高校の教頭が、2年以上にわたり、盗撮をしていたとして処分を受けました。

画像:【県立希望ケ丘高校】 
県立希望ケ丘高校
https://plus.google.com/113945871900559716692/photos

8日、神奈川県教育委員会は県立希望ケ丘高校(横浜市旭区)定時制の教頭・松尾一郎(52才)教頭を

懲戒免職処分にしたと発表しました。

同教育委員会によると、松尾教頭は6月28日午後5時半ごろ、自動車のリモコンキーを模した約5センチ

ほどの小型カメラを使用し、横浜駅構内で女性のスカートを盗撮した「迷惑行為防止条例」違反の疑いで

警察に書類送検されたとのこと。

家宅捜索もされ、自宅にあったパソコンからは盗撮したとみられる動画ファイルが3~40個発見され、平

成24年3月ごろ~今年6月までの2年間以上、同様の手口で盗撮をしていたとされています。

松尾教頭は容疑を認めた上で

「興味本位から始めた。やってはいけないと思ったが、どうしても抑えることができなかった」

と語り、桐谷次郎教育長は

「生徒を指導し、教職員に範を示すべき教頭が不祥事を起こしたことは社会に与える影響が極めて大きい」

とコメントしています。

このような教師が生徒を指導していたと想像すると、悲しくなってきます・・