青木ハウス

2011年09月

DSCF5745


平清水の現場では、内部仕上げ工事に入りました。

木部に塗装をしています。

水性の自然塗料(ECOペイント)で仕上げているので、シンナー系塗料の臭いがありません。

塗装屋さんもマスクなしで作業しています。

住まれる人にとっても安心して頂いております。

階段の反対側で作業中の照明が、ステンドグラスをぼんやりと明るくしていていい雰囲気です。

100_9669


内覧会の際に、クローゼットを見て「建具はないんですか?」という声をお聞きします。

子供部屋は、使われ方が比較的自由なので、収納建具を無くして、床を広く使えるようにご提案することがあります。ホコリが気になるということなら、後でカーテンなど取付けられます。

荒楯町のエコハウスでは、子供机と本棚も造り付けにしました。

残ったスペースは、布団を敷くなり(ベッドでも)、自由に使えます。

ご参考になさってみて下さい。

荒楯町のECOHOUSE完成見学会には、多数のお客様にご来場頂きまして誠にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

2階をLDKとしたプランや、選ばれた自然素材による室内の澄んだ空気感はいかがでしたでしょうか。
お住まいになられるご家族、生活スタイルによって家造りは様々です。
ご覧頂いたお住まいは、その一例です。
ご家族のための大切な家造りのご参考となりましたら幸いです。

これからも、人、家、地球の安全を考えた、しっかりとした家造りに取り組んで参ります。

この度はご来場頂きましてありがとうございました。

環境建築営業課スタッフ一同

100_9661

100_9708

台風も通り過ぎ、今日は雨模様でしたが、明日は晴れの予報です。

明日23日と24日は、山形市荒楯1丁目地内にてECOHOUSE完成見学会を開催致します。

3方に接近する隣家がある敷地条件を考慮し、2階にリビング、ダイニング、キッチン、子供室を配置し、メーターモジュールの採用で各室を広く使えるようにしました。

たっぷりの収納、室内物干しスペースなど、住まいやすい間取りと、欅の化粧梁が見事なリビングなど、見どころがたくさんです。

また、木製サッシ窓などのECOHOUSE標準仕様もご覧いただけます。

家造りのご参考に、この機会をお見逃しなく!

詳細はイベント情報をご覧ください

長期優良住宅「木の家」構造見学会にご来場頂き誠にありがとうございました。

昨日から、急に寒くなりました。体調を崩されないようお気を付け下さい。

さて、今週、23,24日は、山形市荒楯町1丁目地内にて、ECOHOUSE完成見学会を開催いたします。

シンプルな外観に、自然素材豊かな内部空間を持ったお住まいです。

ECOHOUSEがつくりだす、室内のさわやかな空気感をご体感下さい。

100_9603

荒楯町のECOHOUSE

100_9427


明日、17日(土)から19日(祝・敬老の日)までの3日間、
山形市嶋南3丁目地内にて、長期優良認定住宅「木の家」の構造見学会を開催します。

ECOHOUSEの標準仕様の木質断熱材や、無垢の木で覆われた外壁など見どころがございます。
人、家、地球に安全な長く住まえる住宅となるための大切な部分をご覧頂ける貴重な機会です。

皆さまのご来場をお待ちしております。


100_9513


青木ハウスの大工さん達です。

工事会議が終わって和んでいるところの写真ですが、
毎日、各現場から帰ってくると、今日の作業内容を報告して、明日の段取りを決めたり、先輩の大工さんに相談したりしています。

日が短くなってきましたので、現場への行き帰りも安全に気を付けて進めてまいります。

100_9598


昨日は現場は休日でした。

嶋南の「木の家」の内部は、木質充填断熱材が施工されました。

外部には、木製サイディング(板張り)の施工中です。

今週末は、構造見学会を行いますので、実物をご覧頂くことができますので、

ご来場お待ちしております。

100_9567


平清水の現場では、1階がベテランチーム、2階が若者チームで進められています。(勝手に名付けました)

写真は、若者チーム。2人とも20代。U−30です。

先輩の小林大工さんと、柱で顔が見えない後輩の大谷部大工さん。

毎日の段取りを決めて、効率良く作業できるように相談しながら進めています。

大谷部さんが小林さんに納まり方を聞いているところをパチリ。

1階からもベテランのアドバイスが聞こえてきます。

f93af06b.jpg鶴岡市内の建築現場です。

先週、進行状況を確認する為
確認して参りました。
内部も順調に進んでいるようですが、
外壁の工事に取り掛かっているようです。
 慎重な作業で進めているようで
ひと安心し、鶴岡を後にしました。

このページのトップヘ