芸術

2017年09月17日

慰めの中秋名月

毎月第三日曜日は犬山城本丸内部の茶室永勝庵で「白帝茶会」というお茶会が開催されてます。

今日は池下にあるお道具屋さん「お洒洛」木村哲央さんが席主を勤められました。中秋の名月を軸として大和物語にある更級の姨捨山の話をテーマにした道具組。

[画像:fd591aa8.jpg]

本席の掛け軸は香川景樹筆 詠草 更級里
香川景樹は歌人ですが 江戸後期犬山成瀬家に仕えたといわれる「ただごとうた」の小澤廬庵の影響を強く受けた歌人さんらしいです。犬山繋がりを随所に入れてきています。
流石です。木村さん。


今回も覚えることは沢山ありました…
主茶碗は黄伊羅保。

捻梅…

葎(むぐら)…つる草が生え繁っている様。


等等々



古今和歌集曰く


我が心慰めかねつ
更級や姨捨山に照る月をみて。



[画像:1a146bd8.jpg]










aokazu0319 at 20:38 この記事をクリップ!

2017年08月08日

楽美術館にて

楽美術館に行きました。
楽美術館とは、楽焼の元祖 代々の楽吉左衛門さんによる茶陶作品を展示してある美術館です。

当代で15代目となる楽吉左衛門さん。当代は東京芸大を出てイタリアで修行された方。

勿論 茶道をしている私は「千家十職」と言われる楽さんはちゃわん師として、よく知っています。  

でも、それだけではなく、当代の楽吉左衛門さんは茶室を作るという点でも尊敬している人物です。

全く建築を学んでいないのに彼が考案した佐川美術館の茶室はとても洗練されてます。私は当代の楽吉左衛門さんのファンなのです。
[画像:2ca73349.jpg]


[画像:4a1a2680.jpg]
[画像:0c6d6354.jpg]






aokazu0319 at 07:21 この記事をクリップ!

2017年06月17日

詫びる。寂しく。

20170617_094758



最近 親友のさえちゃんと 池下にある古美術「お洒落」(おしゃらく)さんで季節ごとに開かれる御茶会に参加させて頂きました。

店主の木村さんと、岩田洗心館 館主 岩田さえさんとの話は聞いてるだけで勉強になり、とても面白いです。

とくに尾張藩がらみの御茶道具や美術品を絡めての話はとても、興味深い。



また木村さんの御茶事は、そういった歴史的背景を主軸にしたお道具組がしてあり、自分が目指すべき、御茶事のありかたを照らして戴けた気がしてます。   


昨今のお茶会は、家元の何代目かの箱書きが書いてあるとか、家元が書いたとか、作ったとか、そうゆう道具をどれだけ持っていて披露しているか?って形がほとんど。


でも、我欲を抑え 仏道を邁進して 詫び錆びの境地を体現するのが、本来の御茶道のはず。



いい出会いに感謝です。
素敵なご縁に感謝します。
 


aokazu0319 at 09:46 この記事をクリップ!

2015年09月09日

30分クロッキー

何も考えず
ただ実践に厳しく。
心に甘く。

イメージしちゃうと
現実になる。

空に…


久しぶりにクロッキー
30分


長男倫太朗。

もう八歳になりました。



少し男前に書きすぎた(笑)
画を書かない時間が長くなると やっぱり鈍ります。。

轆轤も一緒…

来週は洋ニ先生のとこ行きたい。




aokazu0319 at 23:02コメント(0) この記事をクリップ!

2015年08月23日

滑り込みセーフ!

2日間スクーリングお疲れ様
自分。。

久しぶりに 手で図面描いて
前かがみで 腰痛。





これでもか!
っぐらい  ルイス・カーンの
フィッシャー邸。。


前回作ったフィッシャー邸の模型やドローイングやクロッキーの手法も入れて 平面図や断面図を芸術的に仕上げる講義でした。。

仕事も忙しく  スクーリング課題がこなせずに 出席出来ない 諦めるしか無い…って今回思ってました。  だから諦めて宿泊もキャンセルしてしまってました。


でも、 3日前から深夜まで課題をして何とか参加条件を獲得し、2日間 春日井〜京都を往復して 無事終了したので ホッとしてます。


8時半ごろ 帰宅して
すぐさま お祝い。
今日は次男 周平の誕生日。
プレゼントは渡してあったとは言え スクーリングで留守にして申し訳ない!





誕生日おめでとう。
愛してるよ。




aokazu0319 at 22:26コメント(0) この記事をクリップ!
略歴
コメントありがとう!
月別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)