2018年12月29日

実感する瞬間

本日仕事納め。午前、午後の打合せ終了。
今年も長い建築思考・修練の旅が終わった。
昨晩は2時で模型製作を終えることが出来た。


「石山の家」
 

お客さんご夫婦の反応は
すこぶる良かった。
何社か依頼しているみたいなので、
来年具現化できるか否かの判断がくだされる。


今回、ゾーニングから造形化へ中々
スムーズに移行出来なかった。
シンボリックだったりコンセプチャルに造形化することが
苦手な僕は、「何らかの理由」と言う情報的意味付けが
必要となる。

今回はそういう情報的意味付けとしても
申し分ないぐらい意味ある形に出来上がった。

 
「石山の家」

最終的には僕自身が何度も模型を見直すぐらい、
素敵で愛すべきお家になった。

IMG_1626


「ワクワクする。」
っと模型を見た瞬間に喜びの声をあげてくれた
お客さんご夫婦のあの笑顔を見ると
その瞬間、とても生きている実感がするのは何故だろうか。

IMG_1629

 

少し年末年始はゆっくりして
また新たなチャレンジに向き合います。


IMG_1632



来年も少しづつ成長していけるように。

そして新しいステージに行けるように。

 

aokazu0319 at 22:28家造り | ひとりごと・・ この記事をクリップ!
略歴

青山圭成

1977年3月19日生まれ。A型。日本大学工学部建築学科卒業。一級建築士・一級建築施工管理技士。趣味は歴史散策・歴史小説。

コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)