リフォーム

2018年07月05日

レーモンド談義

マンションのリノベの打合せに、先方の御自宅兼事務所に伺いました。

御自宅兼事務所は某有名建築ユニットの建築家の方が設計した建物。書籍も出されるような建築家に依頼した方が、わたくしにおこえがけ頂けることすら、身に余る光栄で…ただただ恐悦至極なのです。


お家はpassiveを主体に、中々納まりもいい感じ。。ですが、何だか身に余ると言っておきながら、俺もやれる!!(笑)的な(笑)反骨精神みたいなのが沸沸と沸いたりして。


それより何より、住み手、施主様ご夫婦の情熱が凄い。各所でアイデアと住む工夫が創意が表現されている。


建築家の方より、先方ご夫妻の情熱に感服。




いい時間を過ごさせて頂けた。


まだまだがんばるぞ。僕も。
負けてはいないと自画自賛。



KIMG0892



ご夫妻の玄関にあったKAWAIの電子ピアノ。ちょうど欲しいと妻と話をしていたところだったので、いい出会いだった。


しかし、2階には更にこれを上回るピアノが置いてあった。


アントニンレーモンド。

建築家。



フランクロイドライトの弟子。


彼がデザインしたピアノシリーズだそうです。。レーモンドがピアノをデザインしてたとは知らんかった。

IMG_1300


この東海地方だと南山大学とか三重大学のレーモンドホールが有名。 我が地元 明治村にあるフランクロイドライトの帝国ホテルの現地管理を任されたのもレーモンド。



実は行ったことがないのだが、必ず行ってみたいレーモンド関係の場所がある。日光にある旧イタリア大使館別荘。これもレーモンドだが、なかなか素敵すぎる建築なのだ。



マンションリノベの打合せに行って、レーモンドについて話が出来るなんて(笑)とっても素敵な時間だった。


帰りには手作りバイオリンを頂けた。
何だかウキウキする1日だった。



しかし、いい建築やいい住宅は やっぱり建築人の腕も、勿論あるが 施主の情熱と器量とのCHEMISTRYなんだと、理解した。






aokazu0319 at 23:22 この記事をクリップ!

2016年06月06日

修繕

週の初め月曜日。
疲れが祟ったのか…咳 鼻水 が止まりません。どうやら風邪を拗らせました。

風邪っつぅーのは心理的に何かから逃げ出したいと思う場合に起きるようであります。。


なんでしょ?


何から逃げ出したいのか?


人生か人間そのものか?ぐらいしか連想できません。。  しかし、風邪をひいたぐらいでは 欠勤するわけにも行きません。
方々の現場で むさ苦しくも可愛らしい職人さん方が私をお待ちでございます。






犬山の住宅にある 大学教授だったご夫婦のお宅を 外装リフォームさせて貰っております。

ありがとうございます。





足場を掛け 木部や外壁を水洗いしたり、  雨漏りしている部分の外壁をめくり 内部の木軸の状態を確認し 補強、補修する修繕工事。。




その現場で塗装屋さんと打ち合わせから、今週はスタート。。。いや、日曜日から今週だから 昨日の見学会やお施主さんチェックからスタートか。。



その塗装屋さんの職人 伊藤さんはインテリ大学卒業の頭脳派です。それだけに、イマジネーションも働いて、色々懸念事項やリスク回避を提示してくれます。。
 ただ言われたことを やるだけの職人さんや、お金の儲かる儲からないを言う職人さんは、正直げんなりします。。


まぁ、これは自分も含めて お客さんも職人さんも 人類皆が共通して言えることかも知れないです。。  それだけ 富の配分が社会的に上手くいってないのかも知れませぬ。


そんな中でも、伊藤さんは仕事の出来や、お客さんの気持ちだけを気にする稀有な職人さんです。


わたし結構 伊藤さん好きです。
随分年上のおっさんですが。。





こちらも犬山市にある 板張りの古いレトロな御宅の修繕。雨漏りする部分を修繕しています。ついで屋根や壁を捲るので、可能な範囲で 構造金物や補強を施します。







板張りの外壁ですが  鎧貼りという 杉板が重なる形の外壁を 材料から加工してますが……

規格にある材料が現状の板張りに近いサイズが無いため……





結構削ると 半分近く 木屑に成ってしまいます。。勿体無い(しょうがないけど)なんか、この木屑使って紙でも作れないか??っていつも考える。誰かアドバイスください。







弊社は、新築ばっかりやってる訳ではありません。。 いろんなこと やってます。生きていく為に(笑)けれど、どんな仕事も楽しく 面白いって感じていることは間違いない事実。。


その面白さは 何から得られるのか??
ひょっとすると  むさ苦しくも可愛らしい職人さん方がくれているのかもしれない……な…って解ってきた 今日この頃。








aokazu0319 at 15:20コメント(0) この記事をクリップ!

2016年04月28日

クロスとじゅうたん。

マンションの畳、クロスとカーペットを貼り替えしました。あっちの荷物をこっち こっちのをあっち……って やりくりするのが メイン。

綺麗になって よろこんでくれたので 良かった良かった。










aokazu0319 at 13:48コメント(0) この記事をクリップ!

