青木ハウス

2008年02月

a0556cdf.JPGだいぶ、雪が降ります。
12月が暖かかった分、
多少ずれ込んでいる
事でしょうか。。。
先日、埼玉へ車で
向いましたが、栃木県
の那須位まで雪が降っておりました。

山形〜福島へ向う峠道は
粉雪が舞い、視界不良で久々に
怖く感じました。
明日から3月。
春が待ち遠しい季節です。

fe06d959.JPG今日は参りました。
モラルがないとは
こういう事かと、
実感させられました。
前方の車から突然
あれは間違いなくワンダ
微糖缶コーヒー。
(絵文字が多すぎました・・・)
が窓ガラスから、ポイッ
ポイされた缶コーヒーはラクビーボールばりの
右往左往状態で、私の車へ
思わず、ハンドルをメカドックばりに・・・。

すみません、しつこ過ぎました。

普通では考えられませんなあ。
30代と思われるお兄さん、
「何かご不満でも?」

3d8d3bff.JPG土日から開催しました
山形市内での見学会
では、悪天候にも
関わらず、ご来場
頂きまして、誠に
有難うございました。
構造見学会というのは、完成見学会と比べると
とても地味な見学会です。

しかし、後々見えなくなる部分を、お客様の
視点でお話する事が出来るので、弊社では
重要視しております。
「専門で観ても解らない」
というご意見もありますが、安全性を
ご確認して頂くにも、大事な
見学会と認識しております。

この度は、本当に有難うございました。
また、お施主様のご厚意で開催
出来た事に、感謝申し上げます。

a7fdeb06.JPGただ今、現場見学会開催
しておりますが、
本日も、悪天候の中
多くの方にご来場
いただきました。
ありがとうございます。
作業風景ではありますが、大工さん手造り
本棚を取り付けている場面です。

ちょっと、天候も良くありませんが
後々隠れてしまう部分をどうぞ
ご覧下さい。


朝夕、寒いですね
昨年と比べると、気温が
低いようですので、
風邪など注意しなけれ
ばいけません。

明日から山形市花楯地内、ときめきロード
山形銀行さん信号機の近くで
現場見学会を開催いたします。
その準備をして来た所ですが
内部は床も敷き、小屋裏的な
2階部分の天井がきれいに
仕上がっておりました。
外部は、仕上げを残す前の段階で
弊社使用のエコ断熱材が観れる状態です。

もし、お時間がございましたら
お気軽にお越し下さいませ。

詳しくは弊社HPインフォメーションにて。

9a44b8a6.jpg今日はとても気持ちの
良い天気です。
こういう天気の時は
よりいっそう、春が
待ちどおしく感じます。

最近、住宅事情では「脱塩ビ宣言!」
など、内装材に工夫が凝らされてきました。
傾向としては良い方向ですね。
しかし、数日前リサイクルペーパー問題があり、
各、内装材メーカーの「エコクロス」
廃盤になりました。
エコという関心が高まる中、
残念なニュースです。

毎年毎年デザインが変化する国産内装材。
将来のメンテナンスはどうなるのでしょう?

疑問が残ります・・・

ご覧の画像は弊社標準仕様、ドイツ発ECOペーパー。
100数十年変わらない、将来のメンテナンスを
考えた、自然素材です。
塗り直しが、自分でも簡単に出来る
シンプルで画期的な素材であります。

25d90c13.JPG私の住んでいる所は
最近、日中でもプラスの
気温にならない日も
多くなりました。
これを、「かんじる」
と言います。
若い方は使用しない、私語的な言葉ですが
別に感じている訳では
ありません。

私が小学生の今頃では、朝の登校で
田んぼに積もった雪がカンカンに
凍ってしまうので、学校の近道として
通学しておりました。
最近、そういう風景が見られないのが
少し残念に思えます。

5
4f0eba2f.jpg昨日はバレンタイン
じゃなくて
チョコレート
を子供たちに
もらいました。
家族内ではハーレム状態
の私は当然3つは確保と思いきや、
なんと2つだったんです。
妻に「無いの

妻は「無いよ
って、とびっきりの笑顔で
言わなくても・・・。

ふう〜

そして、早朝から除雪・・・。

ふう〜

03e1ba9c.JPG9日から開催致しました
ワイスタイルイベントには
たくさんのお客様に
ご来場いただきまして
誠に有難うございました

最終日にお越し頂いた
お客様では、粗品が無くなってしまい
大変ご迷惑をお掛けしました事を
お詫び申し上げます。

弊社が断熱材まで自然素材にこだわる理由。

今では家電製品、衣類など豊富な時代では
ありますが、歴史を辿るとポイントは
太平洋戦争が終わった頃。空襲などで
焼け野原になり、住宅が壊され足りない程
でした。
「みんなでまた、やり直そう
と当時の日本では一生懸命働いたと思います。

とにかく早く造らないといけない・・・。

が、今に至っていると考えられます。
当時の先代のお陰で、日本は裕福になり
物も豊富になりました。
しかし、それなりに問題も多くなって
来たのも実情ですね。
身体障害・資産価値が15年でなくなる
建築資材は再利用ができず、産業廃棄物の
75%程度が建築廃材。

「地球温暖化でCO2を削減しよう!」
と、消費エネルギー削減を国もうたって
おりますが、資材の製造時の安全性も
これからは重要ではないでしょうか?

世界にはたくさんいい物があります。
例えばドイツでは同じ敗戦国なのに、
もの造りに対して、厳しい位の基準を
設けております。
そして、今や環境先進国ともなりました。
スイスでは、ドイツの基準をクリアしている
素材なら、使用可能。と言われるほど・・。

ドイツのもの造りの考えには、脱帽します。
弊社では、従来の日本の良い資材とドイツの
素材を組み合わせ、環境建築に務めたい
と考えております。

この度は、ご来場有難うございました。

cba2e28b.JPG山形市内では色々なところに

住宅団地が造成されております

以前に較べ面として広がって

おります。全部ではありませんが遠くから市内を眺めると

はっきり分かります。写真は西から東の山形駅方向を

見たものです。夜になると夜景がとてもきれいです

なんとなくあの変に集まっているのが分かります

丘の上から眺めた外国の何とかhillの感じです。

このページのトップヘ