作曲ねつ造問題で揺れる、耳の聞こえないという作曲家・佐村河内守(さむらごうち・まもる  50才)

氏が受賞した「広島市民賞」取り消しとなったことがわかりました。

画像:【佐村河内守】
佐村河内守
http://www.daily.co.jp/gossip/2014/02/05/p1_0006687539.shtml

佐村河内氏は2008年11月、「自らの苦という闇と原爆の闇を重ね合わせながら、被爆体験の継承と

核兵器の廃絶への思いを込めた」という「交響曲第1番 HIROSHIMA」を作曲したことで出身地の広

島市から市民賞を受賞していました。

画像:【CD18万枚を売り上げた交響曲第1番 ”HIROSHIMA”
「交響曲第1番

6日、佐村河内氏の代理人の弁護士から広島市役所へ連絡があり、

「賞の返上を申し出たい。平和や被爆への思いを持って活動してきたことにうそはないが、ゴーストライターが作曲していたことは、広島市や市民に大変申し訳なく思っており、深く反省している」

と伝えてきたとのこと。

同日、広島市は佐村河内氏の「広島市民賞」を取り消すと発表しました。

市の担当者は

「裏切られた形となり、本当に残念」

「交響曲第1番 HIROSHIMA」を初めて演奏した広島交響楽団の井形健児事務局長は

「事実だとすれば、あきれて言葉もない。被爆者や広島の平和への願いを売り物にし、人道的に一番やってはいけないことをした」と嘆いた。楽団は、5月に山口県で予定していたこの曲の演奏中止を決めた。「HIROSHIMAはもう演奏できない曲になってしまった」

2008年に佐村河内さんと同時に「広島市民賞」を受賞した映画美術監督の部谷京子さんは

「今回の騒動を知り、何かの間違いだろうと思ったが、(ゴーストライターの)新垣さんの会見で、あの曲が広島のために作られたものではないと知り、とてもショックを受けている」

とそれぞれ話しています。

ねつ造されたともいえる「交響曲第1番 HIROSHIMA」は18万枚を超えるヒットとなりました。

佐村河内氏は広島生まれの被爆2世で両耳が聞こえないとされていますが、18年前から作曲をゴースト

ライターで桐朋学園大非常勤講師の新垣隆(にいがきたかし 43才)氏が代わりに行っていたことが明らか

となり、大きな騒動となっています。

画像:【新垣隆】
新垣隆
http://news.livedoor.com/article/image_detail/8510459/?img_id=6015089

動画:【新垣隆の記者会見 全編(2014年2月6日)】
動画:【佐村河内守の検証】

佐村河内守の「広島市民賞」取り消しですか・・

批判と会見を開くべきとの声が高まっていますが、どうなるのでしょうか・・