理化学研究所(埼玉県和光市)の笹井芳樹(ささいよしき 52才)副センター長が「自殺」

死亡したことがわかりました。

画像:【笹井芳樹副センター長】
笹井芳樹副センター長
http://www.mst.or.jp/prize/japanese/winners/bio/bio2012.html

5日午後9時ごろ、

「先端医療センター(兵庫県神戸市)の関連施設内で男性が首を吊っている」

との連絡が警察に寄せられました。

神戸水上署の警察官が駆けつけたところ、男性は理研発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副

センター長と判明。

画像:【理化学研究所(埼玉県和光市)】
理化学研究所
http://www.tsukuba-network.jp/pamphlet/detail.php?ID=1231

すぐに病院に運ばれ、救命措置が取られましたが、午前11時3分、死亡が確認されました。

警察によると、笹井副センター長は5階の踊り場でヒモ状のものを使い、首を吊っていたとのことです。

また秘書の机の上に「遺書」らしきものも見つかっています。

笹井副センター長は京都大学医学部および同大学院医学科を修了後、カリフォルニア大ロサンゼルス

客員研究員などを経て、36才の若さで京都大学教授に就任。

2000年から理研に在籍し、2013年4月から現職でした。

また理研では「STAP細胞」のさまざまな疑惑で追及を受けている小保方晴子(おぼかたはるこ 30才)

氏の上司でもあり、

画像:【小保方晴子氏】
小保方晴子
http://www.bbc.com/news/science-environment-25967136

論文の執筆指導などにもあたっていました。

動画:【理研の笹井芳樹副センター長の記者会見(4・16)】

優秀な科学者が一体何を悲観した末の行動だったのでしょうか・・

自殺は悲しいことではありますが、「STAP細胞」に関する真相の究明が待たれます。