青木ハウス

8c1527fd.JPGこの所、とても寒い日が続きますが
皆さん体調はいかがですか
私は花粉症では無いのですが、鼻づまり
がひどいです

さて、今週末も元気を出して
エコハウスの卵を皆様にご覧頂きたいと
思いますので、宜しくお願い致します

今回はブラックのドイツ瓦です
建物も引き締まった感じがします
もちろん、弊社エコ素材を使用した
未来に残せる建物です。
どうぞ、お楽しみに

追伸
今朝の新聞でシックハウス訴訟の判決
が記載されておりました。
結果は訴えをおこした原告側の請求棄却
との事。理由として、「同一仕様の建物が
たくさん建てられていて、他にそう言った
発症や苦情が無い」でした。
お気の毒しかないです。
人によって感じ方が違うのは確かですが、
そういう、建材である事は間違いがない事が
実証された判決だったと思います。
以上

18日〜本日21日までの4日間開催の
構造見学会!!あいにくの天候にも
関わらず、お陰様で32組のお客様
がお見えになり、大盛況にて終了致しました

皆様、環境には大変関心をお持ちで、更にエコ素材にも
たくさんご興味を持って頂き、有難い気持ちでいっぱい
になりました

なお、25日・26日に行われる完成見学会も是非
宜しくお願い申し上げます
さらに、エコハウスの魅力満載の建物です
自然に還せるやさしい素材で、家族みんなが
微笑むような、あったかい
目指し、スタッフ一同頑張って行きたいと
思います

最後に王ジャパン世界一おめでとう

5215efb9.JPG3月17日
この所、荒れ模様の天候です


明日から開催される山形市内での
構造見学会の準備作業終了しました。
風の強い中、のぼり旗を建てたり
明日天気にな〜れ

いま、わが社の作業場では大工さんが黙々と
これから建て込みを開始する為の
木材の加工に取り掛かっています
以前、燻煙乾燥のお話をさせて頂きましたが
実に、その木材の加工です

機械的な加工に惑わされず、大工さんが丁寧に
木材を加工しております。機械ではなかなか
加工できない継ぎ手(木材と木材を組合せる技)
を大工さんならではの技術で施していきます

軸で支えるわが社の工法はこれが大切
大工さんが組立てた見学会が明日から開催されます。
どうぞ、ご見学下さい

650e1534.JPG3月14日
今日も相変わらず、寒い1日です



以前、木製ECO窓のご紹介をさせて頂きましたが
今日はその建物の進行状況をお知らせいたします

ただ今、外部の断熱材を張り込んでいる最中
この工法は構造躯体をすっぽり覆う外断熱工法です。
しかも、自然素材の断熱材で覆うっています

環境に配慮された断熱材、ゴミが出ません
もちろん、シックハウスの元となる物質も当然
含んでおりません

詳しいことは弊社ホームページ「お知らせ」欄を
是非ご覧下さいませ
皆さん寒いので風邪など引かないでね

d154cb18.JPG3月13日
春の空から一転寒い
「熱さ寒さも彼岸まで」
の言葉通りの天候になりました



今、当社の作業場では春一番に建て始める
[きざみ]という作業が進められています
棟梁が木材に墨を付け、それを加工していきます

現代は機械化がすすみ、きざみも機械がしてくれる
便利な世の中になりましたが、当社は
昔ながらの加工手順で行っております
それは、手作業でしか出来ない難しい組み方等
(木と木の組み合わせ)をやっているからです

木材は県産杉材を主に使用し、煙で燻す木材に
やさしい燻煙乾燥方式を採用しております
木材の細胞を殺さず、お住まい頂いてからの調湿作用にも
役立つ乾燥方法です。また、木材を燻す訳ですから
防虫効果も高まります
高温乾燥方式もありますが、短時間で乾燥させるので
木の細胞がほとんど死んでしまい、見た目だけの木材に
変身してしまうので、当社では一切高温乾燥は
しておりません。
写真は含水率(木材の水分がどの位あるか)を
調べる測定風景で14.8%この木材には水分が
含んでおります。一般的には20%以下であれば
です
当社は自然乾燥・燻煙乾燥で木材を使用し、
安心で安全な乾燥方式を採用しております
また、他の情報があれば随時ご報告いたします
それでは次回まで

