2018年07月05日

レーモンド談義

マンションのリノベの打合せに、先方の御自宅兼事務所に伺いました。

御自宅兼事務所は某有名建築ユニットの建築家の方が設計した建物。書籍も出されるような建築家に依頼した方が、わたくしにおこえがけ頂けることすら、身に余る光栄で…ただただ恐悦至極なのです。


お家はpassiveを主体に、中々納まりもいい感じ。。ですが、何だか身に余ると言っておきながら、俺もやれる!!(笑)的な(笑)反骨精神みたいなのが沸沸と沸いたりして。


それより何より、住み手、施主様ご夫婦の情熱が凄い。各所でアイデアと住む工夫が創意が表現されている。


建築家の方より、先方ご夫妻の情熱に感服。




いい時間を過ごさせて頂けた。


まだまだがんばるぞ。僕も。
負けてはいないと自画自賛。



KIMG0892



ご夫妻の玄関にあったKAWAIの電子ピアノ。ちょうど欲しいと妻と話をしていたところだったので、いい出会いだった。


しかし、2階には更にこれを上回るピアノが置いてあった。


アントニンレーモンド。

建築家。



フランクロイドライトの弟子。


彼がデザインしたピアノシリーズだそうです。。レーモンドがピアノをデザインしてたとは知らんかった。

IMG_1300


この東海地方だと南山大学とか三重大学のレーモンドホールが有名。 我が地元 明治村にあるフランクロイドライトの帝国ホテルの現地管理を任されたのもレーモンド。



実は行ったことがないのだが、必ず行ってみたいレーモンド関係の場所がある。日光にある旧イタリア大使館別荘。これもレーモンドだが、なかなか素敵すぎる建築なのだ。



マンションリノベの打合せに行って、レーモンドについて話が出来るなんて(笑)とっても素敵な時間だった。


帰りには手作りバイオリンを頂けた。
何だかウキウキする1日だった。



しかし、いい建築やいい住宅は やっぱり建築人の腕も、勿論あるが 施主の情熱と器量とのCHEMISTRYなんだと、理解した。






aokazu0319 at 23:22建築家 | リフォーム この記事をクリップ!
略歴

青山圭成

1977年3月19日生まれ。A型。日本大学工学部建築学科卒業。一級建築士・一級建築施工管理技士。趣味は歴史散策・歴史小説。

コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)