大好きな日本について

2017年10月04日

そば権太呂と琵琶湖疏水

日曜日・月曜日とオーストラリアのタスマニアから
友人家族が日本の京都に遊びに来ていたので、
彼らに会うために我々家族も京都へ出かけてきました。 

会うのは午後からだったので、
まず午前中は南禅寺にある琵琶湖疏水の水路閣へ。


IMG_0024



まだ一度も見たことが無かったので、見てみたかったんですよね。
京都近代化の象徴。 「琵琶湖疏水」

京都は明治維新まで日本の都だったんですよね…
今は東京だっ!て皆思ってるかもしれないですけど
京都人はそれを許してません(笑)

「許していない」という内容は、
奥深くて面白いんですよね。。。

東京という東の都を奠都(都を設定すること)して東西両京とし
江戸を東京に変え行幸という形で東京に明治元年天皇陛下が移動されて
からずーっと今まで還幸というのが引き伸ばされているだけという形が
今の状態。その後京都へ陛下が移動するのは還幸ではなく行幸になるとか・・
平成になり即位の礼を初めて東京でやるとか…今も東京へ京都からの遷都は
京都市民の感情を考慮して継続中なのであります。



その天皇行幸後の京都は何とか近代化を東京に負けまいと懸命に
努力していく形の一つが、この琵琶湖疏水から明治28(1895)年の
第四回内国勧業博覧会の開催です。



そうゆうフィルターで水路閣を見ると
なんだかエンジニアとデザイナーの血と涙の結晶として
愛しく思えてきます。



FullSizeRender



お昼は岡崎の権太呂でそばを喰らい
昼からの拙い英会話脳を養いました。


IMG_0030



http://gontaro.co.jp/kyoto/okazaki.html


今回かなり頑張って 会話しましたが 
残念な結果でした。
やっぱり英語の勉強したいです。



因みにオーストラリアの陶芸家で
http://handmark.com.au/collections/objects/andrea-barker/
アンドレアバーカーとその家族が遊びに来てくれました。





aokazu0319 at 12:02 この記事をクリップ!

2017年08月26日

Ine

ダウンロード



丹後の国 伊根の舟屋


そこにある 「ine cafe 」

photo_editor_1503381928426



KIMG0219




空間全てから伊根の舟屋と海が見えて
気持ちのいいcafe



KIMG0223



途中でどしゃ降りの雨。



KIMG0220





雨は雨でまたよい。
晴れは晴れを感謝して
雨は雨を感謝する。




舟屋を見ていると
住まいは、住む人の人生を
形づくり、また寄り添う。

人生を変えたい場合
大胆な住まいの発想が不可避だと
身をもって体感。




aokazu0319 at 05:40 この記事をクリップ!

2015年12月28日

妙厳寺

曹洞宗 妙厳寺。
伏見稲荷と同じ様に 「豊川稲荷」で親しまれている。 お稲荷さんでも 神社ではなく寺院。





鳥居を本堂の前に要する 明治以前の神仏習合型。  神と仏は 同じもの 内にあって外に無い  人は神なり仏なり。

鳥居  参道に神々しい光が降りてきている写真が撮れました。

さらに…




本堂撮影時も不可思議なる光がお出迎え(笑)有難や…有難や。
南無阿弥陀  南無阿弥陀。


皆んな 「商売繁盛」「家内安全」を願って こぞって寄進をしているようです。。登り旗には 六本木ヒルズ ジェームス何某…って書かれてました。。

皆 現世でのお願いを込めてます。


因みに…妙厳寺のご本尊は、千手観世音菩薩です。wiki曰く…(笑)  その千手観世音菩薩様を護る 仏教の神  荼枳尼天。




その荼枳尼天が跨ってる  神の御使い が狐。。  皆んな必死に 商売繁盛を御使いにお願いしている状態(笑)



自分の私欲を願って一生懸命 投げ銭して神に手を合わせる機会を作って貰わないと 人間は 現実のこの世に溺れ  畏敬の念さえ忘れ、手も合わさなくなる。


仏、法則は、それを悲しみ
現世の利益を 出汁にして  
人間に祈る事を必死に 
忘れない様にしてくださる。


手を合わせても、
自分のことばかりを
祈る。。


だから  

妙厳寺でも 奥の院には
こう掲げられてました。。





掌萬民之福澤普霑吉慶

萬民の福澤を掌し普く吉慶を霑す

万民の幸せに手を合わせれば
別け隔てなく皆に 喜びが潤う。








息子達に確り
畏敬と畏怖を伝える
良い機会でした。



aokazu0319 at 19:21コメント(0) この記事をクリップ!

渡辺崋山




田原城。





渡辺崋山先生に触れたくて
家族を巻き添えにして 来てます。





息子2人
全く興味がなさそうです。





妻が  祖先だと 言い張ります。


確かに旧姓は渡辺。
家紋は嵯峨源氏渡邊家。

元は名古屋市瑞穂区産まれ…
う〜ん。。

本当か?

本当なら スケッチや思想で 敬愛する渡辺崋山先生の子孫で更に頭が上がらない。



aokazu0319 at 08:19コメント(0) この記事をクリップ!

2015年12月19日

一休宗純

もういくつ寝ると…
お正月。。


「門松は冥土の旅の一里塚  目出度くもあり、目出度くもなし」   一休宗純の歌。




トンチで有名なアニメ
一休さんのモデルですが…


かなり オモロイ歌ばかり
あります。。



「世の中は起きて稼いで飯食って後は死ねのを待つばかりなり」
「自心すなわち仏たることを悟れば、阿弥陀願うに及ばず。自心の外に浄土なし」



大好きだなぁ
一休宗純さん。


小説描きたいわ。




aokazu0319 at 22:37コメント(0) この記事をクリップ!
略歴
コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)