常と縁をきり


損得勘定を考えることもなく
携帯が繋がらないので様々な
思考もはいりこむことなく


ただ一生懸命にお寺に参拝しに来た人々の為だけに集中して物事を頑張った。
寝れないし、疲れるんだけど 決して嫌な疲労感じゃなく、すっきりとした気持ちに最後はなれる。いつも行くと決めたのに、行く前は「めんどくせぇ〜」とか思っちゃう自分を恥じます(笑)




今を生きるためには
不安や心配を感じていては、いつも確認作業や思案に時間軸を支配され、瞬間を感じることができなくなります。



けれど、外部と遮断し非日常に一生懸命埋没すると生きている実感がいつもの数万倍感じることができる。


これは己の計らいを消し、自己をなくし、自分のことは考えず、相手や回りに起こる現象に100%集中して実践出来るがゆえなんだな。。。って思った。




いつか、携帯もなくし
自分の全ての時間や思考を司る頭、感情の心を他の誰かや、時間空間の一切の色に使える事ができうる環境になれたらいいな。。



そう思えた
確かな1日でした。

経験させていただけて
ありがとうございます。

aokazu0319 at 11:14思想 | 心理 この記事をクリップ!
略歴
コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)