2019年03月12日

キラキラ星とギラギラ素子

「キラキラしなければ!」
っていう雰囲気の話題が巷に溢れすぎて、少々ウンザリ倦んでいる。

 メールをチェックすれば、様々なコンサルが、儲ける方法伝授と称して大量に送りつけてくる現状。ファックスも同様にセミナーや仕事紹介します!!みたいな妖しいものが沢山送られてくる。

 SNS を開けば、どこかの社長みたく、君はなりたくないのか??!優秀な経営者に!と言わんばかりの内容の広告、大学時代の同級生のページでは、どれだけステータスや成功したかを、暗に競い「皆の為に儲けるぞ!!」と、私には意味が解らない決意文なんかも書いてあったりする。
  
 YouTubeを見れば、経済評論家が「資本主義では儲けることが出来ないやつは無能」と流れ。 まるで、自分の事を云われているのか?っと、心臓バクバクしながら、辺りをキョロキョロしちゃったり。


 キラキラしてる自分大好きな人が集まるこのキラキラ星の皆は、どうもキラキラとギラギラの区別がついていないのではないかしら…と、思ったりする。


 それはまるで、宮沢賢治の「蜘蛛と蛞蝓と狸」の話のよう。蜘蛛は食べんが為に一生を終えて仕舞いには溶け死に。蛞蝓も、詐欺をして最後には溶け死に、宗教で相手を騙した狸も最後には病気で死ぬ。みんな地獄行きのマラソンを一生懸命にしていた…という話。

 きっとこれはキラキラの星で、ギラギラ素子を持ちながら、地獄行きのマラソンを正しいと信じ込んでいる人間に向けられた話に違いないでしょう。







今日は妻の誕生日。

おめでとう。

家族で食事に行きました。




photo_editor_ds_1552286212167

 
42年前熱田区と瑞穂区にて、隣の区に一週間違いでギラギラ星にやってきた貴女と私。
42年後の今日もまた一緒に迎えることが出来ましたのも、単に貴女のお陰です。ありがとう。

昔、パトリスジュリアンと仕事をしたときに彼が僕らフタリにこんなこと言ってたね。

(弥生ちゃんが、青ちゃんを地球に連れてきたね(笑))って。。


42年暮らしても、愛する貴女が隣にいても、未だにキラキラ星には馴れません。。



13年前。29歳の時。

33cb214d


お互い

若い(笑)
細い(笑)


今では生活に追われて、3びきのワガママを聞き、大量の洗濯物にまみれながら、お互い励まし合って、やっとこさ生きているけど、それでもいいよね。それが幸せだもの。これからも一緒に涅槃までのほんの一瞬の旅路を宜しくお願いします。





aokazu0319 at 21:59思考  この記事をクリップ!
略歴

青山圭成

1977年3月19日生まれ。A型。日本大学工学部建築学科卒業。一級建築士・一級建築施工管理技士。趣味は歴史散策・歴史小説。

コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)