青木ハウス

2016年11月

昨日は、天童市交り江にて地鎮祭を行いました。

昨日、曇り空でしたが、雨が降らないことを祈っていましたが
事前にテントを準備していたので 途中で雨が降り出しましたが
無事に地鎮祭を執り行うことが出来ました。


しっかりといい住宅をお客様と一緒に造らせていただきます。
これからもよろしくお願いします。


天童市交り江2丁目地鎮祭

天童市交り江2丁目地鎮祭2






ご近所の皆様、これから工事を進めますので工事期間中はご迷惑を
おかけするかもしれませんがご協力のほどよろしくお願いいたします。

また工事風景は、随時更新いたします。
現場よりmomoがおつたえしました。







この度、当社で建築したお客様でないお客様より外構工事をさせて頂いております。

新しくお家を新築されると家の周りも整備したいと皆さんお考えですよね。

今日は境界のブロック積みをしてきました。



P_20161115_092443


この上の写真を見ると村山地方ではあまり見かけない仕上げですよね?
ブロックの上部にかまぼこ型のモルタルで仕上げております。

なぜかと言いますと角を無くし怪我防止もありますが長持ちをさせる為です。
水が溜まらないようにして酸化を防ぎます。
こういった細部にも手を抜きません。




P_20161115_092620





P_20161115_151436





境界のブロック積み工事が終わりますと家の裏手に物置、玄関前のアプローチ、石張り、植栽スペースのレンガ積み、土間コンクリート付きのカーポート2台用、フェンス設置など順に進めて行きます。


青木ハウスは家だけじゃないの?と聞かれましたがお家に付随するものは丁寧にさせて頂いております。

例えばお子様の部屋の間仕切りとかトイレを新しくしたいとか何でもお気軽にご相談下さい。

お客様もどのようになるのか楽しみにしておられます。
そのお気持ちに応えられるように丁寧に仕上げて行きます。


喜んで頂ける事が何よりのご褒美です。


外構工事の進み具合をまた更新して行きます。




現場よりadaがお送りしました。

めっきり寒さが強まり山を見ると頭が白くなっているのが多くみられますね。

初雪も早かった気がします。

でも11月26日、27日の二日間限定で富の中現場の構造見学会を開催します。
この度は東北電力さん主催のハピネス住マイルという事でオール電化や省エネなど皆さんが興味のある見学会になるんではないでしょうか?

完成する前に見ていただきたい所やこの寒い気温の中で室内の温度、暖かさを肌で感じて頂ければと思います。

自然素材で出来た断熱材や木製窓の組み合わせによる断熱効果を体感出来ます。
1479090386114




このチラシは山形市、上山市、山辺町、中山町に新聞折り込みとコミュニティー新聞にて全戸配布されます。


沢山の木材を使い温かみのある木の温もりを感じて下さい。


当日は暖房器具は使いませんので断熱材とドイツ製窓でこれだけ暖かいんだね。と実感して頂きましょう。




現場よりadaがお送りしました。

寒空の中、長井市九野本にて完成内覧会開催いたしました。

長井の方や遠方より多数の方より多くのご来場いただきまして
本当にありがとうございました。

見学会当日は、暖房もつけさせていただき無垢材のぬくもり
など体感していただけたかと思います。

長井完成内覧会内観1

長井完成内覧会内観







次回は、来月米沢市で完成内覧会も予定しておりますので
また青木ハウスの最新ニュースにて告知させていただきます。

ぜひ 次回もご来場おまちしております。
このたびは長井九野本完成内覧会にご来場ありがとうございました。






朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。
先日は山形市内で初霜、初氷とニュースで流れており冬が近づいているんだなと感じました。

今週末の二日間限定の内覧会は愛着のある家、これまで使用してきてまだ使える物を再利用する家、何でも新しくすれば良いとか欲しい物があればすぐ店で買える時代が今ですが既製品でなく職人の技、手作業で加工する美しさを紹介します。

現在、作業場ではケヤキの太鼓平落とし梁を加工しております。




P_20161102_161850




P_20161102_162223



皆さんも昔はこんな梁を良く見たのではないでしょうか?
今の住宅は壁にクロスを張りなかなか柱の部分など隠してしまう家ばかりが多くなっています。


青木ハウスは昔から使っていた梁や柱など加工をし直してまた使うのも得意なんです。
解体する時に大事に外して作業場にて加工してまた現場へ。
これまで先祖代々引き継がれたお家が古くなり建て替えしなければならないとご相談も多くなってきました。
そんな時は使える柱や梁など新しいお家の部分的に見えて暮らせるならなお一層の愛着が湧くでしょう。


機械では絶対に出来ない加工を青木ハウスの職人はします。



P_20161102_161928





P_20161102_161904





P_20161102_162407




ケヤキの木目の美しさ、硬くて丈夫な材質でご家族様を守る構造体、木と木が組まれ揺れにも耐える接合部は職人技でしか造れません。



本日、ご紹介したケヤキの梁は実際どのように組まれるのかまた発信していきます。





作業場よりadaがお送りしました。



このページのトップヘ