2018年06月18日

唯物化を避けたい

檀家さんへの説明会に、御住職に請われ✋出席した。納骨堂スペースのリノベ。


最初 「参加されるかた少ないよ」
って御住職言ってたのに、当日めっちゃ参加されてる。5、6十人はいた(笑)


緊張度合いが半端ない。

自意識過剰でファイトオアフライの防衛本能が人三倍高い僕は、白眼剥いて倒れそうだった。


大人数の前、しかも御住職の隣。阿弥陀さんの前。。しかも、机の前には(青山建設蠡緝充萃役 青山圭成)って会議室によくあるプラカードまで置いてある…


(ひさしぶりに俺、社長だったんたなぁ)って認識した(笑)すっかり独り技術者、デザイナー気取りだった自分を恥じた。



しかし、そんなに高額でもない工事だが、説明会しなければならない御寺の苦労も解ってなかったなぁと反省。勉強になりました。



参加された檀家さんたちは頻りに、後継者の意識の低さからなのか?核家族化なのか?墓の手入れまで余裕がないのか?

墓仕舞いをして納骨堂を使用する手段も念頭にいれているような食い付きかただった。。



やっぱり「祈り離れ」は確実に今の日本に横たわっている。やんごとなき実体なんだと痛感。。確実に中国共産党と同じ唯物論が蔓延り、所謂、死んだら終わり!が、人びとの心の中に徐々に浸透し、定着化しつつある。

まずいな。

寂しく、切ない話だなぁ…と。


そうおもいながら 
うなだれて
聞いてました(笑)



KIMG0865
KIMG0866



とはいえ、無事に カミカミではあったものの、工事説明も無事に終えたのでホッとしております。



aokazu0319 at 13:43現場のこと | 思想 この記事をクリップ!
略歴

青山圭成

1977年3月19日生まれ。A型。日本大学工学部建築学科卒業。一級建築士・一級建築施工管理技士。趣味は歴史散策・歴史小説。

コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)