2017年03月01日

やった!

たわむれに昔を思い出して買ってみました。

するとなんと”当たり”が出ました。

60過ぎてもうれしいものですね。

とっておきます。

DSCN0082
DSCN0081

aoki1162201 at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月01日

ポーランド人へのセミナー内容

今月中旬に、ポーランド企業人が来日しトヨタ工場等を見学する。

その際、同行してセミナーを行う。

その希望内容が下記の通りだ。

参考にして欲しい。

そして5月には、ポーランドへ行って直接工場指導する。

また面白くなってきた。


1- Opportunity to visit High Level Manufacturing Facilities;

2- Visual Management and KPIs follow-up;

3- Kaizen teams and organization for Continuous Improvement;

4- Kanbans, Heijunka and whole Pull approach;

5- Quality assurance via Poka-Yokes; Gages, etc…

6- Flexible Assembly Cells; quick/smart change over devices and tools,…

7- Hoshin-kanri



7番の方針管理についてまとめてなかったので、早速資料を作ることにする。

「ほうしんかんり」も日本語が世界語になった。

aoki1162201 at 22:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月01日

張家界

先月は過去の資料や写真をすべて掘り起こして、文章化できるものを探しました。

その時、この写真が出てきたので掲載します。

日本⇒上海空港⇒張家界空港 で簡単に行けます。

是非行ってみて下さい。お薦めします。

DSCN0646
DSCN0652
DSCN0662
DSCN0664
DSCN0667
DSCN0670
DSCN0681
DSCN0690

aoki1162201 at 16:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月01日

トランプの壁

こんな所へ万里の長城を作っても、北方騎馬隊はこんな山なんか登れないから意味がない。

トランプの壁も同じだと思う。

トランプの壁なんか、どこでもすぐ越えられる。


<写真は、10年ほど前に行った司馬陵の万里の長城・・・・10年で大分年を取りました

P.S. 

砦みたいな建物の内部はすごく狭い。
    
こんな所に兵士は駐屯できない。

本当に万里の長城は無用の長物。

DSCN1433
DSCN1434
DSCN1436
DSCN1438
DSCN1441

aoki1162201 at 11:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月01日

劉くん、似ています

BlogPaint
DSCN0844

aoki1162201 at 11:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月01日

改善は命掛け

以前、河北省の会社でのこと。

中国人改善マンが標準作業票を作るため作業内容のビデオ撮りをしていたところ、作業者が怒りだして持っていたお茶をぶっかけてきました。

でもこの写真は、改善マンの勲章と言ってもいいですね。

RSCN6621
RSCN6618
RSCN6620

aoki1162201 at 11:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年02月28日

中国人は頑健!

中国大陸は、気候・風土その他厳しい環境にある。

そんな中で脈々と生を繋いできた中国人は恐ろしく健康な人が多い。


その中でも、日本語通訳をしてくれているK女氏はすごい。

今年30歳になるのに虫歯が1本もないのだ。

”歯が痛い”という感覚自体が分からないと言う。

おじいさんも虫歯がないそうだから遺伝なのだ。


しかしそんな彼女が、つい最近親知らずを抜いたそうだ。

とんでもなく痛かったようで、抜いてから数日間会社を休んだそうだ。

それは30年で初の痛みだから大変だったろう。


aoki1162201 at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年02月26日

問題です

【問題】

足し算をします。

答えが出たら、その数字をまた足し算します。

そして最終的に1桁にします。


【不思議なこと】

足し算の数字が並んでいたら、その中での数字の足し算で、答えが「9」になる数字は省いてしまいます。

そして残った数字だけで、問題のように足し算していって1桁にします。

そうすると「9」を省いた答えと、「9」を省かなかった答えと一緒になります。



2+5+8+3+1+1+4=24

2+4=6



2+”5”+「8」+”3”+”1”+「1」+4=6

2+4=6







3+7+2+4+1+5+2+6+8=38

3+8=11

1+1=2


”3”+「7」+”2”+”4”+『1』+5+「2」+6+『8』=38

5+6=11

1+1=2



詳しくはこちらへ


aoki1162201 at 09:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年02月23日

野間大坊訪問の基礎知識(ウェブより転載)