3月9日 北海道北広島市にある
PS社のHRヒーター工場へ見学に
行ってきました。


北海道も気温は低いものの着実に春の
気配が感じられました。

映像が見づらくごめんなさい
こちらは、薪ストーブ型ボイラーで
薪を燃やした熱でお湯を作り、そのお湯を
パネルヒーターに送り込み各部屋に循環させて
暖房する、新型のボイラーです

すでに北海道では3件導入しているとの事
この薪ストーブ型ボイラーはスイス製で
セラミック専門の会社がつくり上げたそうです

この一台で約30坪〜35坪位の住宅を
暖めることが可能です。
ストーブも蓄熱体となり、従来の薪ストーブより
触っても火傷しない熱さでした

省エネルギーが活発に進むにつれて、こういう画期的な
ボイラーも出現してきております。
間伐材でお悩みの方、エコロジーに興味のある方
この商品は是非お勧めです

電気との共有も出来ますので、万が一燃やす
木材がなくなっても、安心してお使いできる
新商品のご紹介でした

e42579d4.JPG3月7日
次回の構造見学会が行われる建物で
瓦施工が始まりました



オレンジ色の瓦はワールドカップが開催される
あのドイツからはるばるやって来ました

ドイツは環境に関して、すばらしい理念のある国です

先日お伝えした木製サッシも同様です

「なぜ、海外からわざわざ取り寄せてるの」って

いつも言われています。

詳しくはホームページにも載っておりますので、
ご覧頂ければご理解を頂けると思います
決して物好きではありません
根拠がどこかに隠されていますよ

せっせと瓦葺き工事店さんが、青空の中ドイツの
瓦を葺き込んでいます

私にはこの風景がうれしくてたまらないんです
出来上がっていく建物が笑っているようにも
見えてくるからです

1a9bef36.JPG3月5日きれいな青空の中、ただ今建築中の
現場進行状況を確認してきました。

こちらの写真は外壁を進める第一歩としての
弊社の木製ECO窓の施工状況です。
柱と柱の内側にはめ込んでいきます
断熱性・気密性・防犯性・耐久性どの分野でも
国内のサッシと比べると優れていると言っても
過言ではない自慢のサッシです

ペアサッシではありますが、外側のガラスの厚み
は、なんと!8ミリ!これでは泥棒も割れません
しかも、断熱性もグンとアップ
となり、省エネにもつながります
また、電車の音や強風の音も耳ざわりにならない
遮音性も高いECO窓のご紹介でした。

9da99c34.JPG3月といえば卒業シーズンですね
街中あちらこちらで学生たちが、花束を胸に
抱いて歩いておりました
私もこんな時期があったのかなあ・・・

今日は特にネタも無いのでわが社の準社員
をご紹介します

その名はゴン・ゴンベイ・ゴンスケ多彩な
名前の持ち主です。
番犬になると思い、育ててきましたが
飼い主が呼んでもあまり犬小屋から
出てきません
エサを持って行く時、機嫌がいい時位です。
上の写真もやっとあらゆる手段で呼んで来ました

この犬も記憶上では、わが社の4代目の番犬?です
今日はこの位で・・・

726f790d.JPG今年も残すところ、10ヶ月となりました。実に早いものです・・・

トリノオリンピックも閉幕し、確実に春を迎えようとしています。
残念ながらオリンピックは期待以上では無かったようですが、皆さん
大健闘だったと感じます

今回は見学会のご案内をさせて頂きたいと思います。
お施主様のご好意もありまして、3月18日〜26日の間、見学会を
開催する運びとなりました。
詳しくは後日ホームページ上にアップしますので、宜しくお願い致します
春風の気持ちい季節を迎えようとしていますが、花粉症には気をつけましょう

このページのトップヘ