大手スーパーチェーン「イオン」で販売されていた小アジ毒のあるフグが混入していた

ことがわかりました。

画像:【イオン野田阪神店】
イオン野田阪神店
http://www.apaman-osaka.jp/station/fukushima/

10日、イオンリテールはイオン野田阪神店(大阪市福島区)で売られていた「豆あじ」(小アジ)1パックに

毒をもったフグの一種であるキタマクラとみられる魚が1匹混入していたと発表しました。

画像:【豆アジ(参考例)】
豆アジ
http://nakazu.betoku.jp/article/0106008.html

画像:【フグ(キタマクラ)】
フグ(キタマクラ)
http://blog.fishing-forum.org/arara/2008/03/post-30.html

8日に同商品を購入した客からの申告で判明しました。

「豆あじ」は大阪府と兵庫県の45店のイオンで600パック販売され、購入者が同商品を持ってくれば、

返金に応じるとしています。 (お問い合わせなどはイオンリテールお客様係へ)

今のところ、健康被害の報告はないとのことです。

「豆アジ」と呼ばれていますが、小アジは15センチほどで結構大きいようです。

フグのキタマクラも15センチほどなので、見落とされて混入したのかもしれません。

いずれにしても、購入した方は間違って食べる前に気づいてよかったですね。

イオンも混入した経緯をはっきりさせて、管理をしっかりして欲しいところです。