2018年07月12日

西行への憧れ

どうしても行きたかった。

先週金曜日
6時に起床して雨の降る中、六本木の森美術館に向かった。
「建築の日本展」


見たかった。仕事をおしてでも。




DD0795F0-7080-4F26-ADDA-45ED856DD4D0



全くの田舎モンすぎて森美術館の入り口が解らないこと(笑)
聞きまくって辿り着いた。


朝中央線で名古屋駅まで出て、急に行ったので新幹線は指定席だけれど真ん中の席しか空いておらず肩を窄めて懸命に小さくなろうとするが、日頃の不摂生は如何ともしがたい。品川で降り恵比寿経由で六本木まで。普段同様クロックスで来たことを悔やむ。


美術館に不釣り合いな みすぼらしさ。



まぁ よい。




258D958D-3DFF-4DAC-8027-85EB6B6D7A32




結構 外国人の来場者が多い。

外国人に紛れ込むとクロックスの違和感が消える。
日本人の来場者は皆きっちりとした服装。。

なんなんだ…。この差は。



日本が好きなのに海外の方が馴染む所以だ。
きっと自己がゆるいのだ僕は。




 展示は建築の日本展というだけあって日本の古来からの思想と建築の結びつきをテーマに、著名建築家の作品を使いながら進んでいく。日本独自の考え方という観点なので日本人の私からすると、の考え方が特別なことなのか?という、志向に陥ることもままあったのだが・・海外の方からすると、差異が感じられるのかもしれない。 自分としては、建築家たちの模型やデッサン・エスキースが見えることが喜びで、考え方の断片が日本的であろうとなかろうと関係はあまりなかった。



B0205D50-9CED-43E5-9E98-FB3A3F584355



上の写真のように…
各歴史上の人物などの格言が、テーマに沿うように用いられている。


その中で 意外な人物の言葉に出会った。
そこは撮影可能ポイントでなかった為、記録には残していないが。

意外な人物とは「西行」である。




仏教徒としての私からは外せない。
建築よりも印象に残っている(笑)


「なにごとのおわしますか知らねども かたじけなさに涙こぼるる」



日本の建築は、仏教と共に始まった。
常に傍らに存在する、何らかの畏怖されるべき力によって、物事が動くということの現象世界の代表が建築だったはずだ。しかしながら、今の世は一体なんだ。 

憂いても仕方のないことばかりだが。

「かたじけなさに涙こぼるる。。」
この一節がめちゃくちゃ好きでたまらない。
心にジーンとくる。




因みに西行。
めっちゃかっこいい。22歳とか23歳とかで出家する。
名家の坊ちゃんで文武両道の官僚だったのに。
妻子持ちだったのに。



僕には出来ないものが備わっている。




俗世に塗れて憐れむ対象となる 平清盛とは同僚である。

そこがまた清盛と左右対称の人生で西行は面白い。
栄枯盛衰の清盛との比較。

人生とは面白く切ない。



歌人としての才能もすごい。






辞世の句は
「願わくは花の下にて 春死なん その望月の如月のころ」
望月の如月は2月の15日 釈尊の涅槃 命日である。
花の下(はなのもと)は蓮の花 蓮台に生まれることを指す。
涅槃を得たいという歌だ。




めっちゃ かっこいい。







話がそれた。

森美術館の建築展のことだ。



3E58086E-E319-4746-B120-F7092F7774CC




利休の待庵のレプリカが設置されてる。


01A21013-F4A4-4E95-9C77-2A6053525553




空間という識。

天井・壁・床で囲まれた得体の入れない奥深い世界。
たった4畳半の茶室。されど4畳半の宇宙。
茶室はそもそも維摩経という経典からくる。

「維摩の一黙雷のごとし」で有名な文殊菩薩との問答。

文殊菩薩と八万四千の釈尊の弟子と仏たちを、この茶室に
迎い入れ「一切皆空」を例える。







建築は奥が深い。
ある定めた広さに対する、そこに「有る」何かに対する距離感。

これが空間だ。

相対でしか空間は生じない。



広すぎても、狭すぎても 完全体すぎても…
不完全になり過ぎても駄目。




未だに解りかねるのである(笑)




その後…
六本木から乃木坂まで雨の中歩く。
一人  てくてくてくてく。




乃木坂から北千住まで千代田線。
千代田線からつくばエクスプレスで六町まで


そこに犬山にある岩田洗心館と同じ
私設の財団法人が運営する美術館がある。


その名も「六町ミュージアムフローラ」
そこの建物を見に行った。
横河健さんの設計。


400492E1-2E81-45E2-BD9E-0B3D3E0D1889




6876F401-FE09-4449-9295-44F18FB285C4





帰路に就いたのだが 大雨で新幹線停まる。
大幅に名古屋駅に遅れて到着。


それでも 行った価値はあった。
設計中の物件に思い感じた感覚は注ぎ込みたい。








aokazu0319 at 15:35建築 | 芸術 この記事をクリップ!
略歴

青山圭成

1977年3月19日生まれ。A型。日本大学工学部建築学科卒業。一級建築士・一級建築施工管理技士。趣味は歴史散策・歴史小説。

コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)