2011年08月16日

糖類は避けましょう

10年ほど前、ヨーロッパ旅行をしました。

そこで衝撃だったことは、無糖の炭酸飲料が盛んに飲まれていることでした。

香料の入っているものもありますが、入ってないものも結構ありました。

それらを子どもや若者も飲んでいました。


その頃、私はすでに痛風になり、ベジタリアン(魚は食べます)になっていました。

そこで、ヨーロッパを見習い、甘い飲み物も止めることにしました。

当時日本には、ウイスキーのハイボール用の炭酸水しか売っていませんでしたので、それを直接飲むことにしました。


この炭酸水を飲んでみて思うことは、飲んだ最初は喉に炭酸の激しい刺激がきて、その液体が甘いのか甘くないのか分かりません。

そして炭酸がなくなってから、やっと脳に「甘くない」という信号が来ます。

だから液体が甘かろうが甘くなかろうが関係ありませんでした。

飲んだ最初の炭酸の激しい刺激と液体の冷たさだけで、頭にガツンと来るそれがいいのです。


遅ればせながら日本でも、この糖質が問題になり、カロリーオフなる人口甘味料が入った清涼飲料水が発売されました。

ビールにも糖質が多く入っているということで、糖質ゼロが出てきました。


最近コンビで、「そのまま飲める炭酸水」というのが売り出されました。20110818165531


やはり人工甘味料なんかより、何も入ってないピュアーな方がいいと思います。

やっと日本も10年前のヨーロッパに追いついた感じです。


aoki1162201 at 21:47│Comments(1)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by unimo   2011年08月18日 12:32
本当になんでもかんでも
甘いものが入ってますね
缶コヒーなんか異常に甘い
本当に異状ですねあの甘さは
日本ではそれを平気で飲む人が多い
わたしなんか体が受け付けません
気持ち悪くなる
日本独特なんではないですか
あの甘さは
無糖大賛成です

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

ホームページ制作 三愛企画