2018年10月20日

CB 撤去

愛知県某高校のプール。

擁壁の上にコンクリートブロックが施工されている、行政の指定危険工作物。大阪の地震の際に、女の子が亡くなった痛ましい事件を受けて、是正する工事として幾つか入札が公告された。愛知県の高校だけでも、危険箇所が多くあるらしい。


西面



実際にプール内側から見ると四段でフェンスなので大したことなさそうだが。外側は擁壁の上に施工されていて、有事の際に倒れたら危ない。

月曜日から仮設足場と仮囲い工事開始。



問題は参考図しか設計図書に添付されていなかったので、実際にプールサイドの土間厚みはどれぐらいで、どの程度の風圧に対してどの程度柱の埋め込み代が必要で、どのくらい基礎形状が必要なのか…


計算したり、根拠を理解しないと施工計画が立てられない。。協力業者に尋ねたりしても、なしのつぶて。。。


仕方ないので、月曜日 
中区錦にある積水樹脂メーカーに直相談に行って、何故にどのように参考図の数値が出ているのか???を解き明かしてきます。









aokazu0319 at 22:24現場のこと  この記事をクリップ!
略歴

青山圭成

1977年3月19日生まれ。A型。日本大学工学部建築学科卒業。一級建築士・一級建築施工管理技士。趣味は歴史散策・歴史小説。

コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)