好きなお店

2017年10月04日

そば権太呂と琵琶湖疏水

日曜日・月曜日とオーストラリアのタスマニアから
友人家族が日本の京都に遊びに来ていたので、
彼らに会うために我々家族も京都へ出かけてきました。 

会うのは午後からだったので、
まず午前中は南禅寺にある琵琶湖疏水の水路閣へ。


IMG_0024



まだ一度も見たことが無かったので、見てみたかったんですよね。
京都近代化の象徴。 「琵琶湖疏水」

京都は明治維新まで日本の都だったんですよね…
今は東京だっ!て皆思ってるかもしれないですけど
京都人はそれを許してません(笑)

「許していない」という内容は、
奥深くて面白いんですよね。。。

東京という東の都を奠都(都を設定すること)して東西両京とし
江戸を東京に変え行幸という形で東京に明治元年天皇陛下が移動されて
からずーっと今まで還幸というのが引き伸ばされているだけという形が
今の状態。その後京都へ陛下が移動するのは還幸ではなく行幸になるとか・・
平成になり即位の礼を初めて東京でやるとか…今も東京へ京都からの遷都は
京都市民の感情を考慮して継続中なのであります。



その天皇行幸後の京都は何とか近代化を東京に負けまいと懸命に
努力していく形の一つが、この琵琶湖疏水から明治28(1895)年の
第四回内国勧業博覧会の開催です。



そうゆうフィルターで水路閣を見ると
なんだかエンジニアとデザイナーの血と涙の結晶として
愛しく思えてきます。



FullSizeRender



お昼は岡崎の権太呂でそばを喰らい
昼からの拙い英会話脳を養いました。


IMG_0030



http://gontaro.co.jp/kyoto/okazaki.html


今回かなり頑張って 会話しましたが 
残念な結果でした。
やっぱり英語の勉強したいです。



因みにオーストラリアの陶芸家で
http://handmark.com.au/collections/objects/andrea-barker/
アンドレアバーカーとその家族が遊びに来てくれました。





aokazu0319 at 12:02 この記事をクリップ!

2017年02月08日

カタラーナ

いい加減 モデルハウスのリニューアル工事を終わらせないといけない。お客様からの問い合わせを、お断り続けてるが…



「営業的に滞ってる!」(笑)
ヤバい。早くやんないと。。


つぅーことで…

ランチしながら
キッチン製作の打ち合わせ。


千種区
カフェTESSEN




ポークソテー トマトソース


デザートは



ブリュレをアイスにしたような
「カタラーナ」

めっちゃ 美味しい!!

自分でも 作ってみたい!!




このカフェは 同じ業界の
設計事務所TESSENさんが
携わるカフェ。。

いつもFacebookで見てて 一度行って見たかったので 嬉しい。



しかし…



早く仕上げなきゃな…
モデルハウス。。


aokazu0319 at 15:48 この記事をクリップ!

2017年01月30日



昨夜は 同じ 茶道社中の
近い世代4人で 岐阜県各務原市鵜沼にある「棗」という 懐石料理屋さんに食事に行きました。


この会は私にとって 
とても大切な時間。
人生の疑義 葛藤  哲学  
全てを話して 聞いてくれる 
大切な時間。


お酒の力を借りず
心の全てをさらけ出せる
大切な時間。






生きていくという 
この難題は
己の心の奥底から 目をそらさず
自分を見つめ続け 自分で自分を
受け入れて そして自分を無くす旅





そんな 話が出来る
友人がいる事
とても 有難いです。





aokazu0319 at 21:26 この記事をクリップ!

2016年06月25日

和らん

岐阜市徹明通 金町にある 「 創作料理 和らん」友人につれてきて貰いました。




ビルをリノベーションしたお店はスチールサッシとシンプルな壁が可愛い。
同じ御茶道の仲間と会話を楽しみ、美味しい食事が出来るのは最高に幸せ。






土屋貞雄さんプロデュースの小屋を使ったお茶会イベントの相談も出来たし 素敵な時間を過ごすことが出来ました。






すずきの西京焼きとイチジクのてんぷら。。。イチジクのてんぷら 超美味。





九条ネギと真魚鰹の餡掛け。
真魚鰹は真似カツオで瀬戸内海での地域名みたいです。カツオなのに白身だから……?ん?となりましたが ギンダイって魚のようです。






飛騨牛のウデ肉とさつまいものマッシュ。。これ 最高に美味しい。さつまいものマッシュが甘く 奥に山椒の深さが広がって スパイスの効いた肉との味わい……美味いに決まってる。。


さつまいもマッシュ…作ってみたいな。。







デザートも美味しかった。
ヨモギのブリュレに佐藤錦の赤ワイン白餡添え。。



いや…参った。。
お近くの方は是非。
予約して お出かけください。


器も凝っていて
お店の良い雰囲気とのバランスがとても素敵です。





aokazu0319 at 00:13コメント(0) この記事をクリップ!

2016年06月02日

ラ・メール・プラール






ダイニングテーブルが届きました。
いつもの様に  日大時代の友人 鈴鹿のヒデキさんにお願いしました。


いい感じ。
ありがとうございます。

 最近  テーブルの納品や 天板材料の支給品渡しなどは ヒデキさん達と名古屋付近で待ち合わせしてランチをすることが 僕等の中でムーブメントとなっている
(笑)











今回は、モンサンミッシェルのオムレツが食べられるお店  ラ・メール・プラールにてランチをしてきました。



結構  気分転換になるんですよね。
会社が実家に併設してるので 昼食も外にはあまり出ない……けれど 本当はチョットの時間でも 1日に1回は ランチやブランチで 素敵な空間に身を置くということは 結構僕にとっては気持ちのよい 大切にしたい時間。。



友人と 話をしながら、食事をとる。
これって 何気ないことかも知れないけれども、中々出来ないこと。


ありがたい。




ワンプレートで ハーフのオムレツと煮込みのココットが着いてるtype。

トマト煮込みが特に美味。
オムレツはフワフワだけれど  オムレツの既成概念が邪魔をして 中々 感動までは行けない…(笑) 既成概念は邪魔以外の何者でもないです。。





デザートはティラミスだったんだけど、ティラミスを見ると 平成初期のティラミスブームを思い出して 何だか…食べる前から苦い。。

自分が物に対してもつイメージを オムレツといい ティラミスといい 払拭したほうがいいな…と実感。。



その為に 今度 ティラミスつくろ。






aokazu0319 at 20:24コメント(0) この記事をクリップ!
略歴
コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)