兵庫県加茂忍(62才 自民党所属)県会議員が、妻と九州へ3泊4日で訪れ、職業

も偽るなどの疑惑が持たれる行動をし、「政務活動費」として申告していたことがわかりました。

画像:【加茂忍県会議員】
加茂忍県会議員
http://www.hyogokengikai.jp/member/19-073.html

現在、元兵庫県会議員・野々村竜太郎(47才 無所属)氏の「政務活動費」不正使用疑惑を発端に、同県

会議員全員の「収支報告書」に不正などがないか、再チェックされている最中。

5日、読売新聞などが報じた内容によると、加茂議員は3月12~15日、熊本、長崎両市などを訪問。

1泊1万4500円する温泉旅館の宿泊代にタクシー代、長崎・出島の入場券(500円)を「政務活

動費」として申告 していました。

また14日に訪れた天草キリシタン館(熊本県天草市)では1966年の開館からちょうど400万人目の

入場者となったことで、夫婦で記録の目録を受け取り、新聞や地元のメディアにも写真付きで紹介まで

されていましたが、

画像:【各メディアで取り上げられた「天草キリシタン館」400万人目記念の記事など】
各メディアで取り上げられた「天草キリシタン館」400万人目記念の記事など
http://hp.amakusa-web.jp/a0905/Oshirase/Pub/Shosai.aspx?AUNo=8106&Pg=1&St=0&OsNo=71

各メディアで取り上げられた「天草キリシタン館」400万人目記念の記事など(2)
http://www.city.amakusa.kumamoto.jp/pubmag/upload/p111974_197_22_wqq4f4w4.pdf

その際、「職業」を「県会議員」ではなく、「不動産業」と偽っていたことも発覚。

兵庫県オンブズマン3団体は加茂議員の行動について

「視察ではなく観光目的の可能性がある」

として、県議会に調査を求める申し入れ書を提出しました。

加茂議員は読売新聞の取材に

「魅力を発信する九州各地の取り組みを参考にするのが目的で観光ではない」
「私は心臓を患っているので妻を同行させた」
「正当な支出と認識しているが、現在政務活動費について議論されており、結果を受けて対応する」

と答えています。

さらに2012年6月には「文化遺産保存の取り組み」として、インドネシア・バリ島を訪問。

「資料」の名目で1万6千円の絵画を購入し、これも「政務活動費」として申告していたことも発覚。

加茂議員は

「これについては県民に理解されない支出だった」

としています。

加茂議員は現在5期目。

関西大学を卒業後、中学校の教師を経て、自民党議員団政調会長、決算特別委員長、自民党議員団

幹事長、第114代県議会議長、議会運営委員長、行財政構造改革特別委員会委員長などを歴任。

現在は自民党兵庫県連政調会長をつとめています。

野々村元議員に比べれば、小さなことではありますが、襟を正して欲しいですね・・