長年、年金不正受給していた疑いで老人逮捕されました。

画像:【年金手帳】
年金手帳
http://ja.wikipedia.org/wiki/年金手帳

7日、岐阜県警恵那署は「詐欺」の疑いで、同県恵那市長島町正家に住む無職・鈴木光枝(86才)容疑者

を逮捕しました。

警察の調べによると鈴木容疑者は約半世紀(50年間)に渡り、亡くなった両親が生存していると虚偽の

記載をした「現況届」を日本年金機構に提出。

これまでに年金総額約5100万円を不正に受給していた疑いが持たれています。

鈴木容疑者の父親は1968年7月に65才で、母親は1965年4月に60才でそれぞれ死亡していました。

鈴木容疑者は

「身に覚えがない」

と話しています。

なお、不正受給した年金の大部分が公訴時効(検察が裁判に訴えられる期限)を過ぎているとのことです。

<続報>
鈴木容疑者は1989年の定年退職まで恵那市役所の正規職員だったと発表されました。

相当ふてぶてしいですが、年金機構も50年もの間、よく気づかなかったものですね。