尿から「がん」判別ができるとの研究報告がなされました。

画像:【尿】
尿
http://www.zmescience.com/medicine/urine-chemical-composition-09092013/

14日、日立製作所と住友商事のグループが発表したもの。

同グループは、体中の血液をめぐって、老廃物と一緒に排出される「尿」に着目。

尿に含まれる糖や脂質などの成分を調べることで、乳がんや大腸がんの患者と健康な人の

尿を判別し、がんの種類までわかるとのこと。

研究報告
ANN

がんは早期発見が重要ながら、受診率は30~50%にとどまっていることから、自分で尿を

採取し、医療機関に送るだけで簡単にがんの判別ができるよう、実用化に向けたシステム

の早期確立を目指すとしています。

医療の世界の進歩は本当にすごいですね。Nerd