2019年03月25日

くだらない自分

生きてきた人生、何回
「もう電話してこないで」って
言われただろう。


そんなくだらないこと
思い出しちゃう夜だから
ちっとも寝れやしなくて



禅定してみる。


大学生時代に付き合ってたあの人も
幼いときから好きだったあの人も
未だに愛しているのは何故か…

独占的ではなく、独善的でもなく
愛しているの意味は…

その人達の最後の瞬間を気にするという意味。


いや…もうその人達だけじゃなく、僕の人生に一瞬でも関わった人達には同じような愛情が存在する。



それを慈しみと解釈しているが、世間は独善的愛情と解釈しているのでしょうか?「気持ち悪い」と言われるのは傾倒しすぎだからでしょうか?


でも、


それが僕である証。



マイノリティである自覚はございます。


(もう思わない。考えない。話さない。聞かない。見ない。存在しない。消えてしまいたい)と何回も何回も思っても


それでも  


いつでも


いつまでも


変わらない。




この世を不浄だと思い
自分を律し、何も思わないよう禅定し
我慢する。


慈しみ続けるしか
方法はない。




何万光年かかっても。



aokazu0319 at 04:01佛道  この記事をクリップ!
略歴

青山圭成

1977年3月19日生まれ。A型。日本大学工学部建築学科卒業。一級建築士・一級建築施工管理技士。趣味は歴史散策・歴史小説。

コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)