現在も福島第一原発が引き起こした放射能漏洩事故の責任と対応に負われている東京電力ですが、

これまでにかかっている莫大な「除染費用」について、環境省からの支払い請求に拒否の姿勢を

強く示していることが明らかとなりました。

画像:【東京電力】
東京電力

27日、朝日新聞が環境省へ情報公開請求したことで公表されたもので、これまで環境省は東京電力へ

「除染費用」の立て替え払いとして計404億円を請求しましたが、そのうち67億円しか支払われていない

ことが判明。

また東京電力はこれまで

「内容の確認に時間がかかっている」

と説明してきましたが、2月27日に環境省へ除染にかかった費用の多くの支払いを応じないと文書で伝え

ていることも報じられています。

画像:【東電が環境省へ伝えた主な「除染費用」支払い拒否内容】
東電が環境省へ伝えた主な「除染費用」支払い拒否内容
http://news.nicovideo.jp/watch/np703196

今回の件に【ネットの声】は・・

  • どうなるんだこれ・・?
  • 東電踏み倒す気かw
  • 15%ぐらいしか払ってないのか
  • でも電気料金は上げさせていただきます^^
  • 無い袖は振れないけどさ
  • 完全に893
  • でも朝日もいろいろ問題あるよね
  • これから長い裁判するの?
  • 「放射性物質汚染対処特別措置法」に該当するか決めるのは政府なので東電に拒否権はないはず
  • 国民の血税をまた搾り取るわけですね

などがあるようです。

どうやら東電は除染にかかった費用の多くを、東京電力に義務付けられた除染作業の範囲外の費用として、

支払いを拒否する意向のようです。

今後どうなるのかはまだわかりませんが、最終的に踏み倒された除染費用は国民の税金でまかなわれるこ

ととなります。