青木ハウス

2011年04月

長井小林邸正面

もうすぐ連休が始まります!!!青木ハウスでは4月29日(金)の

初日から完成見学会を開催させて頂きます。お施主様に感謝

申し上げます。今回の場所は長井市時庭地内です。

エコハウスの仕様に加え、白の玄関ドア、大屋根の間取

家事動線もよく考えられたフロアになっております。

ホームページトップのお知らせの所に地図もありますので、

どうぞご家族でお越し下さいませ。お待ち申し上げます。

また長井では桜の花もいい頃かと思います。帰りにはこちらも

ご覧になってはいかがでしょうか。

                   どうぞ宜しくお願い致します。

100_8114

あちこちで桜の花が咲いています。

昨日はお花見日和という感じで、ゆっくり散歩する親子連れの姿が見られました。

ちょっと風が強かったのが残念でした。

被災地では海水に浸かった桜も見事に咲いたそうです。

今週も桜と共にスタートです。




100_8105

長井市内のエコハウス。

完成までもう少し。

今日は、内部の養生材を剥がし、細部に渡ってチェック。

検査機関による完了検査も無事合格。

明日から、クリーニングと無垢の床材に塗装をして最後の仕上げをしていきます。

塗料は、自然素材の無添加塗料「ECOペイント」。

シックハウス症候群やアレルギーの原因となる化学物質を排除し、空気を汚さない水性の安全な塗料です。

内装の壁も「ECOペイント」で仕上げています。

住む人の健康を考えて家造りをすることが私たちの基本です。

100_7398


青木ハウスの家はオーダーメイドです。

身体に合った服を仕立てるように、住む人の生活に合ったお住まいを設計し建築します。

そのため、お打ち合わせやプランには時間を掛け、住む人に安心な素材を選びます。

気に入った服は大事にされ長く着られていきます。

家も同じように、その人が満足するように丁寧に造ることで、住む人は長く愛着を持って家を残し続けるでしょう。

新築時はどの家もピカピカです。

何十年後、さらに愛着を持って住んで頂けるように、年月が経つごとに美しくなる家造りをこれからも続けていきます。

15









上山市の13号線近くに無事、上棟いたしました。

当日は、お施主様、またご両親様もおいで下さいましてご覧に

なっていただきました。お施主様も形がはっきり現れた状態を

ご覧になりこれからがますます楽しみですと感激しておられ

大工さんたちと記念の集合写真も撮られておりました。また

図面では見ていたもののあらためて、柱の本数の多さに

びっくりされたり、梁の大きさに感心したりの様子です。

これなら地震にも大丈夫と安心していただいた様です。

今年のお盆は新居で迎えることが出来そうです。完成まで

安全にしっかり造って行きます。完成が楽しみですね!!

100_7886


工事に掛かる前に、家が建つ地盤の組成や強度を調査します。

地盤調査というもので、必ず行います。


その結果から、必要と思われる場合は地盤改良を行います。

家が建ってから不同沈下が起きないようにするためです。

写真は、地中の固い地盤まで穴を掘り、コンクリートを流し込んで柱状の杭を造る作業です。

この工事が完了してからいよいよ基礎工事に入ります。

100_7928

山形市内の現場では、外壁の塗り1層目が終わっています。






一般的に湿気を逃がすと言われている通気層(断熱材と外装材の間の隙間)を設けずに、木質系断熱材に直接モルタルを塗ります。

それは、このモルタルが優れた透湿性能を持っているため可能なことです。

外部の雨水を遮断し、壁内の湿気を外に逃がします。

また、長期のメンテナンスも容易で、外壁の大規模張り替えなどの修繕費用も抑えられます。

長期に渡って住み続けるための修繕コストを抑え、改修時に出される大量のゴミを減らすことも考えています。

エコという視点は住んでからの事も含まれています。

100_7903




今朝は雪がちらつき、まだストーブのお世話になっている4月です。

敷地を見に行ったところ、敷かれた砕石の下から花の芽があちこちに出てきていました(花の名前がわからない・・・)。

ありきたりな言い方ですが、生命というのはすごいなと思います。

暖かい日が来ることを願って。


100_7881







住宅ローンの利子の一部を山形県が負担する、利子補給の募集が11日(月)から始まります。

昨年度が募集200戸に対して、今年は500戸と大幅に拡大されました。

この制度を利用してエコハウスを建てられた方は多くいらっしゃいますので、今年ご計画予定の方やこれからお考えの方は弊社までご相談下さい。








100_7840

長井市の現場より。


屋根の雪も消え、素焼き瓦の色が鮮やかに見えています。

この瓦の色は、着色がされていない自然の土の色です。

遮熱性、耐水性にも優れた性能を持つこの自然素材の瓦は、地球環境のことも考えられています。

写真の奥に見える同じ色の屋根の家は、既にお住まいのエコハウス。

現在建築中のエコハウスは4月下旬に完成見学会の予定です。


このページのトップヘ