5月、窃盗と窃盗未遂の疑いで大阪府警に追送検された容疑者は、2005年の甲子園の準優勝投手で、

楽天イーグルスで活躍しているマー君こと田中将大選手と甲子園で投げ合ったほどの人物でした。

追送検されたのは、無職の本田拓人容疑者(21歳)。

窃盗の手口はバイクで女性からバッグを強奪するというよくある方法で、今月の3月から5月にかけて、

計18人の女性から約164万円相当の金品等を奪っていました。

本田容疑者は、京都外大西高(きょうとがいだいにしこう)の出身で1年生のときに決勝で当時、

駒大苫小牧高の田中将大投手と投げ合いました。

また3年次には京都外大西高の主将までつとめていたほどでした。

2007年、京都大会優勝時に主将として優勝旗を受け取る本田容疑者主将までつとめた本田拓人容疑者asahi.com http://www2.asahi.com/koshien/89/kyoto/photo/TKY200707290146.html

記事の最後に<続報>あり

(下の写真)
真ん中が当時2年生の本田拓人容疑者、左は当時PC学園3年の前田健太選手(現在広島東洋カープ)、
右は本田容疑者と同じ京都外大西で当時3年の北岡繁一選手(その後、立命館大に進み、エースと
して活躍され、去年大学を卒業したそうです)

3人で(真ん中が本田拓人容疑者) 日刊スポーツhttp://blog.nikkansports.com/baseball/yoshi/archives/2006/03/post_44.html

ちなみにこちらは田中将大選手の甲子園決勝時の投球動画
2005年の駒大苫小牧 対 京都外大西の甲子園の熱気あふれる様子

複数回、甲子園の熱気あふれる舞台にまで上がり、主将までつとめあげた栄光から、どうして今回のよう

な転落の人生を歩むようになってしまったのか・・

本田拓人容疑者は、高校を卒業後、近畿大学の野球部に進みましたが、途中で何かしらの事情で退部と

なったようです。

その後は、地元の市民球団に入り、野球を続けていたようですが・・

市民球団「明石レッドソルジャーズ」の本田容疑者
市民球団「明石レッドソルジャーズ」の本田容疑者
http://wwb.jp/baseball/recruit000004.htm

人の人生ってわからないものですね・・

でもまだ21歳と若いです。

やり直しは十分きく年です。

窃盗の回数を見ると常習癖もあるように見えますが、きちんと更生して、自分の生きる道を見つけていっ

てほしいものです。

大阪府警枚方署は17日までに、女性ばかりを狙った窃盗と窃盗未遂の疑いで、2005年の甲子園準優勝投手で無職、本田拓人容疑者(21)=京都府八幡市=を追送検し、捜査を終結した。
同署は今年3~5月、大阪府枚方市などで、バイクに乗って女性18人から財布などを奪ったり奪おうとしたりしていたことを裏付けた。被害総額は約164万円。うち2件は既に起訴されている。
本田容疑者は京都外大西高の1年生で夏の甲子園に出場。決勝で駒大苫小牧高の田中将大投手=現プロ野球楽天=と投げ合った。
本田容疑者は5月、同市の路上で女性にバイクで近づきかばんを奪ったとして、窃盗容疑で逮捕された。

(引用元:http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/08/17/kiji/K20110817001430920.html)

<続報>

2013年9月11日、大阪府警操作3課は本田容疑者の計9件(被害総額57万円)の裏づけ捜査を終え、

最終証券したと発表しました。

本田容疑者は容疑を認めた上で

「甲子園は最高の舞台。人生をリセットできるなら、もう一度甲子園に行きたい」
「田中将大投手(現・楽天)はプロになったからといって、勝ち組になったわけではない。
逮捕されたり留置場に入ったり、人生の経験値は僕の方が上だ」

と話しているそうです。