2016年04月22日

マンションリフォーム

いつかは自邸を設計し建てたいと思う。
勿論茶室・土間キッチン 庭緑いっぱい・・・・
高性能住宅+パッシブっていうコンセプトは揺るがない。。


でも現実は妻の職場へのアクセスなど考慮し
春日井で中古マンションを購入して住んでいる。


これが現実だ(笑)



先日のブログで木製キッチンの話をしたように
料理をする僕にとってキッチンへの憧れや
お茶をする僕にとって水屋への思い入れは強い。



中古マンションと言っても、 中央線駅前で
価格もそこそこした。

当然 借金苦 真っ最中である。




それでもやはり 商売柄 中古マンションを
そのままの状態で辛抱して使うということはできなかった。。。。


理由は明白だ。
センスが違い過ぎて 生活のイメージが湧かなかったのだ。。
リフォームしたい。。と僕は妻に切実に訴えた。。

でも「私はこのままでも住める」と・・・仰る。。




それは ごもっともでございますが・・・・

しぶる妻を説得し リフォームしたのはもう・・・3年前のことだ。




最初はこうだった。

CIMG1344


キッチンのところに 丸いカウンターと下部に収納が付いていて
その収納は開き戸と引違い戸という種類の違う扉が隣接しているという
都市伝説ばりの作りだった。



CIMG1346


リビングと洗面はファッションホテルのような仕切りが付いていて
奥にはR加工された ニッチが付いていた。


キッチンはとてもオーソドックスで
DSC02556


でも色は何とも表現し難い黄色のようなピンクのような マーブルのような
キッチンだった。。。 



DSC02606




兎に角  少ない金額で見た目が、自分の納得いくような
テンションに変わるようにするにはどうしたらよいか・・・

そればかり考えた。。



決断したのは視界に入る面積が一番多い床・建具をそう取り替え
そのほかは天井や壁の段差・見切りなど余分な線を消す・・・
これに集中しようと決めた。


お金が無いのでキッチンや住設は取り換えずに 
便器だけ人様が使ったものではない物にしようと決めた。



DSC_0021


天井や建具の高さを揃え無駄な壁・天井の段を無くした。
そんで建具も壁と違和感なく見せたい扉・くっきりと分けたい扉の
仕上げを変えた。

床暖房が入っているマンション用の遮音フローリングは はっきり言って
気にいるセンスのものが余りなかった。。。でも漸く自然な風合いに近い
杢目のものを探して貼り替えた。


不思議な仕切りも取っ払い めっちゃ広い空間に変更した。



DSC_0019


ダイニングも Rのカウンターや収納はすべて取っ払い
胡桃のハギ材のカウンターに変更した。 壁にはタイルを張って
気持ちが上向きになるようにした。照明の位置や種類も変えた。



IMG_1774


キッチンや収納はお金が無いので 表面にダイノックシートを
貼り 見た目の雰囲気が変わるようにした。 また取手の金物
も変えた。。 扉を開けて裏側を見ると シートの継ぎ目があり
金物の取り付け穴を隠すシールが貼ってある(笑)


でも これだけでも 好きな雰囲気に変われば テンションは
あがるので 空間は不思議です。。


IMG_1775



キッチンも同じように土台は一緒で
表面にダイノックシートを貼った。ガスレンジは僕の好きなパトリス・ジュリアン
さんがデザインしたものに変えた。
食洗機は中古そのまま。。。


IMG_1776



レンジフードも見た目に変わるので 当然変更。。





後は塗装を細かい部分で塗り替えたりして
今の中古マンションに暮らしている。


もっとお金があれば 梁もコンクリート打ちっぱなし部分を出したり
しながら変更したかった・・・・ 
お金がありませんので・・(笑)


でも今のDIYもそうだけど 工夫と情熱で何とかなる。
これは施主側がもっていなくちゃいけない最大のパワー
少しづつ・・・・好きなものに囲まれる生活に変えて行く
これが生きて行く上でとても重要なんだと・・・思います。。



だれかマンションリフォーム相談しに来てください。。



aokazu0319 at 10:14コメント(0) この記事をクリップ!

2016年03月03日

昭和初期の家

昭和初期のお家。雨漏りや不具合が出てる様子。

この雰囲気を残しながら 修繕していくために 現地でスケッチと測量を午後からしてきました。


地元犬山にある
とあるお家。





かわいい 二階の外部手すりやサッシなど 保存していくために 何が必要な工事か?熟慮していきます。

中には素敵な茶室もあるみたい。でも物置になってる模様。。






いいよね。
例え修理でも こうゆう仕事。
工務店冥利につきる。





aokazu0319 at 16:32コメント(0) この記事をクリップ!
略歴

青山圭成

1977年3月19日生まれ。A型。日本大学工学部建築学科卒業。一級建築士・一級建築施工管理技士。趣味は歴史散策・歴史小説。

コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)