2018年04月30日

父から子。

ひさしぶりに父と一緒に大浴場に入った。

両親を連れて家族で小旅行に来てる。

1525036100783

2011年にくも膜下出血で倒れた父は、一命はとりとめたものの、脳高次障害を伴い、新しい記憶は入らない。さらに意欲がなにもかも無くなり、デイサービスに通っているものの年々体も衰えている。



一緒に風呂に入るのはいつぶりだろうか?
益々体と頭が衰えていることを実感した。



新しい下着を持ってきても、古いのを来てしまい、ボディソープで頭をあらい、頭を洗ったか否か忘れ、見ていないと何度も洗う。髭反りは1度置いたら忘れてしまう。付きっきりじゃないと大浴場は彼にとって難しいのだ。



今、父母が旅行に行くときは 仲の良い近所のご夫婦と一緒に出掛ける。気がねない関係なので父の病状も理解してくれている。ただお風呂などはやはり限界がある。1度過去には他人の下着をはいて戻ってきてしまったらしい。。

必然的に部屋にお風呂があるときは、母が見ながら部屋で済ます事が多くなるらしい。




一緒に大浴場に入る。

簡単なことだが、息子にしか出来ない特権であるらしい。実はありがたいことだった。




僕の長男倫太朗と次男周平は、じいちゃんの手を取り湯船に入る父をどの様に見ただろうか??一緒に付き添い風呂から上がる姿に何を感じただろうか??

父から子、父から子へと連綿と続くこの縦の系譜に流れ行く情報。

「未那識」「阿頼那識」に溜まる前に癒す必要のあるこの情報を、彼らは感じてくれるだろうか?



大切なことは、父の建築を上回ることでも、73年ずっと低空飛行の青山建設を続けることでもない。毎日毎日「算盤勘定」中心に生活することでもなく。 自分の「死の瞬間」ばかり気にして仏教や仏道にとらわれることでもない。


僕の産まれてきた役目は、彼(父)の死の瞬間を確りと迎え入れて、往生への道を繋ぎ止めることだ。。強いて言えば自分以外の「死の瞬間」の安寧を願うことだ。



そう実感した。



aokazu0319 at 06:10Jrのこと  この記事をクリップ!
略歴

青山圭成

1977年3月19日生まれ。A型。日本大学工学部建築学科卒業。一級建築士・一級建築施工管理技士。趣味は歴史散策・歴史小説。

コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)