織田信孝は織田信長の三男で、本能寺の変で信長が討たれた後、秀吉とともに山崎の戦いに総大将として参戦し、仇である明智光秀を倒し、見事に父の無念を晴らしましたが、清洲会議では秀吉に主導権を握られてしまい、信長の弔い合戦の総大将であったにも関わらず、織田家の後継者は甥の三法師に決まりました。

その後、信長が本能寺の変で倒れたことをよいことにそれまで信長に受けた恩を忘れ、天下取りを目指した日本史上最大級の大逆臣豊臣秀吉(当時は羽柴秀吉)に憤慨し、織田家宿老格の柴田勝家・滝川一益らと結び、三法師を擁し秀吉に対して挙兵するも、秀吉の迅速な行動により、降伏せざるを得なくなり、この時秀吉は信孝の母と娘(秀吉にとってはついこの間までの主君信長の妻と孫)を人質に取るという前代未聞の不埒な行動を行いました。

そして、賤ヶ岳の戦いが起き、再度信孝が反秀吉の兵を挙げた時に秀吉は人質の信孝の母と娘、つまり旧主信長の妻と孫を何の迷いもなく無残にも磔にして処刑するという大蛮行をやってのけます(長浜城にて)。

結局、信孝も頼みの柴田勝家が北の庄城で秀吉に滅ぼされると、信孝一人では抗し難く再び降伏をしますが、今回は許されず尾張国知多郡野間内海荘の大御堂寺(野間大坊、平安時代末に源頼朝の父、源義朝【1160年・享年38歳】が家臣に裏切られて暗殺された場所)に送られ、自害をして果てました【1583年・享年26歳】。



昔より主を討つ身(内海)の野間なれば

むくいをまてや羽柴筑前




<違う資料より>

秀吉は岐阜城に籠城した信孝を再び攻める際に、人質として差し出されていた生母の坂氏を、見せしめとして串刺しにして処刑した。

このとき同じく人質であった重臣で傅役の幸田孝之の母も処刑されている。

さらに降伏後には、本人の切腹時に信雄の命令で、坂氏の妹、娘、男子某など、眷属は尽く処刑された。



P.S.

戦国のルールとしては、秀吉のとった行動はまったく問題ない。

秀吉は天下を奪取するため、敢えて信長という権威に対しても、それを突き崩すような行動をとり、世間に示したのだ。

テレビドラマなどで秀吉を描く際、こんなドロドロの権力闘争の権化のような事実は必ずカットされる。

だから一般の人は知ることはできない。

結局、自分でいろいろな本を読むしかない。



義朝・・・・1160年
               423年
信孝・・・・1583年
               434年
今年・・・・2017年


aoki1162201 at 14:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年02月23日

五味・・・第五味・・・醍醐味

大般涅槃(だいはつねはん)経に説く、牛乳を精製して順次に生ずる五つの味。

乳味・酪味・生酥(しょうそ)味・熟酥味・醍醐(だいご)味で、醍醐味を最高の味として仏の涅槃にたとえる。

第五番目の味で第五(醍醐)味。



醍醐(だいご)とは、五味の一つ。

牛乳を精製した中で最も美味しい味とされ、濃厚な味わいとほのかな甘味を持った液汁とされる。

すでに製法は失われており、バターのようなもの、又は現代で言うカルピスや飲むヨーグルトのようなもの、または(レアチーズ)を熟成させたもの等、乳飲料・乳製品のことと考えられている。



ラクトー株式会社(2013年現在の「カルピス株式会社」)が、1919年(大正8年)7月7日に誕生した乳酸菌飲料の「カルピス」を命名する際に、当初はカルシウムの「カル」と醍醐(サルピルマンダ)の「ピル」を合わせた「カルピル」が考えられたが語感がよくないとされた。

そのため五味の次位である熟酥(サルピス)の「ピス」と合わせ「カルピス」と命名した。



P.S.

海音寺潮五郎「加藤清正」を読んでいたら、「醍醐を食べたことのない者に、醍醐の味の分かろう道理がない」という一文に出会いました。

そこですかさず上記を調べてみました。

カルピスまでくるとは驚きです。

人生どんどん勉強しないと損ですね。



醍醐寺

醍醐の花見

醍醐天皇

後醍醐天皇

ゴダイゴ

ただこの単語を知っているだけではだめなんですね。



aoki1162201 at 13:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ホームページ制作 三愛企画