バイクで押して自転車並走させ、踏切に突っ込ませて死亡させた疑いで、少年が

逮捕されました。

画像:【事件現場】 
事件現場
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151203-00000009-kobenext-l28.view-000

3日、自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで逮捕されたのは、兵庫県尼崎市に住む無職の

少年(16才)。

この事件は今年3月28日、同市内にあるJR福知山線の清水踏切で、バイクに乗った少年が友人

(16才)の自転車を、後方から足で押して並走させて、踏切に突っ込ませ、快速電車にはねられて

死亡したというもの。

画像:【バイクと自転車並走の様子】
バイクと自転車並走の様子
MBS

少年らは踏切を越えた場所にある公園に向かう途中でした。

逮捕された少年によると、踏切の約200メートル前からバイクで友人の自転車と並走し、約40メー

トル手前で自転車から足を離したものの、スピードが落ちずに止まれず、そのまま踏切の遮断機を

越えて電車に突っ込んだとのこと。

防犯カメラの映像に当時の様子が映っており、時速約50キロのスピードが出ていました。

少年は

「仲間内では普段からバイクで自転車を押すような遊びをしていた。
踏切に気づいて足を離した。止まれると思った」

と供述しています。

なお、少年は無免許運転でした。

遊びも度が過ぎると命取りになりますね・・Whew

<続報>
被害者の少年の母親がコメントを出しました。

母親によると

「息子は猛スピードで後ろからバイクで押され『やめてやめて、やめて』と叫んでいたことがわかりました。それでも止めてもらえなかったと知りました。
息子はもう帰ってきません。私たちの悲しみは永遠に続くのです。無免許運転は殺人行為だと思います。(バイクの)少年をきちんと罰してほしいと心からお願いします」

とのことです。