2018年07月20日

2冊の本による。

先日7人の死刑囚がいっぺんに執行されて、なんだか死刑制度が気になって、関係する本を手にとった。


堀川恵子氏のノンフィクション
2冊を選んだ。

そして読んだら

かなり、沈んでる。



参った…

立ち直りにまだかなり時間を要する。



2011年 新潮ドキュメント賞
「裁かれた命 死刑囚から届いた手紙」(講談社)


2014年 城山三郎賞 「教誨師」(講談社)



この2冊の前に、何を思ったか普段読まないミステリー短編小説の「満願」を読んでたもんだから、殊更、どんよりが酷い(笑)





教誨師という役割は、戦後巣鴨プリズンでの「花山信勝氏」を存じ上げていたので、理解はしていたが、執行の一つ一つ事例を取り上げたものを読むと、いい結果ばかりでは無いことがよくわかる。


教誨師、浄土真宗の渡邉普相氏の記録として内容は進んでいく。


「教誨師」の中、最も響いた一節がある。


「かたや軽率な言葉の刃物で相手の心をスブリと貫き、直らぬ傷を刻みつけ、その人生までも狂わせてしまうものを罰する法律は見当たらない。見えない傷は、人間の法律では裁けない。何より言葉を吐いた側の多くは、自分が大変な事態を招いていることなど気づいてもいない。まさに浄土真宗でいう(悪人)と(善人)の話である。」


勿論ケースバイケースだが…


ズシッとくる。
重みのある言葉。


因果の通りに関係なく、法を犯した結果で裁かれる。そこに至らしめた相対法則のプロセスは蔑ろになる。


(善人)だと口にする人間は少ないだろう。
しかし、自分は(悪人)だと仄めかしながら、心の奥底では(善人)だと思っている人間が今の世の中大半だろう。。

悪人正機説というのは、こうゆうことなんだな。。。



人間は、不完全で悪人しか存在しない。


それが、人間を裁き人間の命を国家の名において絶つ。。僕は死刑反対論者ではないけれど、なんだか神の領域を侵している横暴な気がして、なんとも言えない気持ちになる。
しかし、現世で全く落ち度のない被害者家族の心情も計り知れない。。



執行する拘置所職員や教誨師、判決を下す裁判官、求刑する検察、全ての苦悩、苦しみ、涙、ずっしり来て 当分ブルーです。


暫くつかいものになりません。
お許しくだされ。
制度の答えは出ませんが
確実にブルーにはなれます。
この本。



どんよりーぬ。
どんよりーぬ。


aokazu0319 at 16:59読んだ本紹介  この記事をクリップ!
略歴

青山圭成

1977年3月19日生まれ。A型。日本大学工学部建築学科卒業。一級建築士・一級建築施工管理技士。趣味は歴史散策・歴史小説。

コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)