2016年12月08日

今セントレアです

17時10分発の飛行機で上海へ行きます。

それから自動車に2時間乗って湖州へ入ります。

先ほどセントレアで銀鱈定食を食べましたので、これで夕食は終わりです(もちろん飛行機で夕食が出たら食べますが)。

湖州へ着いたらすぐ寝ます。


このように海外から呼んでいただけることを、改めて喜びと感じ、より一層一生懸命対応しようと思います。

またこれらの成果を本にまとめて、みなさんへご報告出来るようにしたいとも思っています。



aoki1162201 at 16:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月08日

豚、牛、イルカ、鯨、犬

この画像に出てくる豚はものすごく可愛い。

ペットにしている方の気持ちがすごくよく分かる。


友人が畜産農家の出身で、子牛が売られて行った夜、母牛は一晩中鳴き続けるそうだ。


こんないとおしい牛や豚も、人間が生きるために殺される。


日本ではイルカは漁業の邪魔になるから駆除されるし、鯨は食用にされる。

しかしある外国は、イルカや鯨を殺すなという。


結局、全世界の人々はいろいろな価値観で生きている。

人間以外の生物の命は、『人間が生きるために殺傷する』という尺度以外にないと思う。


韓国や中国では犬を食べる。

しかしこれも彼らの価値観であり、われわれが文句を言えるものではないと思う。


豚の可愛らしさ、牛の可愛らしさ、犬の可愛らしさ・・・・・優劣はつけられない。



aoki1162201 at 08:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月08日

一連で観てみて下さい







aoki1162201 at 07:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月06日

避雷針

避雷針があっても、必ずしもそれに落雷しないそうだ。

いわゆるミスショットも多いのだ。

だから誘雷針が正確な表現だ。


ところで、山で一番怖いのは落雷だ。

やはりそれも雲が出やすい午後に多い。

だから学生時代の夏山合宿などは、夜明けから行動開始して午前中に次の幕営地へ着くようにしていた。

結局、ビルでも山でも高い所はどこへでも落雷するのだ。


それと昔、『冬の稲妻』という曲があったが、冬にも落雷はあるそうだ。

特に日本海地方は世界的にみても有数の冬の稲妻地帯だそうだ。

aoki1162201 at 14:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月06日

歴史的誤訳!

高校時代の英語の時間だったか、隣の席の工藤さんから次のような質問を受けた。


工藤「青木君、harborってどんな意味だったっけ?」 

青木「えーーと、pearl harborが真珠湾だから、『湾』だよ」


答え合わせのあと


工藤「青木君、ちがうじゃん!『港』じゃん!ペケになちゃったじゃん!」

青木「えええーーーーっ!?」



yacht harbor  ヨット係留場

pearl harbor  軍港

アメリカ人の頭の中には、このように同列に入っているはずだから、やはりそれに従い『港』と訳すべきだ。



その後、いろいろな人にこのことをぶつけてみたが、積極的賛同者なし。


aoki1162201 at 07:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月06日

おもしろい

00dfea88
6335e628
a1fd5871
eae90d81
f660ae3f

aoki1162201 at 06:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月04日

コーヒーブレイク

3ab3cedd
a0d49d8f
8513f72d

aoki1162201 at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月04日

素敵な岩場発見

湖西連峰の神石山を歩いていたら、その直下に急峻な岩場を発見しました。

望遠で見ると、ハイカーが歩いていました。

早速、探しながら行ってみました。

やなりちょっと急なので、素人が来ると危険なので観光マップにはありませんでした。

近所の山でもいいとこまだまだありますね。


また神石山からは、かすかにですが富士山が見えました。

BlogPaint
DSCN0081
DSCN0096
BlogPaint
15181360_624971681008131_3256289557843211724_n

aoki1162201 at 19:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月03日

これで越冬するぞ!

山小屋やテントに比べれば、自宅は超快適です。

しかしその自宅でも山小屋の気合いでいこうと思い、『動けるあったか寝袋』を買ってしまいました。

手も出すことが出来るので、読書やパソコンも出来ますし、そのまま寝てしまうことも出来ます。

これでこの冬は暖房なしで越冬しようと思います。

省エネで地球に、財布に貢献です。

DSCN0068
DSCN0067
DSCN0069
DSCN0076

aoki1162201 at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月02日

ええじゃないか

『岩倉公実記』より


岩倉具視が中山忠能、正親町三条実愛、中御門経之、西郷吉之助、大久保一蔵、中岡慎太郎、坂本龍馬等と王政復古の大挙を図議する時、相互往来すること頻繁にして、且つ諸有志の具視本邸の門に出入するものすこぶる多し。

ゆえに、幕府及び会津・桑名二藩の偵吏が絶えてこれを知らざりしは、つとめてその踪跡を韜晦したるのみにあらず。

そもそも他に天助ありしによる。

それはこの時にあたり京に一大怪事あり。

空中より神符翩々と飛び降り、処々の人家に落つ。

その神符の降りたる人家は、壇を設けてこれを祭り、酒肴を壇前につらね、知ると知らざるとを問わず、その家に至る者の酔飽にまかす。

これを祝して吉祥と為す。

都下の士女は老少の別なく綺羅を着て、男は女装して、女は男装して群れを成し、隊を作し、ことごとく里歌を歌い、太鼓を打ち、以って節奏をなす。

その歌辞は、


ええじゃないか。

ええじゃないか。

臭いものに紙を貼れ。

破れたらまた貼れ。

ええじゃないか。

ええじゃないか。♪


という。


衆皆狂奔酔舞し、一群去れば一隊来又来る。

街頭織るが如し。

夜に入れば各々その頭上に燈を戴き、彩花を飾る。

八月下旬に始まり、十二月九日王政復古発令の時に至りて止む。


結局、具視が一連の挙動も、この喧騒のために蔽われて自然と人目に触るることを免れたるなり。



(海音寺)
維新史で有名なオフダ騒ぎである。

復古大号令が発布されるとぴたりとやんだことを見ても分かる、倒幕派連中のある人がやっていたことなのであろう。



(青木)
ここから全国へ伝播させたようです。

その伝播の仕方は、想像するに、倒幕派がいろんな所へ出張って仕掛けたのでしょう。

なぜなら、いろいろな所に『ええじゃないか発祥説』があるからです。

我が豊橋にもその発祥説がありますが、現在の町おこしスローガンが『ええじゃないか豊橋』です。

ちょっと待ってよ。

『ええじゃないか』は明らかに京都弁(関西弁?)で、豊橋弁なら『いいじゃん豊橋』になります。

それに各地の発祥説には、なぜ発祥したかの理由は皆無です。


aoki1162201 at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ホームページ制作 三愛企画