2019年03月21日

寧波

寧波は最澄などの遣唐使が到着したり、出発した港町です。

街はもちろん変わっていますが、遠くの山並みは当時のままだと思います。

ここへ到着した遣唐使の感激に思いを馳せることにします。

(空海はもっと南の福州に漂着して、帰国は寧波からです)

DSC02109

aoki1162201 at 08:42|PermalinkComments(0)clip!

2019年03月20日

頭山さん

頭山(とうやま)全国150人(福岡40人・岡山20人・東京20人・北海道10人・神奈川10人・静岡10人・大阪10人・兵庫10人・広島10人・愛媛10人・大分10人・鹿児島10人)

BlogPaint

aoki1162201 at 23:47|PermalinkComments(0)clip!

2019年03月20日

甘粕さん

甘粕(あまかす)全国1000人(神奈川730人・東京110人・千葉50人・愛知30人・山形20人・静岡20人)
甘糟(あまかす)全国 270人(神奈川180人・東京 40人・宮城10人・栃木10人・群馬10人・静岡10人・大阪10人・兵庫10人・福岡10人)

BlogPaint

aoki1162201 at 23:39|PermalinkComments(0)clip!

2019年03月20日

影佐さん

影佐(かげさ)全国10人(広島10人・福岡10人)

BlogPaint

aoki1162201 at 23:30|PermalinkComments(0)clip!

2019年03月20日

最澄

寧波に上陸(◎)

臨海で台州の知事からビザを取得(△)

天台山国清寺で2ヶ月修行(〇矢印)

臨海・龍興寺で6ヶ月間、仏典書写(△)

寧波から帰国(◎)

青木のアパート(×)

BlogPaint

aoki1162201 at 23:21|PermalinkComments(0)clip!

2019年03月20日

台州のアパートとクライアント

帰国しましたので、グーグルマップで私のアパートとクライアントを調べてみました。

私はこのアパートの3階です。

青い屋根がクライアントで歩いて20分ほどです。

このグーグルマップの撮影がいつだか分かりませんが、アパートとクライアントとの間の2つの大きな空き地は現在マンションの建設中です。

さらに私のアパートの北側(上側)の道路の向こうは現在地下鉄の工事をしています。

開通すれば、このあたりのアパートの値段も跳ね上がるみたいです。

本当にどこにこんなお金があるのでしょうか。

とにかく2019年になっても不動産開発・公共投資がまったく止まっていません。

BlogPaint
BlogPaint

aoki1162201 at 16:55|PermalinkComments(0)clip!

2019年03月19日

たいしゅうのししゅう

通訳君が「『たいしゅうのししゅう』が有名です」と言いました。

何気なく聞いていて、一瞬、「体臭の死臭?」と連想してしまいました。

三国志の戦闘シーンを読んでいたからです。

もちろん「台州の刺繍」でした。


やはり表意文字・漢字は、活字にすると完璧に判読できるのでいいです。


学生時代、英単語を覚えるのは苦痛でした。

「朝死ねーと暗殺団」みたいに語呂で覚えるしかありませんでした。

英語のような三流言語は、日本語の良さを再認識するため、さらに世界語のため勉強するのです。

日本語は年を重ねるごとに好きになりますが、英語はアルファベットの塊を見ただけで頭が痛くなります。


英語を修得できずに敗退した負け惜しみです。



aoki1162201 at 20:47|PermalinkComments(2)clip!

2019年03月19日

ホテルの窓から寧波空港

寧波空港に一番近いホテルをとってもらいました。

これなら歩いて行けます。

明朝早い便なので、タクシーとか使って行くのは、一人ですので不安があるからです。

今まで中国で一人でタクシーに乗った際には、100%ボラレました。

DSC02108

aoki1162201 at 19:02|PermalinkComments(0)clip!

2019年03月19日

中国の竹林

このあたりの山全体が竹林でした。

中国では昔、竹細工が盛んに行われ、竹林が育成されました。

しかし時代とともにその需要はほとんど無くなってしまいました。

竹林はそのままほっとかれました。

その結果が、全山、全域が竹林になってしまいました。

竹はその繁殖力がすごく、ほっとけば大変なことになります。

竹の根は浅く、保水力がほとんどないため山の保全には役立ちません。

大雨などで簡単に崩れてしまうのです。


日本では山林は林業の方々の「畑」であり、杉や檜など保水力抜群でしっかり根の張る木が何世代にも渡って育成されました。

本当に有り難いです。

DSC02101
DSC02105
DSC02106

aoki1162201 at 18:53|PermalinkComments(0)clip!

2019年03月19日

温州みかんの畑

台州から寧波空港まで送ってもらいました。

途中、温州を通りましたが、やはり山肌びっしりとみかん畑でした。

サービスエリアで運転してくれた総務部長さんが、みかんを買ってくれました。

しかしこのみかんは四川のものだそうです。

皮も柔らかく全部食べれますし、とても上品な甘さでした。

DSC02095
DSC02097
DSC02096
DSC02094
DSC02098
DSC02099

aoki1162201 at 18:40|PermalinkComments(1)clip!

ホームページ制作 三愛企画