3月で打ち切り終了が決まった人気バラエティー番組『ひみつの嵐ちゃん!』(TBS 木曜

午後10時)ですが、その理由があるようです。

画像:【打ち切り終了する「ひみつの嵐ちゃん!」】
打ち切り終了する「ひみつの嵐ちゃん!」
http://www.tbs.co.jp/arashi-chan/

『東京スポーツ』によると・・・

「局内は今、蜂の巣をつついたような大騒ぎですよ」と明かすのはTBS関係者だ。

大みそかの紅白歌合戦で司会を務めた嵐は、押しも押されもせぬ全国区の超人気アイドルグループ。
にもかかわらず、冠番組を急きょ終わらせるというのだから、TBSの局員たちが大騒ぎするのも無理はない。

「去年の視聴率争いで、テレビ朝日が大躍進を見せ、プライム帯(午後7~同11時)の1位を取った。
『振り向けばテレ東』といわれているTBSが、ジャニタレに“おんぶに抱っこ”じゃあ、いつまでも上位は
望めないと大テコ入れをするのかと思ったら、どうやら別の事情があったみたい」(制作会社関係者)

舞台裏を追いかけると見えてきたのは、ジャニーズ内の権力闘争
本紙でも過去、幾度となく報じてきたジャニー喜多川社長(81)の“後継者”争いだ。
ことあるごとに犬猿の仲といわれていたのが嵐などを仕切るジュリー副社長と、SMAPをまとめるI女史。この対立が一層激化していたのが、番組消滅の原因だった。

テレビ局関係者の証言。
「TBSとI女史との蜜月関係はいまに始まったことではないが、ジュリー氏もほとほと嫌気が差したのか『じゃあ、嵐は引き揚げる!』となったんです」

TBSは木村拓哉のドラマを始め、五輪では中居正広を司会にと、何かとI女史案件を重要視してきている。
昨年12月25日に放送されたTBS系音楽番組「火曜曲!~聖なる夜の4時間生ライブSP~」でも司会は中居だった。

「ジュリーさんにとってはTBSで冠番組を持ちどんなに貢献しても、局側のI女史偏重は変わらないから、もっと扱いがいい局へと言いだすのも無理はない。実際、『火曜曲!』には嵐を出演させなかったですし」
(芸能プロ関係者)

今回の「ひみつの――」の撤退は、TBS局内での勢力バランスが関係しており、嵐を仕切る副社長のツルの一声で番組が打ち切られたわけだ。

ただ、TBSとしても、嵐を筆頭とした“ジュリー派”にソッポを向かれてはシャレにならない。
「そこで制作局ではなく、ワイドショーなどを管轄する情報制作局がジュリー氏に急接近。『ひみつの――』の後番組として、4月から嵐の櫻井翔を司会にした情報番組を立ち上げることになったんです。はたから見れば “な~んだ。結局はまた嵐なんだ”と見えますが、管轄が違うためにピリピリムードですよ」(前出のテレビ局関係者)

こうなるとかわいそうなのはタレントたちだ。
「嵐のメンバーも『ひみつの――』には、それ相応の思い入れがあるはずなのに、上の争いで番組が消えるんだから、かなりキツいよ」(事情通)

嵐のメンバーには、お気の毒さまとしか言いようがない。

(引用元:http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/73970/)

『秘密の嵐ちゃん』は、2008年4月に放送開始。

嵐の冠番組でしたが、TBS関係者は

「5年の節目を迎え、人気番組としての大きな役割を果たし、区切りをつけた。
新しい形でパワーアップする」

とコメントしています。

後番組には嵐の櫻井翔さんとお笑いタレントの有吉弘行さんが司会をつとめる情報番組『FACE TV(仮)』が、

放送される予定となっています。

動画:【ひみつの嵐ちゃん 最終回】

「ひみつの嵐ちゃん!」打ち切り終了の理由・・

ジャニーズ事務所の後継者争いに番組が巻き込まれたと報じられていますが、真相はどうなんでしょう

ね・・!?